2011年12月28日

才能って?第二段!!

今回は前回のネガティブなトピックスにちょっと絡めて

才能と努力の話をいまいちどしたいと思います^^




おいらは比較的なんでも器用にこなす人間です^^


周りの人から見れば、いいな~、うらやましいな~
何ていうことも多々あるのではないかと思います^^;




でも、おいらの今の能力、力は今までの人生で
積み上げてきたものの成果です^^

深くいろんなことを考え、どう勉強したら効率が良いのか?
周りの人はどんな風にして成功してきたのか??
一つ一つの物事の意味とは???


日々、考え、知識を増やし、新しいことを発見して
来たからこそ、あれやこれやと器用にこなす今の自分がいるのです!

技術的、知識的な成長だけでなく、心の成長もあればこそ
仕事やスポーツ、家事にいたるまで、何でも器用にこなせるようになった!









おいらはこと才能に関しては、その人のもって生まれた能力
というよりは、もって生まれた性格の影響だと思ってます!


物怖じせず、何でもチャレンジできて、あれやこれやと
自分で考えながらできる人!好奇心、何でも楽しいと思える人!!

それは意欲や集中力に繋がり、何をやらせても伸びる^^









さて、おいらの場合・・・・・。


昔、小学生くらいの頃・・・・おいらはとても素直だったというだけで
控えめだったし、器用とはいい難い人間でした^^;

正直、才能ある人間とは言いがたい部分が多々あった。


ただ、素直に先生が授業で言うことをしっかりと覚え
それゆえにテストではいい点が取れた☆


けれど、特に何も考えてはいなかった^^;

いい点数はとれても理解はしていない。
小学生レベルだとそれでも十分だったけれど
中学生くらいになると、応用が求められる!


何も考えてこなかったおいらは
勉強の仕方も分からず成績はがた落ち・・・・・。


考える訓練をしてこなかったおいらは
何をどう考えたらよいのかがさっぱりわからなかった;;


そんな中、器用にあれこれこなして、友達ともうまく
付き合っていける人がいた^^

とてもうらやましかった;;;


どうして、あいつは同じように努力してもあんなに
うまくできるんだろう!!不公平だ!!

そうおもったりもしました^^;



さて、高校、大学となかなか勉強面はもちろん
すべてのことにおいて上手くいかなかった、おいらですが
大学生の後半くらいになってやっといろいろと見えてくるようになった^^

それは必死にいろんなことを考えた結果です。


何でなのか??どうしたらいいのか??
どっちがいいのか??何が悪くて、何が良いのか??


そうやって周りが見えてくるまでの間はとても苦しかった;;
何をやっても上手くいかず、焦り、心はネガティブから抜け出せず・・。


でも、一度、入り口をくぐると、上手くいかないこともあって
悩むこともまだまだ多いながらに少しずつ、上手くいくことも増えてくる^^







そうやって、なんやかんやと上手くいくようにはなったけれど
おいらは目立つのがとても嫌いでした;;;

良い成績をとれば、周りから良きにつけ悪きにつけ
いろいろなことを言われる。。。


そして、それをうまいこと受け流せるほど器用な人間でもなかった;



別にいいじゃないか!!
相対的な評価なんてどうでも!!!!

いちいち、すごいと言ったり、うらやましいといったり
あれやこれやと褒められても全然嬉しくなかった。。

むしろ、居心地が悪かった。
仲間はずれにされているかのようだった。


そして、おいらは特に人とは違う考え方を持つ人間だった。

周りの人と話を合わせようにも価値観も興味も全然違って
他人と意気投合できることなんてほとんどないに等しかった。



思えば、昔からやればできただろうに、目立たないようにと
自分をセーブしてきた気がするな~^^;


今もそうです^^

基本的に自分をセーブしている。
ただ、昔とは少し違う意味でセーブしているのだけど^^

のめりこみ過ぎると自分と周りが見えなくなる!!

全力で取り組めば、集中すればもっともっと伸びるし
早く先に進むけれど・・・・楽しいからそういう努力も苦では
ないけれど・・・・・・・。


のめりこみすぎるあまりに、それがすべてになってしまう^^;;


整体の勉強はおもしろさのあまり
勢いあまって集中しすぎて、他人より抜き出てしまったし
集中するあまり周りも見えなくなった。。。


まだ、修正可能な範囲だから今から軌道修正しようとは
思うけれど、一時とは言え、自分を見失った;;;


そうならないように、自分への戒めの意味も込めて
がんばり過ぎないように、のんびり、のんびりを合言葉に
やってきたつもりが・・・・・。









できない人間から見れば、何を贅沢な!!
傲慢だ何ていわれそうだけれど・・・・・・^^;;


だけど、飛び出てしまう、羨ましがられるような
人間だって悩みはあるんです!!

