2013年01月19日

モバイルマッサージ開始!!

おはようございます^^




ご存知の方もいるかとは思いますが
おいらは今現在、ゴールドコーストにてマッサージの学校に通っています!^^

このたび、Certificate 4 massage Therapyを卒業し
晴れてマッサージ用の保険が使えるようになりました!^^


これを機に空いている時間をつかって出張マッサージをすることにしました!!☆

以前から少しづつ準備はしていたのですが
ついに!!1月25日から モバイルマッサージサービスを開始します!☆


サービスエリアは主に北はサウスポート、南はトゥイードヘッズあたりまでです^^

サービスエリア、料金などは詳しくは下記のブログ参照


http://mmjcompass.blogspot.com.au/ (日本語)

http://mmcompass.blogspot.com.au/ (English)



おいらの基本マッサージスタイルは中国伝統マッサージ 推拿 です!

こっちに来る前に日本で学びました^^
こちらの学校に来たのはWesternのマッサージの技術と
知識を学ぶためです!

推拿は中国式のマッサージなので基本は
ツボと経絡にそって施術を行います☆

体の気の流れをよくし、自然治癒力を高める方法です!


中国式の足ツボマッサージも行いますし
ご希望の方はオーストラリアでは一般的なオイルマッサージも行います!
オイルマッサージにおいてもツボを中心に施術します!
また、ソフトタッチのリラクゼーションマッサージも受け付けます☆


また、おいらはできることならみなさんに健康になってもらいたいと思っています^^

マッサージや鍼灸、薬などはあくまで一時しのぎです^^;
その場ではよくなるかもしれませんが、生活習慣を改善しないと
再発することは十分に考えられます!


体のどこかが痛いと何度もマッサージに来たり
するのはセラピストとしてもちょっと切ない話です。。

なるべく、そうならないよう、日常生活における健康相談や
日常的なストレッチ等、ご希望の方には可能な限りアドバイスさせて頂きます☆

お気軽にご相談ください!^^


それでも、仕事柄、生活の忙しさから疲れがどうしても取れない
どうしてもコッてしまう、どうしても痛みが出てしまう!
という方は当然いるはずです^^w

そういう方は全力でマッサージを通してお手伝いさせていただきたいと思います☆



また、大々的には告知していませんが
常連になられた方には、特別な割引サービスも考えています^^

まずは一度、お試しください!!^^




  


Posted by Dice at 07:51Comments(0)

2013年01月17日

シュタイナー教育☆

おはようございます^^



今日は教育の話題です☆


いつもは、参考文献を元にした自分なりの教育理論を
ブログに書いてますが、今回はすでに完成されている教育理論の紹介です^^


それが


   ”  シュタイナー教育   ”



この教育は一般的な学校の教育からするとすごく
効率の悪い、親が不安になるような教育方法です^^w

正反対のことをしていると言っていいでしょう^^


おいら自身、まだ2冊しか本を読んでいないので
シュタイナー教育の教育理論そのものはしっかりと理解できていませんが
分かる範囲でどのような教育なのかの紹介をしたいと思います☆



シュタイナー教育は子どもの心を育てる教育です^^
子どもの発達段階に合わせて教育を進めていきます☆

その発達段階の区分もシュタイナー教育独特のもので
7年ごとに三つの成長段階に分けます。


第一期:生まれてから7歳まで

体の健全な発育と五感による環境の模倣


第二期:7歳~14歳

芸術体験によって世界を美的に感じ取る


第三期:14歳~21歳

思考把握によって世界と人間のことを知る。



発達段階ごとの教育を見てわかるように
シュタイナー教育の中心は実践的なものばかりです^^

14歳になって初めて普通の学校で教えているような
論理的で知識的なものが入ってきますが、それでも教育の
仕方はあくまで実践的です☆



いくつか具体的なシュタイナー教育の特徴を挙げてみましょう^^


1.教科書がない

教科書は各生徒が白紙の冊子を渡されて自分のオリジナルの
教科書を作ります^^授業で聞いた内容をまとめて、その冊子に書くことで
教科書を作り上げるのです!

