2013年08月28日

手技療法の Skill & Art

昔、小説を読んでいるときにすごく印象に残った言葉があります^^


「おまえの動きはSkillではあっても、Artではない」



みなさん、これの意味するところがわかりますか??^^

Skillとは単純な機械的な技術、方法論をさし、習えば誰にでもできるモノをさします。

一方、Artの方は・・・心と体が一体となったようなある種
芸術的ともいえるレベルまで発展したすばらしい「術」=身のこなしを言います^^



例えば・・・・芸大などで芸術を学び、音楽や絵画の方法論
を学んで訓練をたくさんつんだとしましょう^^
すると、みんなある程度はできるようになります。

けれど、同じ技術を学び、同じ訓練を積んだだけでは
独創性のない、機械でコピーしたような作品しか生まれません。
人はそれを指して、芸術とは言わないでしょう。
芸術家として成功するためにはプラスアルファが必要なんです!

そのためには感性を磨き、感覚を研ぎ澄ませ
視野を広げて、自分自身を成長させていく必要があります!
そこには単純に技術を練習するだけでは得られない何かがあります。

そこまでして初めて、作品は「芸術」とみなされるのです^^


「術」=Art とは極限まで高められた技のことを指します☆



さて、今回は特に興味がない人には全くおもしろくない
内容になってしまいそうです^^思いついたことを忘れないための
覚書のようなブログなのでマイペースに行きますが!ww


オーストラリアでマッサージを学んでいて思うことは
ウェスタンの人たちは、「感じる」という考え方が薄いということ^^

全くないわけではないのだけれど、「感じる」ことへの
重点の置き方と、感覚の捉え方の深さに大きな違いを感じます。

どちらかというと、みんな習ったテクニックを
ただやれば、効果があると思っている^^;;まあ、確かに効果はあります!
けれど、効果的かどうかは「感じる」かどうかで変ってくる!^^


そして、そこがセラピストとしての実力の大きな違いになります☆


テクニックを知っているだけで、マッサージが効果的にできるなら
世の中に腕の悪いセラピストはいません。。。

世のすべてのセラピストが凄腕セラピストとして活躍していることでしょう^^


しかし、実際には違います。。。

理論や知識、技術を知っているかどうかでも
大きく差はでてきますが、それだけでうまくできるなら
誰も苦労はしません。

方法論にばかり注目する日本人も増えていて非常に残念です。。
それでも文化的な背景がある東洋人は感じるということが
ある程度、習慣になっているため、最終的にはそこに気づくことも多いですが^^w



マッサージや整体、世界に現存する手技療法は本来 Artであるべきだと思います^^☆


手技療法は人間の体というこの世で最も複雑な構造物の一つを扱います☆
検査をしてそれにあわせてただ習ったテクニックを使うのでは
機械を修理するのと同じ作業です;;;
人間の体はもっと複雑で機械のようには治りません。

そのため、「感じる」という要素が必要になってくるんです^^w


整体やマッサージは整体法やマッサージ法、マッサージテクニックではなく
体術の体系の一つとして整体術、マッサージ術であるべきだと思います^^w



東洋において、手技療法は手当てという民間療法から
発展したといわれておりますが、初期の頃の民間療法である手当て
から、どのように発展したか?と聞かれれば、おそらくそこに
武術が大きく関わってくると思います^^

経絡のツボは武術において人体急所として教えています。
それが経絡やツボの発見と発展に大きく関わったのではないかと思うんです!^^

そして、古来より、手技療法家は武術や体術をやる人が多い!
実際、武術から派生した整体術もあるほどです^^


武術は戦闘術ではあるけれど、マッサージや整体に必要な要素を
多く含んでいます!^^
手技療法において必要なことと武術との関連を思いつく限りあげて見ます!


    手技療法に必要なこと              武術で行うこと

・体幹を鍛える                   体幹がすべての要。                           武術のすべての動きに関連してくる    

・体の構造を利用した無理のない         武術の動きそのもの
 動きを身につける  

・腹式呼吸                       腹式呼吸が基本

・エネルギーをコントロールして    体と心、両方を鍛えるのが武術
 精神状態を安定させる。

・感覚、感性を磨く              感覚や感性を磨いて相手の動きを捉える

・体の構造や動きを学ぶ        自分の体を動かし、相手の急所を探り、
                       技の仕組みを理解する上で自然と
                       体の構造を学び、体に覚え込ませる。