できる人間は人よりできるがゆえに孤独なんです;;;


みんなと同じ考え方をしていたら一番にはなれない。
だから、当然、能力的にも考え方的にも周りの人間と合わなくなる。



あれこれ、何でもこなせることがイコール幸せだと思いますか??


それに、何もせずにできるようになったわけじゃない!!

みんながボーっとしてたり、遊んだりしている間に
あれこれ考えたり、勉強したり、鍛えたり!!!


いかに才能があろうと努力なしで成長することはできない!!




小学生当時のおいら、中学生のころのおいらは
努力をしていなかった!!何も考えていなかった!!!


中学生の頃、どうやって努力したら上手くいくのか
分からなかったし、うまいこと物事を考えることができなかったけど。

それは小学生の頃の自分が考えるということを怠っていたからだ!


今までの積み重ねがないがゆえに、努力しようにもできない
うまく努力できない今の自分がいる。



だから、周りの人のレベルに追いつくのに
そして、それを追い越すのに中学生から大学生の頭くらいまで
悩み、苦しいトレーニング期間を乗り越えなければならなかった。



みんなも自分なりに一生懸命やってきたかもしれない。

それでも人よりできないというのは、他の人の方が
あなたよりもいろんなものを積み重ねてきたからです。


辛い思いをすれば必ず望みが叶うわけじゃない。
努力をすれば誰でも一番になれるわけじゃない!!


けれど、辛いのを覚悟で努力しなければ、行動しなければ
いつまでたっても良くはならない;;;


人と比べてどうかじゃなくて、自分が
どれだけ成長できたか?それが大事でしょ??^^


他人と比べたらいつまでたっても
できる自分にはならないかもしれない^^


どんなに自分が努力したって、他の人も同じように
あるいはそれ以上に努力をしているのだから
その差はなかなか埋まるものじゃない!!


そんなことでいちいち落ち込んで途中で諦めるのはもったいない!

他人よりできるようになることよりも

自分の目的を果たすことの方が大事だとおいらは思います^^
たとえ、どんなに時間がかかったとしても!!


望むものがあるのなら、望む自分があるのなら
才能がないと諦める前に、行動することをおススメします^^


そこで失敗して上手くいかなくても、その経験を活かそうという
心がけがあれば、自分の中に才能の元が蓄積されていく☆



決して無駄にはならないし、少しずつなりたい自分になれる!

そして、手に入れたいものに近づける!!^^




なんか、若干、前回のネガティブな自分を引きずったまま
書いたのでいまいち、ポジティブにはなりきれない文章でしたが
いかがでしたでしょうか?^^


別に能力なんて要らない!

適度に生きて行ければ言いという人は
それでいいんです^^


人を比較して評価する癖がついたり

人と自分を比べながら生きていくよりは


能力を求めずマイペースに生きるほうが
よほどいい生き方なのではないかと思います^^


それでも評価というものは現代の社会では
なくせるもんではないですけどね^^;

要は自分の心の持ちようの話です☆



周りに影響されて、他人からの評価についつい
左右されてしまう自分ですが・・・・・・

できることなら、そんなことを考えず・・・・・

ただ、まっすぐに自分の目的に向かって進んでいけたらと思います^^




Cheers!!!  


Posted by Dice at 13:32Comments(2)

2011年12月28日

嫌な自分・・・^^;

こんにちは^^みなさん☆


う~ん、年末だっていうのにネガティブな話題です^^;




というか、このブログでネガティブな話題って
初めてですかね^^


何はともあれ、今日はたまに顔を出す、嫌な自分が
際立って出てしまい、久々にマジマジと見ることになってしまったのです;;





おいらは探究心、好奇心が強く、割と完ぺき主義です^^


オーストラリアで過ごした日々のおかげで
完ぺき主義なおいらも、だいぶゆるくなって帰ってきました☆


けれど、ここ最近、整体の勉強にのめりこむあまりに
完ぺき主義なおいらが、また戻ってきてしまったんです;;





整体は人の体を扱う仕事で、場合によっては
人の命に関わることもあるし、人の人生にも影響を与えます。


どんな仕事も多かれ少なかれ、そういうリスクを背負っていて
それゆえに、厳しくおしかりを受けたり、細かいことを
あれこれ言われたりするわけです。。


おいらもそうやって仕事をしてきたし
今まで、散々怒られてもきました。



けれど、そういう厳しさは大いに人を傷つける。







今日、おいらは誰かを傷つけるところまでは
行かなかったけれど、学校の先生に指摘されたんです。





より高いレベルを求め、自分を高めて行った結果
他の人の粗が人一倍見えるようになる。。


人間は完璧にはなれない^^;

