2014年04月22日

合理的でない現代社会☆

久々のブログ^^☆

ここ、数ヶ月の間にほんとにいろいろありました!^^
その報告はそのうち機会があれば!


さて、今日のテーマは合理的でない現代社会です^^

一般の人たちの認識では便利で合理的な社会と写る現代社会ですが・・・
果たして、本当に合理的だと思いますか??^^


確かに一見便利な世の中です^^
使いようによっては非常にすばらしい技術かもしれません!

しかし、全体を冷静に見渡すと便利ではあっても合理的ではない。。。


例えば医学^^

西洋医学は病気の症状を抑えるという対症療法を行っています。
西洋医学で言うところの原因とは、症状を発生させてる
体内の物質や生理学的反応のことです。

その物質や生理学的反応がなぜ体内で起こっているのか?
というところは、一切、考えませんし、対処しません。

薬で症状を抑え、その薬が体内を壊し、新しい症状がでて
それもまた新しい薬で症状を抑え、永遠と薬を飲み続ける・・・
最終的に体が壊れて死に至る。

症状は収まる。一見、治ったように見える^^
けれど、体内は壊れたまま。その時は良くても将来大きな病気にかかる。


例えば、エアコン。

電力問題が騒がれて節電し、それによって死者が出たといいます。
まず、現代の家の設計では通気性は悪く、熱がこもります。
自然環境は破壊され、建物は密集し、当然、周辺の気温は
通常よりも上がり、空気も悪くなります。
つまり、一見、綺麗で便利に見える家はわざわざ大量の電力を
使ってエアコンをかけなければ生活できないような環境を
作り上げているんです。

緑豊かで、日本古来の家づくりをしたら、そこまで必死に
エアコンを使わなくても、たくさんの死者が出たりはしません。

ついでに、エアコンの影響で人間の体の環境への適応能力が
落ちています。本来、春から夏にかけてゆっくりと汗を出す機能が
活発化して、夏になるころにはしっかりと汗が出て体温が調節できるように
体は適応しますが、エアコンを春先からガンガンつけて快適な
気温環境にいると、汗を出す機能が活性化せず、夏にエアコンなしで
生活した日には熱中症になりますし、外で作業をしたりしたら
それも熱中症になりやすい。


エアコンに絡めて食べ物☆

陰陽のバランスをとって健康を維持、向上させるマクロビも
エアコンがあることで効果が大幅に下がると同時に
食事の仕方もより複雑で面倒なものになります。

夏に夏野菜を食べるだけでバランスが保てるところを
エアコンで涼しい、もしくは寒い環境を作ることで
体を冷やす夏野菜を食べると必要以上に体が冷え
体調を崩すことになり、マクロビはインチキだと勘違いします。


また、エアコンなどを使わず、自然な環境で地元の季節野菜を
食べていたら簡単に取れる栄養と健康のバランスをわざわざ
栄養学なるものが複雑怪奇な食事法を考え、広めている。

また、嗜好品をはじめとして、海外の食材やハウス栽培などの
季節外の野菜や果物、食品を食べるために崩れたバランスを
なんとか保とうとさらにあらゆる種類の食物を食べようとする。
そうすると、ますますバランスが崩れる。

ついでに、言うなら季節野菜は簡単に育ち、安くて質のいい野菜が
食べられるのに、わざわざ大変なお金と労力を使って、夏に冬野菜を
作り、消費者は高値で買い、家計を圧迫し、労力と投資の割に
あまり儲からない農家の農業体制が出来上がる。


そういった、季節外の野菜や果物を育てるにはハウス栽培や
農薬、肥料といったあらゆる手段をこうじますが、それによって
大地は衰え、川を伝って農薬と肥料が海に流れ込み、海が汚れ
魚が病気になったり、異常に増えたり、絶滅したり自然環境は破壊されます。

その環境破壊の結果をどうにかつじつま合わせをしようとして
養殖業が盛んに行われ、それによってまた海が汚れ
海の汚染をどうにかしようと水の浄化システムを作って
できる限り、汚れていない水を海に長そうと試みる。