表紙や背表紙などもすべて自分で絵をいれてデザインし
中身の授業内容のページもいろんな色を使い、各文字すらデザインして
絵も多々取り入れて書き上げます^^

どんな風に教科書を作るかは子ども次第ですが
いろんな色を使うこと、絵を多用することが推奨されます☆


2.エポック授業(基本授業)

エポックと呼ばれる授業を毎朝午前中に
1時間半から2時間かけて行われます^^w

エポックでは一つの科目、テーマを数週間~月単位で毎日継続して行います^^

科目、テーマは担任の先生がその時の子どもたちの
発達段階、興味関心にあわせて決めます☆
必ずしも一般的な学校の教科ではなく、建築、健康、農業
というようなユニークなものもたくさんあります^^


一回あたりが長く、子どもの集中力がもつのか?
一つの教科ばかりで偏っているのではないか?

という疑問も沸いてくるかとは思いますが
楽しいと思える授業においては子どもの集中力は無限です^^

そして、集中していて楽しいものを途中で中断されてしまうことは
子どものやる気と好奇心を潰してしまいます☆


また、科目ごとの偏りといいますが、本来一つの科目を
独立して教えるというのは非常に難しいんです^^

例えば歴史を教えるとします!

歴史の中では当然、文字も使えば、科学的なデータの理解も
時に必要になるし、科学的な発見についても触れなければなりません^^

社会の科目の中では算数も国語も理科も使われているんです^^

それらは必然的に勉強することになりますし
そもそも、心を育てることを主目的にするシュタイナー教育において
科目の偏りなどという所は大した問題ではありません。
まして、ずーーーっとその一つの科目だけをやるわけではないのですから^^

科目の偏りを心配しなければならないのは
知識の詰め込み教育においてのみの話です^^;;



3.芸術を重視する教育

子どもの心、感性を育てる教育であるシュタイナー教育では
子どもの発達段階で見てもわかるように、芸術や実践的な
ものを多く授業に取り入れます☆

ドイツのシュタイナー学校の7年生の時間割
(「ミュンヘンの中学生」 子安美智子 著)

を見ると、午前中がエポックで午後は
語学、体育、工作、音楽、手芸、宗教という科目が並んでいます^^
宗教があるのはここがキリスト教系の学校だったからです☆

日本でも私立の高校、大学などでキリスト系の学校がありますよね?
あれと同じノリです^^w


また、ドイツの学校では卒業制作のようなモノとして節目、節目で
一般のお客さんを呼んで本格的な演劇を上演することもあります^^



4.点数をつけない教育

シュタイナー教育では、点数をつけるという評価をしません。
つまり、一切のテストがありません^^w

評価をするときは、その子の改善点を示してあげる
もしくは、客観的にその子の成長度合いを示すという風に行い
最新の注意を払って行われます。

比較競争という意識を子どもたちに植え付けないためです。

それで大丈夫か?という疑問を持つ方も多いとは思いますが
後でもう一度話しますが、シュタイナー教育の目的は
子どもたちの心の自由の獲得と自己実現にあります^^

自分のやりたいことを見出してやるというときに
他人とあれこれ比較する必要はまったくありません。
自分の目標さえ達成できればいいのですから^^

比較評価はかえって自分の目標を見失わせ、邪魔になります。


また、現代の教育方法を見ていると
「評価」をすることが学校の目的になってしまい
もはや、「教育」ではなくなっています;;

点数を取るための教育はまさしく、評価をするための
教育で、その子が育っているかどうか?実践的な能力が
身についているかどうかは全く問題にされません。

テストの点数がよければ、すべてがよいということになっています。

しかし、実際に使えない、役立てることができないような
教え方をして、どうしようというのでしょう??
それを教育と呼ぶのでしょうか??

