2013年03月31日

味と味覚と食文化☆

おはようございます^^



今日は食文化と味について語って行きたいと思います!!


というのも、昨日、漫画「美味しんぼ」の最新刊を読んで
思いついたからです!^^w

美味しんぼでは日本の食文化の保存のために
日本全県味めぐりという企画で漫画を描いています^^



日本の食文化はすばらしいもの!!
けれど、いまや、日本人の舌は何の役にも立たなくなっています。。。

すばらしい日本の食文化、日本の味も現代の
人たちの味覚ではもはや感じることはできなくなっています。。



いえ、舌だけではありません。。
食に対する興味、うまさの基準がどこかずれている。


マックのハンバーガー、ケチャップたっぷりのチキンライス
添加物たっぷりのカレー、菓子パン、惣菜パン、スナック菓子
そういったものはおいしい、おいしいと食べるのに・・・・・

本物の料理、添加物も保存料も使わず、薄い味付けの
繊細な味の料理を食べても、その良さ、おいしさがわからなくなっている!!;;

そして、高級なそんな料理よりも、安くて味の濃い、添加物
まみれの料理をありがたがって、幸せだといって食べる日本人。。



おいらも最初は少しくらい、楽しみの一環で食べるのも
悪くはないかとも思いました。。

しかし、実際には少しでは収まらず、そういうものを食べていると
味覚はどんどん麻痺していって、味の良し悪しもわからなくなってしまう。

添加物の王者アミノ酸は体にも有害なもので、中毒性もあります。
スナック菓子のハッピーたんを思い出してください^^;;
食べ始めたら止まらなくなるあの感覚!!

あれが、まさしくアミノ酸の中毒効果の典型例です!
そうやって味覚が壊されていきます。

そして、その狂った味覚は日本の食文化を破壊していくのです!!





さて、ここで一つ、料理に関する話をしましょう^^w

一般に添加物の入った食べ物が入っていないものよりも
おいしく感じる大きな理由の一つは 「 アミノ酸 」です!!

アミノ酸はうまみ成分でたんぱく質を分解したものです。
本来は肉や野菜などを調理したときにたんぱく質が分解されて
作られるのが自然の食材の中にあるうまみ成分=アミノ酸なんです!

それを人工的にアミノ酸だけ作り、料理に添加したのが
現代日本の食文化の中心とも言えるもっともポピュラーな化学調味料☆

一昔前までは「味の素」として有名でした。
しかし、味の素は有害であるとアメリカの学者が発表したために
今では味の素という表記はせずに「アミノ酸」と表記して
ほぼ、すべての加工食品に使われています。

本来であれば、料理人が手間隙かけて工夫をして
食材の中からいかにして、そのうまみ成分を引き出すか!?
実際にはアミノ酸だけでなく、味のバランスを整えて
最高の味をどのようにして演出するかと言うこと
自らの味覚と発想力を元に手作業で行うのです!^^

それこそが、料理人の価値であり
料理人のおいしい料理を作りたいという目標そのモノです!!


ところが・・・・アミノ酸という添加物が発明されて
ありとあらゆるものに添加されるようになってしまった現代では
料理人の腕はたいして必要なくなってしまいました。。

一部の高級レストランとこだわりあるお店でのみ料理人は料理人であり
それ以外の厨房で働く人たちは、料理人ではなく
決まった作業を繰り返す、工場労働者になってしまっています。。


誰でも簡単においしいものが作れてしまう。
だから、吉野家、マック、ケンタッキー、ファミレス、料理屋
などなどでそこらの学生が幅を利かせて働いています。
そこに料理の腕なんて必要ないからです;;;

腕のいい料理人が減れば、それだけ料理の技術も衰退していきます。
当然のごとく、アミノ酸を添加した料理がおいしいといい
料理人が必死に工夫して作った料理を食べても味がよく分からない
といわれたのでは、もはや、料理人も料理を作る気力を失ってしまいます。


料理人の衰退は、すなわち食文化、食の技術の衰退です!!!




さて、本物の料理人が少なくなってきている現代。。。
一方で家庭料理、家で自炊をしている人たちはどうでしょう??


男女年齢問わず

「料理をするのがめんどくさい・・・・」

という人が、ものすごくたくさんいます!!!



なぜ、めんどくさいなんてことを言えるのでしょう??
食に通じる料理はそれこそ生きるという営みそのモノ!!!

料理がめんどくさい、食べるのがめんどくさいというのは
それすなわち、生きるのがめんどくさいと言うのと同じこと!!


食に興味をもたず、料理に興味をもたなければ
常日頃からろくなものを食べなくなります。。

食の衰退は生命力や活力の衰退に直結します!!


食べるということは生きる手段であると同時に
人間にとっては一種の娯楽でもあります^^☆

おいしいモノを食べたとき、人は幸せを感じます!!