・相手の気持ちになって考える    相手を知らなければ動きを予測できない

・ストレッチを学ぶ            関節技などを通して筋肉の伸ばし方を
                       間接的に身につける

・施術ポイントを見つける       経絡のツボを人体急所として学び
                       そこを見つけ、捉える

・自らのエネルギーを高め       最終的にエネルギーを高める
 よりいいエネルギー状態で施術  修行の段階に到達する



ざっと思いつく限りこのような感じです!^^
マッサージに必要なことをひたすらに武術の鍛錬の中に含まれている。


手技療法は極めようと思うと、結果的に武術を極めるのと同じことをするようになる^^

自分と向き合い、己を知り、相手を知り、自己を高めて
エネルギーの高みへと上り詰める☆


Skill を Art に高めるために必要な感性に重点を置いているのが
武術に取り入れられている東洋の思想、哲学!

そのため、中国を始めとする東洋の手技療法は
経絡理論に代表するようにエナジーワーク的な側面が強い^^
けれど、今では手技療法がただの物理的なマッサージに
なってしまい、東洋のマッサージもただのSkillとして扱われていることが多いです;;;

Skill は言ってしまえば誰にでもできる^^
だから、広く受け入れられて広まっているのでしょう☆

しかし、本来、東洋の手技療法と称するには東洋の医学、哲学を
学ぶ必要がある^^そうでなければ、ただのマッサージに成り下がってしまう。。


ただのマッサージも効果は大いにある☆
それはそれで歓迎すべきことではあるけれど、問題は二つ。。

物理的な力を使い、物理的なものにアプローチしているため
長く手技療法を続けることができない。。。

複雑な人間の体を扱うには物理的な側面だけだと限界がある。



つまりは、感性を磨き、自らを高め、エナジーワークの要素を
手技療法に取り入れることで、初めて手技療法は

 Art 「術」  になる!!



Skill であるテクニックや理論も Art の一部!!^^
それもとても大事なもの!だけど、それだけでは Art にはならない。

効果的ではない^^w


手技療法を志、それを向上させるには Art でなければならない^^




実際には手技療法だけでなく、どんな分野のことであっても
Art まで高めて初めてその人は輝きだすのではないでしょうか^^w


おいら自身のSkill も少しずつ Art へと成長している☆
きっとその先には、大きな気づきがたくさんまっている^^w


Make your self Art!!!!


Cheers!!!

  


Posted by Dice at 21:27Comments(0)

2013年08月01日

恋愛 愛 人 学び

昨日、ふとしたことから得た気づき・・・・・

自分の求めていた答えの一つを得ました^^


” 愛は恋愛においても、普通の人間関係においても本質的に変らない ”



みなさん、お久しぶりです^^
かなり久しぶりのブログになってしまいました。

エネルギーが落ちていたのか、特別ブログを書きたい
という気持ちにならなかったので、しばらくお休み状態でした;;

基本的に書きたいと心から思わないとブログを書かないのでw



久しぶりに大きな気づきを得た気がします^^


ずっと疑問だった恋愛における愛☆

この世の真理を探究するにあたって、愛が純粋なる
エネルギーであることをある程度理解したのですが
恋愛における愛とエネルギーという意味での愛との間には
何か違いはあるのか??と言うことがずっと疑問でした。

最初は恋愛の愛と普通の人に対する愛が同じであるなら
どうして、人は特定の人間と一緒にいるのだろう??

そして、この世界の中の一つの思い込み、愛ゆえに人は恋し
結婚するという考えの下、恋愛における愛を考えていたので、非常に混乱していました^^


が、この度、なんとなく感覚的に理解しました☆

やはり、愛は愛なのだと!!
恋人だろうと友達だろうと、親兄弟だろうと
愛は愛、純粋なるエネルギーであることに変わりはなく
その間に差はないのだと^^


では、なんで特定の人間に引かれ恋をするのか?

それは魂のレベルでの結びつき故ではないか?
もしくは、今の人生における学びを得るために必要な
出会いと関係だからではないか??^^突然にそう悟りました!!


前からそういう考えはあったんです。けれど、確信がもてなかった。
恋愛にちょっとロマンを求めていたから
愛ゆえではない恋愛が味気なく思えたというのもあって
余計にそういう考え方を受け入れられなかったんです^^;;


この世のすべてのことは学び、進化するために用意された
イベントなのだろうと思います。


しかし、一つ勘違いしてはいけないのは
愛が本質的に誰に対するものでも変らないからといって
恋人やパートナーが特別ではないということにはならないということです^^


何か特別なつながりがあるからこそ一緒にいるのです^^
一般的な考え方で言うところの愛ゆえの恋愛、愛ゆえに特別
ではないにしても、やっぱり特別なのです。


おいらは最近、すごく久しぶりに彼女ができました!