おいらの現代教育に対する最大の疑問です。



5.担任の先生が8年間一緒。


小学校の一年生から8年間、同じ先生が担任を勤め
基本的に授業は担任の先生がすべて行います^^

子どもたち一人ひとりをしっかりと把握することや
子どもたちの発達段階に合わせて適切な指導と教育ができる
ということが理由です^^

子どもと先生の信頼関係もしっかりと築くことができます☆


嫌な担任の先生にあたったらどうしよう??
という心配もあるでしょうが、それは不要な心配です^^;

一般の学校の先生は1年で変わりますから
その先生が嫌でも1年我慢すれば、別の先生になります。
ですが、新しい先生がいい先生だという保障はどこにもありません。

そして、毎年、先生が変わるというシステムは
先生側にとっても親や子どもからの批判から逃げられる
ということでもあるんです。その分、安易に親の批判をやり過ごそう
とする先生も多く存在するのが残念な事実です。

そのため、必然的に先生の授業や子どもに対して取り組む姿勢は
8年間継続するシュタイナー学校に比べてあまりよくないです。


どんな先生にあたるかは運命です^^

8年間継続するということは先生にとっても責任重大で
先生の評価が悪ければ、生徒は減り、学校側の経営が危うくなります。

まして、親からの批判や子どもとのトラブルから逃げることもできない。
先生は親や子どもと真剣に向き合わなければ
8年間も担任を続けることはできません。


先生も普通の人間だからして欠点もあれば、失敗もあります。
親御さんとの相性というものもあるでしょう^^
言ってみれば、それは普通の学校でも同じことです!
8年間の中でトラブルが起こらないほうがおかしい。

しかし、少なからずシュタイナーの先生たちは子どもや
親と真剣に向き合い、トラブルや問題に対して親や子どもと
話し合い解決策を見出そうとするでしょう^^☆

先生に対してこれ以上、いったい何を求めるというのでしょう?


とはいえ、この考え方に反発する人もいるはずです。

実際のシュタイナーの現場において、どうしても親と先生との
間の問題が解決できず、先生が辞める、生徒が他の学校に
移るという事態も過去にはあったそうです;;


私はこの8年担任制はすばらしいと思いますが
同意できない人は、シュタイナー学校に子どもを入れるべきではないでしょう^^

シュタイナー教育への賛同と理解が入学の最低にして最大の条件なのですから^^





さてさて、長くなりましたが、シュタイナー教育の大きな特徴は
以上のようになっています^^



これらの教育を通じて、シュタイナー教育では

子どもの心を育て、何ものにもとらわれない自由な心をもった
自己を実現できる人間に育て上げることを目的とします^^


なぜ、そのような目的の元で教育をするか
みなさんはわかりますか??^^

自分のやりたいことを見つけ、それに向かって進むことができる
と言うことが、人生においては何よりも大事なことだからです^^w


現代では何をやりたいのかわからない・・・・

やる気が起きない、生きることがつまらない・・・・


そういった若者が増えています;;;


どんなに知識があって、勉強ができテストが取れても
それでは何の役にも立ちません;;

みなさんもそういう現状を見て、非常に問題があると
考える人も多いでしょう^^w

それもこれも現代の点数教育の結果です。



もちろん、現代教育の中にあっても自立心が強く
意欲的に取り組む子どももいます^^ですが、少数派です。


シュタイナー教育では積極的に意欲と自己実現、自由な発想を
育てるための教育をしようという姿勢で臨みます^^


実現したい何か、目的や目標があれば人間は必死にがんばります!
知識を詰め込むのはそれからでも遅くはないんですw


むしろ、大人になってからのほうが、理解が速く効率的です☆
子どもの方が理解が速く、賢いと思っている大人も多いですが
それは正確ではありません^^w

子どもは感覚的に物事を理解する習性があるので
何でもすぐにできるようになり、飲み込みも早いんです!
けれど、論理的な話になると全くわかりません。

知識や理論と言うものは圧倒的に大人のほうが理解が早い。(左脳)
子どもは記憶力と感覚的な理解が早いだけです☆(右脳)