味が偏り、食材が偏り、添加物がたくさん使われた食べ物を
食べていると、アミノ酸の入っていない料理を物足りないと感じるようになります。

さらに、強烈なアミノ酸やその他の調味料の味の濃さに
なれてしまって、繊細な味の違いがわからなくなり、料理を味わう
楽しみは半減。。。料理の味に対する新しい発見や感動なども失ってしまいます。


そして、そういう食べ物を食べていると
当然のことながら、体調が徐々に徐々に・・・しかし確実に悪くなっていきます。

おれらの体を作っているのは当然、普段食べている
食べ物以外にはありえません!!!

悪い食べ物を食べたら、当然、体もその悪い食べ物から
作られた体になってしまうわけです。

すると、体の活力、元気、健康がどんどん失われていくわけです!


食に対する幸せをアミノ酸に求めてしまうとそのような結果が待っています!!




そして、これは自分の人生の中で実感したことですが
料理をせず、自分が食べるモノのことを考えないと
料理をしているときに比べて、「生きている」という実感が薄い!!

正確に言うのならば、食だけでなく
日常的に行う、家事の類・・・料理、洗濯、掃除、仕事
そういったことをしないでいると、だんだん、だんだん
生きている実感が薄れてくるんです^^;;

そうするとどうなるか??

精神に少しずつ異常をきたしてきます。。


無気力、疲れ、ダルさ、意思の欠如、うつ状態、不眠などなどです。




食べるモノに興味をもっても外食ばかり人が作ったものばかりなら
生きるという意味での食の興味は培われません。

食べ物を食べるということは、すなわち ” 生きる ” ということです!



食べることや料理に興味を持てない理由が
めんどくさい、やる気が起きないといった、気分や感情以外に
あるというのなら、是非、知りたいものです。

それはすなわち、生きるのを放棄するための理由(言い訳)だからです。


どこの地域の食文化も生き残るために食べる、おいしいモノを
作ってすこしでも幸せな気分に浸りたい!!

そんな気持ちから培われてきました^^w

発酵食品、保存食、臭みや苦味をなくすための料理の工夫など
これらはすべて、生き残るために食べ物を保存し
おいしく食べるために考えられた生活の知恵です!!

それが結果としてすばらしくおいしい料理を生み、郷土の食文化を作ってきたのです^^


しかし、味覚を麻痺させ、加工食品ばかりを食べ
食への興味を失い、自ら料理をすることを嫌がる現代の日本人。。

もはや、日本人の食文化は地に落ちたも同然です。。
このままでは本当に日本の食文化は添加物にまみれた料理の
文化にすり替わってしまうでしょう。





オーストラリアに来た日本人はこっちの寿司を見て
こんなものは寿司じゃない!!!ありえない!!!と言います。。

しかし、みなさんは寿司のなんたるかを知った上で言っているのでしょうか??


かく言う、おいら自身、寿司に対する知識なんてモノはそこまで深くはありません。
しかし、初歩的な知識すらも知らない人が多いのではないでしょうか??

現代の日本人は寿司をさも当たり前の日本食のように
コンビニやスーパーで売り、格安の寿司レストランで日常的に食べていますが

  ”  寿司  ”  とは ” 寿 ” = 祝いの言葉 を ” 司 ” =司る と書きます。


これ、すなわちお祝いの際の特別な料理のことなんです!!
それを日常的にパクパク食べている日本人が本物の寿司は・・・・
なんて言ったところで、何の説得力もありません。

まして、現代の日本の回転寿司チェーンでは焼肉や揚げ物を乗せた寿司が普通に出てきます!!


中華料理やインド料理、西洋の料理にしょうゆや味噌
と言った日本風の味付けにして食べている日本人が
どうして、オーストラリアでオージーが食べている寿司を否定することができるでしょう??

オーストラリアの人が自分たちが食べ易いように
アレンジしたからと言って何がいけないというのでしょう??


 

寿司だけではありません。

みなさんは本物の日本食を食べたことがありますか??
そして、日々、本物の日本食を食べていますか??

昔は無添加、有機栽培が普通でした。
農薬も化学肥料もなかったのですから当然です。
しかし、現代では無添加、有機栽培は特別な高級品になっています。

どれだけの人が本物の食材と調味料を使った日本食を食べているのでしょうか??
間違いなく本のわずかな人たちしかいないと断言できます。

もし、みんなが本物の日本食を食べているのなら
こんなに社会問題や健康問題が大きくなったりはしません!!