環境破壊をしておいて、それを浄化するためにシステムを作り
そのシステムを作るために大量のエネルギーと資源を使い
そのエネルギーと資源がまた環境を壊し、それを補うために
また、新たに浄化システムを作り・・・・・

結果、ただひたすらに自然環境は破壊されていく。


自然環境が破壊されれば、空気は汚れ、酸素濃度は低くなり
水も汚れ、水を化学薬品で消毒し、人間の体は毒素を取り込み
十分な呼吸ができなくなり、体調が悪くなり・・・・・

人間の心と体が壊れ、社会問題、犯罪が多発し、精神疾患
内臓疾患による身体障害なども増え・・・・

それによってもっと新しく、強い薬が必要だと叫び
もっともっと、人間の体は壊されていく。。。


と・・・・書き出したらキリがないくらい、自爆の連鎖が続くのが
科学が作り出した、現代の非合理的な社会なんです^^;;


現代の科学技術は使いようによっては素晴らしいものだとは思います。

しかし、それを使うには最低限、環境に影響を一切与えない半永久機関が必要です!^^
太陽光発電、風力、地熱といったクリーンエネルギーも結局は地球環境を狂わせるものです。
直接公害を振りまくよりはマシかもしれませんが、自然の流れを
乱すという意味では大差はありません。

その半永久機関(無限エネルギー源)は過去に何回か発明された
ことがあるという噂もありますが、その真偽がどちらであっても
結局はエネルギー関係の会社とそれによって利益を得るすべての
人たちによって潰されることでしょう。

とはいえ、できているという噂があるだけでも朗報かもしれません。
可能性はゼロではないという希望が持てます^^



さて、合理的な社会とはどんなものか??^^

地球上の人間の大半が自給自足の生活をすることです!^^
もちろん、家も服も実用性重視で、気候風土にあった昔ながらの
建築法を取り入れて作ります。

食料は自然農法によって作ることで、農作業における労力を
最大限、抑え、且つ最大量の収穫を得ることができ、時間的な
余裕を得るとともに、自然とふれあい心を育てることができます。
食べるものが確保できて、食料の心配がなくなる。

できた、時間の余裕で現金収入を得るような仕事をし
余暇を楽しみ、のんびりと生活する。

自然農法で自然食を実践していけば、体は健康でよほどのことが
ない限り、病気やケガをすることもなく、医療費は最大限抑えられ
生命保険などに加入する必要もなくなり、自然な生活することで
エネルギー使用料は最小限に抑えられ、半永久機関によって
エネルギー使用料はかからずにすみます。

人間の心と体が整い、あらゆる面で余裕ができるようになると
当然、あらゆる社会問題も解決へと向かい、半永久機関によって
世界のあらゆるところへ安価で行くことができ、様々な人との
交流、様々な体験、多くの情報交換を可能にします。

自然農法で作物を育て、自然に沿った生き方をすれば
自然環境は徐々に改善され、空気も水もキレイになり
さらに人間の体は元気になり、より多くの活力と元気、幸せを
享受することができるようになります。


なぜ、自給自足か?^^
それが、身土不二=地産地消 によって人間の体に
あった食べ物を手に入れる最高の方法だからです。
さらに、輸送費、移動費、それに伴う労力がゼロですみます。

科学技術によって作り出されるものは必要最低限に抑え
耐久性の高いものを生産し、自然の浄化作用の中で消費します。


これまた、書いたらキリがないくらい沢山いいことがでてきて
正の好循環ができあがってきます。

人が健康になる方法を実践することは、この世界のすべてを
よくするための道でもあります。


労力は最小、幸福は最大!
それが合理的な生き方というものではないでしょうか?^^

現代は無駄な労力が多すぎます。

非常に効率が悪い。見せかけの効率の良さになんの意味もありません。


そんな、合理的な幸せな世界を作るために自分には何ができるのか?^^

みなさん、それを考えてみませんか??☆



Cheers☆  


Posted by Dice at 23:12Comments(0)