逆に大人は知識詰め込み教育をされてきたこともあり
感性や感覚的な理解という能力があまり発達していないので
子どもが賢く見えるのです^^w




話が若干それましたがシュタイナー教育によって
しっかりとした精神的、肉体的基盤のできた子どもは
何かにつけて、すばらしい能力を発揮します☆

スポーツはもちろん、芸術や勉強においても精神面というのは
非常に大きく影響してきます!

しっかりした基盤を持つ子どもがすばらしい能力を発揮するのは当然のことです^^



その証拠に、シュタイナー教育を卒業して、大学受験を
する子どもたちは、他の一般的な学校と比べても受験成績は
かなり上位にランクインしているというデータがあります^^

しかも、シュタイナー教育の中では一切やってこなかった
知識詰め込み型の受験勉強、それも小学一年生から高校3年生
までの内容を1年間ですべてこなしてしまうんです☆


また、最終的に着く職業も社会的な地位の高い職業が多いようです!

ただし、官僚、政治家、公務員は一人もいません。
心の自由が奪われるような思想的に制約のあるような場所には
みんな行きたがらないんです。。

医療、芸術、教育、福祉の分野への就職が主で
芸術家、医者、学校の先生という職業が比較的多いようです^^

それ以外にも、タクシー運転手、農夫、デザイナー、旅行ガイド
司書、古道具屋、カメラマンなどなど、社会的な地位や給料の
良い職からあまりよくない職まで多種多様です^^


シュタイナーを卒業した子どもたちにとって
大事なことは社会的な地位や権力、お金といったものではなく

「なりたい自分になれるかどうか?」

と言うことが大事なのです^^


医者になることが大事なのではなく、どんな医者になるのか?
が大事なのです^^

「ミュンヘンの中学生」の著者、子安美智子さんが
多くの卒業生にインタビューをした結果がそれです!

社会的な地位の高い職にある卒業生もそうでない卒業生も
全員に共通しているのは、社会的な評価というものに対する
関心が薄いということなんです^^




こういった、データを見て良い大学への進学率が良い
社会的なステータスの高い職につくことが多いというのは
親にとっては一種の安心材料だとは思います^^;

しかし、本当はそういう考え方自体がシュタイナー教育に反するものなんです^^;;


社会的な地位やお金などにしばられず、自由に生きて
なりたい自分になれるような人間になるからこそ、シュタイナー教育なんです^^

社会的な地位やらお金やら、権力やら自体を
求めることは心の自由を奪う行為です。





さて、このくらいにしておきましょう^^

正直、これだけの説明ではシュタイナー教育の良さが
ちゃんと伝わったかどうかは疑問だし、シュタイナー教育事態は
10分の1も説明できてないと思います。



しかし、おいらはシュタイナー教育と出会って
こんなすばらしい教育はないと思いました^^

そして、自分が子どもの頃に受けたかった!!と強く思います^^w



こんな教育が世界的にすべての学校で行われたら
こんないいことはないと心から思います^^☆



シュタイナー教育について、みなさん、少しはわかってもらえたでしょうか??^^


もし、興味が沸いたならば、是非、シュタイナー教育関係の本を
一冊読んでみてください☆

「ミュンヘンの中学生」 子安美智子 著

が導入にはオススメの本です^^


オーストラリア在住の方には漫画、美味しんぼの作者さんが
シドニーで実際に自分の子どもをシュタイナースクールに通わせて
子育てしたときの様子をまとめた

「シドニー子育て記」 雁屋哲 著

もいいかと思います^^



子どもにシュタイナー教育をさせてみたいという人は
まずは親である自分たちがシュタイナー教育に対する理解を
深める必要があります^^

シュタイナー教育への賛同と理解が入学させるための
最低にして、最大の条件なのですから^^w







Cheers!