実に6年ぶりです!!



昔、6年前に別れた彼女と付き合っていたときに思ったんです。

今のままの自分では何度誰と付き合っても
同じ結果にしかならない。
恋愛をすることで、自分は疲れ、嫌な思いをし
他にやりたいことができなくなる。

自分がある程度成長するまでは彼女は作らないようにしよう。

そう思いました。

それと同時に特別欲しいとも思わなくなったし
いないほうが楽でした。また、自分のやりたいこともたくさんあった。


もう一つの彼女を作らなかった理由は
正直なところ特別に誰かが好きであると言う感覚が
よくわからなかったんです;;;

おいらは割りとみんなが好きでした^^
好きだなと思える女の子は大勢いるけれど
誰が特別好きかといわれてもよくわからず
みんな同じくらい好きでした。

その中に特別はなかったんです。
だから、自分が本当に好きな相手は誰かわからなかったし
この世に特別な人間がいるのかどうかさえ、よくわからなかったんです^^;;

おそらく、それは愛が誰に対しても変らない
普遍のエネルギーであるがゆえに、愛という意味で
恋愛をしようとしてもうまくいかなかったのでしょう。


なんで突然に彼女ができたか??
作ろうと思ったのか?^^(今回はおれからアプローチしました^^w)
それは何となく惹かれるものがあったからです☆
ある程度、自分が成長してきたというのも理由の一つですが
愛とか好きとか理屈抜きで惹かれるものがあったからです^^

6年間彼女を作ろうと思わなかったおれが
特別惹かれるなんてのは本当に珍しく、本当に特別な
ことであることはわかりますよね??^^(笑)


そして、今回、彼女ができてみて思ったのは
やはり、愛のエネルギー自体は他の人への愛も
自分への愛も、恋人への愛も変らないという感覚です^^

そして、それでも自分は彼女に引かれているし、居心地がいいし
一緒にいたいと思うんです^^☆

これは人は愛ゆえに誰かといるのではなく
何か特別な結びつき、繋がりを感じるゆえに一緒にいるのだろう
と、そう感じました^^w




今の社会における恋愛を見ていると
人間、必ずしも愛ゆえに恋愛したり、結婚したり
しているわけではないという事実に突き当たります。

一般的なイメージでの愛を元にして考えていると
分かりにくい考え方かもしれませんが、今の社会の恋愛における
パターンはいくつかあると思います。


一つには相手を愛しているから恋愛、結婚しているのではなく
相手から愛のエネルギーが欲しいから、恋愛、結婚をしているパターン。

これはエネルギー的にみるとあまり良い関係とはいえません^^;;
お互いにエネルギーを欲しているため、エネルギーの奪い合いになり
次第にお互いの関係は冷めていって、ひどい場合には喧嘩別れや
離婚などということになります。

別れないまでも非常に嫌な関係のまま一緒にいる
なんてこともあるかもしれません;;なぜなら、相手がいなくなると
エネルギーを奪う相手がいなくなるから不安なのです。


もう一つは何となく付き合っているパターン^^

特別、好きとか理由とかはないけれど、居心地がいいとか
そういう理由で一緒にいる人たちもいます☆
この人たちの場合は、時にエネルギーの奪い合いの関係で
そうなっていることもありますが、割合お互いが自立している
ことが多いように思います。

しかし、お互いに特別であると言う意識が薄いのが特徴で
お互いの距離があまり縮まらなかったりして、お互いに相手から
学ぶということが難しかったりします。


最後に惰性ですが利害関係で恋愛、結婚するパターン^^;
これも何かしらの縁、学びゆえの関係ではありますが
特別、惹かれあう関係とは限りません。
時にその利害を通してエネルギーを奪い合う関係もあるでしょう。



それらの恋愛パターンをよくよく見ると
愛を理由にしているものであっても、相手を愛して
愛のエネルギーを与えるという姿勢で恋愛しているものはありません;;
他人に愛のエネルギーを求めているモノばかりです^^

しかし、実際、愛のエネルギーは相手を思いやり
相手に愛のエネルギーを与えようという姿勢からしか
生まれないエネルギーなんです^^w

自分の心が愛の状態になったとき、無限のエネルギー源である
宇宙(神)と繋がり、エネルギーが供給される!
そのエネルギー供給なくしては、人はエネルギーを高く
保つことはできないんです^^


人間関係や恋愛において人に愛を求めると
相手が宇宙とのつながりをしっかりと持てる人でない限り
次第にお互いのエネルギー(愛)を消耗して最終的には
エネルギー不足状態になります。。。

どんなに相手から奪っても、相手も奪い返してくるし
何より、他からのエネルギー供給がなければ、エネルギーは
消耗するだけ消耗して減っていくだけだからです。

最終的にはどちらもエネルギーがなくなり奪えなくなって
お互いに嫌な気分になり、ストレスが爆発します!