そんな日本の食に関する知識もなく、料理の技術や経験もなく
味覚まで麻痺させたあなたたちが日本食について語り
外国人を否定するのはこれまた滑稽な話です。



現に現代の日本食として家庭で一般的に食べられるものといえば
ダシの素(アミノ酸)と出来合いのめんつゆなどを使った煮物、炒め物。

市販のカレー、ケチャップをつかったケチャップライス
ソース焼きそば、添加物だらけのソースやケチャップ、マヨネーズを使って
食べるカツ類、揚げ物類、添加物、酸化した油を使った
市販ドレッシングのサラダ、工場で短期熟成で科学的に作られた
味噌やしょうゆを使った、味噌汁、しょうゆ味の料理。。

納豆でさえ稲藁を使って作るなんて方法を今ではほとんど
行われていないことでしょう。納豆菌を人工的に繁殖させて工場のタンクの中で
大量生産などを行っているのではないでしょうか。。


地方に行けば、今でも昔から作っている本物の料理
郷土料理を作っているところもまだ残ってはいますが
それもこのままいけば、作る人はいなくなってしまいます。。







今一度言います。

   ” 食べる ”  ということは  ” 生きる ” ことそのモノです!!


料理をすること、食べることに興味をもたない
ということは、すなわち生きることに興味がないというのと同じことです!

そして、生きる営みから作られた食文化は
生きる意欲、生きる意志の衰退とともに消えていくでしょう。。。


このまま、日本人は日本の最高の宝、日本のほこりとも言うべき


  ”   日本食   ”


を失くしてしまっていいのでしょうか???



日本食の衰退は日本の文化、日本人の力の衰退と同義です!!


みなさんには、これがどれほど日本人にとって、日本と言う国にとって
切実で大切なことであるかがわかりますでしょうか??^^


みなさんが添加物を好み、本物の味を理解できなければ
自然の流れとして添加物工場、農薬工場、化学肥料工場と
養殖場が広がり、農家が減って、自然環境は破壊され
天然の食材、汚れていない水、汚染されていない畑はなくなっていきます。

環境が破壊されれば本物の食材が手に入らなくなります。
そうなったが最後、食文化も本物の味も失われます。

日本の環境も世界の環境も破壊され、日本人の健康は
ますます悪くなり、社会問題はより拡大、深刻化していき
生きる意欲や自らの意思のない人間が世の中をさ迷い歩くような
世界になるんです。

「この世は地獄」 とはよく言ったものです。まさに。。。




みなさん!!まずは本物の味噌汁を飲んでみてください!!^^


長期熟成された天然仕込、有機栽培、無添加の味噌を使い
鰹節と昆布から直にダシを採って作った味噌汁^^☆

具材はネギとわかめ程度で全然かまいません!!


まずは、一度、本物の味噌汁を!!!!


おいらが一番、日本人だ、日本人でよかった、これぞ日本食だ
と実感する食べ物、それが味噌汁だからです!!^^

味噌汁を飲むとそれだけでほっとして生きる活力が沸いてきます!!


味噌汁には日本の食文化の真髄があるような気がしてなりません!^^

味噌汁を飲みながら、日本食と自分の食生活を考える。
きっと、良い考えが浮かぶことでしょう^^☆



    ”  日本の食文化の魂は味噌汁にあり!!!  ”




Cheers☆





この記事へのコメント
有害であるとアメリカの学者が発表したっていうのが胡散臭い。
日本の成果を認めたくなかっただけなのでは!?と疑ってしまう。
だって、科学は仮説ですから。

ま、旨味成分だけを取り出すっていうのは賛成出来かねるけどね。
Posted by まるき at 2013年04月01日 18:38
アメリカはよくも悪くも自由の国だからね^^

確かに日本の成功を妬んでのことでは
あるのかもしれないけれど、ある程度根拠のあることでは
あると思うよ^^

科学は仮説ではあっても実験によって証明する
わけだからまったくの嘘ではない^^w

そして、アメリカでも日本でも金持ちや権力者によって
情報が操作されているとはいっても、すべての
真実が隠されるわけではないんよね。

アメリカは良くも悪くも自由の国!
だから日本よりも公開されている情報もある!^^
植物油がガンの原因の一つって研究も
アメリカでは多くの人が知ってるけど、日本は
そこまででもないでしょう??

それはとりもなおさず、植物油の製造販売会社が
損をするから、情報規制がある程度されてるんだよね^^;;
完璧にではないにしてもね!

海外にでるとね、海外でしか手に入らない英語の研究文献
なんてのがよくあるんよ^^日本語では手に入らない情報ってのがねw
意図的に日本語訳しないとそういうのは日本語の情報として
手に入らないけど、翻訳はお金も時間も手間もかかるでね!
あえて情報規制を厳しくしなくてもそういう情報は入ってこないんよ。

だから、味の素が有害であるなんて情報のあと
同じ成分のアミノ酸が有害であるなんて情報は入ってこないでしょ??^^;
そんでもって、みんな普通に食べてて中毒的にうまいと感じてるw
Posted by DiceDice at 2013年04月02日 06:46
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
味と味覚と食文化☆
    コメント(2)