  


Posted by Dice at 22:25Comments(0)

2013年01月03日

世界の肥満人口20億人!?

おはようございます!!


ついにきました、肥満プラネット=地球☆

” 世界の肥満人口 20年で80%増!  ”

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130102-35026162-cnn-int


さきほど、ヤフーニュースに載っていたホットな情報です!^^;;


いや~、みんな太ったもんだ。。



肥満人口20億人と言う人数がどれだけすごいことかわかりますか??^^



それはつまり・・・・・・


世界の人口は約70億人と推計されているから、まあ、約3分の1。。
3~4人に一人が肥満。。。クラスに肥満の人は10人くらい。


世界の飢餓人口が約10億人。。。

つまりは、飢餓人口の2倍肥満な人がいるということ。


何なんでしょうね~;;この上昇率。。




まあ、そんな中、世界の平均寿命は延びているというんだからびっくり!!

で、その中身を見ると、当然ながら
医療技術の進歩による延命措置によって寿命が延びているだけ;;

人生を終える時まで平均14年間を病気や痛みを抱えて
過ごしており、延びた分の人生における生活の質は
決して高くはない・・・・っていう研究結果もでているそうで。。。

その14年間、半身不随、植物状態、寝たきり、痴呆なんていう
状態で過ごす人も多くいることでしょう;;


はてさて、そんな人生何がおもしろいんだか。。





世の中の若者には血気盛んに
病気になったり、動けなくなったりしたら死ぬ!!

なんていいながら、タバコ、お酒を大量摂取、栄養を考えずに
好きなものを食べたい放題!!

他人に迷惑かけてないんだからいいだろ~~~!


何ていうけれど、そんなバカな話はありません。


酔っ払って人に絡んだり、吐いたり、病院に運ばれたり・・・


タバコを吸って、周りの人に受動喫煙させたり・・・

周りに気を使っていると言う人も気づいてないだけで
大いに煙を周りに振りまいてます。。
結構、遠くまでタバコの煙ってのは飛んでいくもんなんです。


将来的に病気になれば、病院のお世話になる。
病院が常に多忙で、大変な状況にあるなかで、さらに
自分も病人の仲間入り。これも迷惑。

動けなくなったら死ぬと言うけれど、周りが許すはずもなく
日本の法律でも基本は禁止されていることばかり。

そんなに簡単に死なせてくれません。

となれば、介護やらなんやらで周りに迷惑をかける。


これが運よく、もしくは無理やり自殺して死んだとして
死してなお、やっぱり周りには迷惑がかかる。
葬式、事後処理、残された人の悲しみ、お金の問題などなど。

さらに言うなら、歳をとってから病気になればまだ
諦めもつくけれど、まだ若いうちになったりしたら、それこそ大迷惑です;;;



はい!!世の中の若者よ・・・・

人間生きている限り、そして、死してなお
他人に迷惑をかけないなんてことは不可能なんだ!!

どう生きようとあなたの勝手だが、迷惑をかけながら生きている
んだってことを常に自覚したほうがいい!!


そして、少しでも人間としての誇りがあるならば
少しでも周りに迷惑をかけない生き方をしよう!^^




さてさて、肥満の話にもどりましょ^^w

なぜ、肥満が増えているか??



「一重に欧米型の食生活が世界に浸透しつつあるから」

と言うのが一つ


「正しい、健康知識を持っていない」


と言うのが、もう一つ


アフリカなどでは、文化的に肥満はいいことだという概念が
あるらしく(飢餓に苦しんでいた頃の反動)、肥満が不健康であることを
知らないらしい。。



と言うのが、学者先生方の見解らしいですよ^^;




ま、健康やら肥満やら、そういうのはもはや
個人の問題ではなく、社会の・・・そして、世界の問題!