相手を愛するゆえに恋愛をする、好きになる、一緒にいる
という一般的な考え方は少しずれているように思います^^w

多くの場合は、愛が相手からもらえて心地よいから
一緒にいるということになります^^
この場合はいずれ相手の愛がたりなくなるか
もらえなくなった時点で関係が破綻します。

中には、その人といると自然と愛の状態になれるという場合もあるでしょう。
人は愛の状態になると、自然と宇宙のエネルギーと繋がり
自分自身も心地よくなると同時に他人のエネルギーも奪わなく
なるので、すべてが心地よくうまくいくようになります。


しかし、愛の状態自体は恋愛をしなくてもなることができます^^
いわば、恋愛を通して愛の状態になることは、一つのきっかけに
過ぎないということなのでしょう☆

恋愛も結婚も友達関係もすべては学びのための人生におけるイベント☆
それらを通して人の魂は進化していく^^☆


魂が進化すれば、より愛の状態を維持することができるようになる^^



今回、もう一つ気づいたことは恋愛以外の学びについてもです☆

どんな人間関係でも、そこから人は学んでいきます^^
人生において、何度も同じ状況になったり、同じような人と
出会ったりすることがあると思います☆

特に嫌なタイプの人、苦手な人は何度も出会い
その度になんでこんな人と知り合うのだろう???
どうして、近くにいるのだろう?そう思うことはありませんか??^^

実際には人だけでなく同じような状況も多々あるでしょう!
それらが繰り返し行われるのは、そこから何かを学び取るため☆

学び取らない限り、人生において同じ人、同じ状況には
何度も何度も繰り返しめぐり合うことになります^^w


今回、ふと思ったんです。
誰かにとってすごくストレスを感じる人でも
自分にとっては特別ストレスに感じない。。。
この差はなんなのだろう??と。

そこで気づいたのは、その人から学べているかどうか^^

その人から学びを得ている人は、その人がどういう状況にあり
なんでそうなっているのかがわかり、適切な対応の仕方も
わかるから、特別ストレスでもないし、気にもならない。

けれど、学べていない人はその人がなんでそう考え
行動するのかがわからず、対応の仕方もわからないので
イライラし、ストレスに感じます^^


一般的に嫌なこと、苦手なことから人は学んでいきます^^
嫌な感情が沸き起こらないと、人間何かを良くしようとは考えない
弱い生き物だからです^^;;;

残念ながら嫌なことがある度に逃げてしまうのも人間ですが;;
しかし、そこで踏みとどまって、そこから学ばなければ進歩はありません^^

自分や他人の嫌な部分、不完全な部分を受け入れるというのが
学びの最初のステップですが、たびたび人は勘違いします;;
受け入れることと、見てみぬふりをすることは違います^^

見てみぬふりをするのは、嫌な部分を見ても
それは悪くない、改善する必要はないと考えてしまう状態です。

ここが難しいポイントです^^

嫌な部分、それ自体は悪いわけではないですが
改善しなくていいということでもないんです^^w


そのまま改善せずにいることもその人の選択ではありますが
それでは一向に進歩しませんし、魂の進化も得られません^^;;


恋愛にしても、他の人間関係にしても、自分自身のことにしても
この世にあるすべての嫌な感情をともなうことは
すべてが、解決するべき問題であり、人間としての成長
魂の成長につながることなんです^^w


運が悪い、嫌な人と出会う、嫌な出来事がある

それらはすべて、学びのチャンスであり
そこから何かを学べという神様から与えられた試練でもあります^^


やはり、人はこの世界に自らの魂を磨くために生まれてきたようです!

改めてそのことを確認した気づきでした^^


みなさん^^

嫌なことから学ぶためには非常にエネルギーが必要です!
自然の中へ行き、一人でゆったりと過ごしてエネルギーを補充しましょう☆

そして、強い意志をもって嫌なことと向き合いましょう^^

学びの先には、真の幸せがまっています☆



Cheers☆

  


Posted by Dice at 07:37Comments(0)