なんせ、肥満問題を解決しようと本気で考えたら
世界経済は大混乱、政治や社会体制の変化、果ては
戦争なんて話にもなりかねない;;


それだけ、肥満と言う一つのキーワードには
いろんな人の利権が関わっているってことですね~。。



とはいえ、上の人間に変える気がないなら
おれら一般市民が何とかするしかない!!!

というか、どんなに大きな問題に発展しようとも
根本的な原因は個人=一人ひとりの人の問題だからして
おれら一人ひとりが変わるしかない!^^



砂糖、肉、脂の摂取量を減らすと言うのは
それに慣れてしまっている人からすると、とーーーっても
しんどいもんです。

なぜ、しんどいか??
それは中毒状態になってしまっているからね~^^;;;

砂糖や油には中毒性があるんですよ~~~☆


なっていないと言うなら、その証拠に
砂糖、肉、脂なしで一年間過ごしてみましょう^^
それができたら、晴れてあなたは中毒ではないと証明されます!

ある程度、知識のあるおいらだって完全に止めるなんてのは難しい。。
それも一重に砂糖と油の中毒効果のたまもの。。


ちなみに、野菜や魚、海草、穀類などを駆使すれば
栄養はしっかり取ることができます^^w
むしろ、そのほうが余程、健康的です!



何はともあれ、全くとらないようにするとまではいかなくても
減らすと言うだけでもしんどいもんです;;

いや、むしろ、減らすだけのがしんどいかもしれない。。
全く食べなければ、中毒効果は少しずつ薄れて
食事にも慣れていくけれど、中途半端に食べると中毒と
戦わないといけない。。。


その辺の議論は、置いておくにして
やはり、砂糖と肉の摂取量は減らすべきでしょう^^;

それは人間の体の健康のみならず、環境問題
社会問題、世界のあらゆる問題が
砂糖と肉という、ありふれた食べ物に大きく影響されている
と言う事実があるからです☆


どのように影響されているかは、おいらの過去の記事を参照!
もしくは、直接ご質問ください^^



このまま、世界の一部の利権者のシナリオ通りに動いて
自分の健康を害し、世界を壊しながら生きるのか??


はたまた、自分の意思をしっかりもって真実を見極め自分の道を歩むのか??



それは、あなた次第です!^^




Cheers!




  


Posted by Dice at 08:13Comments(0)

2013年01月01日

コレステロールの災難☆

おはようございます!^^


新年早々、やっぱり健康の話題☆



今まで、すごく気になっていたコレステロールの不思議!

みなさん、コレステロールをとりすぎると体に良くない・・・・
と言う話はよく聞く話ではないでしょうか?^^


でも、実はコレステロールを食事から取ることに害はないんです!!


世間一般ではお医者さんでさえ血中コレステロール値が高いと
コレステロールの低い食品を食べなさいと言いますが、それはまさしく迷信です!



以前、栄養素のことを調べていたときに
食事から取るコレステロールの量は体内のコレステロール量に
比べると少ないという情報をゲットしました。

けれど、その話の中では特別、コレステロールと
健康についてが触れられていなくて、さらにコレステロールの
性質や体内でのコレステロール代謝の仕組みなども
書いてなくて、わからず終いだったんです^^;:


今回、改めて調べてみたら、見事にでてきました!!^^




さて、まずは体内のコレステロールと食事から取る
コレステロールについて、簡単にお話しましょう!!


体内のコレステロールの大半は体内で合成されています^^

コレステロールが作られる場所は主として肝臓で
小腸、副腎皮質、性腺などでも作られています☆


体内で一日に作られるコレステロール量は1g ~1.5g 
食事から摂取するコレステロールは0.3g ~ 0.5g

と言われています^^


体内の合成量のほうが圧倒的に多い!
と言うところに、まず注目!つまりは、コレステロール自体は
特別食事で取らなくても、そこそこに何とかなると言うことです^^

そして、もう一つのポイント!!
大半が体内で作られていると言うことは
必要量がしっかりと調節されて作られると言うことです^^


つまり、食事から取ったコレステロールの分
人間の体は合成するコレステロール量を減らすことができるんです!



人間の体の持つ、バランスを保つための機能

ホメオスタシス(動的恒常性)です!


それはつまり健康な人はコレステロールを多めにとっても
基本的にはなんら、問題ないということです^^




では、なんで血中コレステロール値が上がるのか??


それは食べすぎ、または高カロリー食によるエネルギーの取りすぎが原因です^^w


簡単に仕組みを説明しますが
詳しく知りたい人は下記ウェブサイト参照のこと^^

http://kumamoto.lin.gr.jp/shokuniku/eiyochisiki/cholesterol/kenko_sippei4.html#shokuniku


血液中で増えて問題になっているコレステロールは

糖質、脂質、たんぱく質の代謝過程で作られる物質によって構成されています☆

つまり、糖質、脂質、たんぱく質をたくさん摂取すると
コレステロールがたくさん作られてしまうと言うことです^^;;



現代人が特に外食の際に摂取する主な栄養がまさにその

           糖質、脂質、たんぱく質


の三つです!


外食時(特にファーストフード、定食など)の食事の
栄養成分のほとんどがこの三つの栄養素で構成されていて
ビタミン、ミネラルなどの微量栄養素はきわめて少ないです。


知らない人も多いかとは思いますが
たんぱく質も体内で糖質に再合成されてエネルギーになります!


つまりは食べすぎ、飲みすぎ・・・・

カロリーの取りすぎ・・・・


なんです^^;;



通常、健康体では体内のバランスを取る機能が働いて
食べ過ぎても、体の機能は正常に保たれます☆

しかし、食べすぎが続けば、徐々に体内のバランスは崩れ
ついには、体の機能を正常に保つことができなくなってしまいます。。



結果、コレステロール値が低くなりすぎたり、高くなりすぎたりします。

コレステロールは低いほど良いなんていう思い込みも迷信です!



コレステロールは体にとって、とーーーーーーーっても大事なものです!

体は細胞が集まって作られていますが
その細胞の機能を正常に保つためにコレステロールが
どうしても必要なんです!

そのコレステロールが少なくなれば、細胞は正常に機能しなくなる・・

  =   身体全体の機能が低下すると言うことです;;;



コレステロール値は正常値の範囲内でなくてはなりません。
高すぎても、低すぎてもいけないんです!

コレステロール値が低いとガン、うつ病、脳卒中の
リスクが上がるというデータもあります!


身体全体の機能が低下するのだから当然と言えば当然の話・・・
研究されていないだけで他の病気のリスクもあがると考えるのが自然です。




そして、コレステロール値の異常はコレステロールの取りすぎに
よるものではなく、偏った食生活によるものなんです!

もちろん、食事だけが原因とは言い切れません。


ホメオスタシスのような動的恒常性の機能は自律神経系が
大体関わってきます。自律神経が弱くなれば、コレステロール値の異常も起こりうる!

つまりはストレスや疲労、睡眠、病気、その他、生活習慣などです!^^


大してコレステロールの高いものを食べてないのに
コレステロール値が上がってしまったと言う人は・・・・・

飲みすぎ か 食べすぎ、もしくは不規則な生活習慣や
ストレスによるものである可能性もあります^^;;


正しい知識を持っていないと、高コレステロールの人が
コレステロールを取らなければ、何を食べても良いなんて考えにもなりかねません。


みなさん、コレステロールはとっても働きモノなのに
誤解されているかわいそうな栄養素なんです!^^


今一度、体内のものに善も悪もなく、人間の健康は
バランスで成り立っているのだと言うことを念頭において
自分の体の健康を考えて生きましょう^^w




Cheers^^☆
  


Posted by Dice at 21:37Comments(0)