おいらもそう思うし、学校でも特別できるできない
なんかは気にしてなかったのですが・・・・・



先輩で一人、コミュニケーションもとりずらく
どうにも粗の多い人がいたんです;;

最初は自分が間違っているのかもしれないと
言うのもあったし、そこまで気にならなかったのですが・・・

やっぱりその人の整体を受けていると筋肉がこわばるし、基本とも違う。


そういうところをアドバイスしようにも
相手は先輩だし、アドバイスするポイントが多すぎるし
なかなかに話しかけづらい。。。。



そして、その人が次の段階に進む試験を
受けるように先生たちが急かすんです^^;

本人はまだ受けられないと思っているのに。


次の段階に進めばお客様を相手にするようになる!


なぜか、おいらが焦ってしまって・・・・


たまの失敗なら仕方ない、未熟も仕方ない・・・・
それを考慮に入れた上でぼくら学生は一般の方に施術を
するわけですが、基本もままならない人が万が一通ってしまったら・・

そして、通らなかったとしても、ほとんどの人が落ちることなく
試験に受かってる中、やっぱりその先輩は多少なりとも
傷つくことになるでしょう。


何より、このままいけば、その先輩自身が将来困ることになる。

もっとも、その先輩が将来、整体の仕事に着くつもりなのか
どうかもわからないので、何ともいえないのですが。。




おいらはもう、どうしたらいいのか分からず
院長先生と話をしました。


おいらはその先輩の技術がいまいちであることを
なんとか、オブラートに包んで話そうとして、思いついた言葉が


「もし、ぼくがお客様だったら受けて嫌だと思う」


おいらの心の中では、そんな先輩に対する
苛立ちがあったのでしょう。

そして、お金を払って嫌な思いをするであろう
お客さんのことを優先的に考えた。



それはおいらの心の中に、その人に整体師になって
欲しくないという気持ちがあった。

おいらの心には愛が足りなかった;;;




普通に考えれば、未熟な学生を選ぶお客様が
あまり技術的に上手くない整体を受けたとしても、それは許容範囲内。


けれど、整体は施術をしている人の精神状態が
知らないうちに相手に伝わるモノ。

その先輩の場合は、技術だけでなく、その精神的なモノが
相手に伝わってしまう可能性もある。

おいらは特に敏感に感じてしまうので非常に肩が凝る。




そこがおいらが苛立ちを感じた最大のポイントでしょう。



技術は時間があれば磨ける!
そのスピードが遅くとも!!

そして、心がしっかりしていれば
技術がそれほどでなくても、心を通じて体はほぐれるもの。


けれど、心は・・・・・

こころが磨けるかどうかは本人の心がけときっかけ次第^^

半分は運。



技術以上に難しく・・・・

基本的にポジティブに考えるおいらも
世の中見渡せば、どうやってもネガティブから抜け出せない人
どうやっても改心できない悪人などなど・・・・・。

そういう人たちが、存在し、いなくならないのもこの世界。

それが現実。


それもまた世界のバランスの一つ。





おいらは、昔から他人の気持ちというものが
あまりよく分からなかった。


そういうのに鈍いところがあった。


良くなろうと努力して、前に比べればかなりましになった。



それでも、こんな嫌な自分も心の中に住んでいる。


その人の本質というものはなかなか変えられるものではない。

おいらの中には人を見下すような心がある。

おいらの心は意外にもろい。



例え、こちらに悪意がなくても言葉を間違えれば相手は傷つく。


心のエネルギーが弱れば、悪気がなくても嫌な自分が現れる!


相手のエネルギーに影響されれば、いつもと違う自分が現れる。





やっぱり、いつもイタチゴッコなのが人生☆

いつもイタチゴッコなのがこの世界^^;




もう、どうしたらいいんだろ^^;;;


今日のおいらはもう、どうしようもないわ!!




どうやっても、心は収まりそうもないので
今日はこの辺で^^



Cheers!^^
 

     


Posted by Dice at 02:35Comments(2)

2011年12月14日

そうだ・・・・・山へ行こう☆




そう思い立って、やってきたのが



        ”  高尾山  ”



うまいこと前回の森トピックスに絡めて
話すことができて好都合な今回の記事☆


高尾山は東京は八王子から少し行ったところにある
都心から程近い場所にある、自然豊かな山なのです^^

子どものころに小学校の遠足で行ったこともあります☆


到着したのがお昼過ぎ^^

とりあえず、お腹すいた~~~と思って食べ物屋さんを物色☆


まずは目に留まったそば団子をゲット!!!



そばの風味がいい味だしてました^^
これはおススメ☆


すぐ食べられるものではなかったけど
初めて見る食材を発見!!

その名も「むかご」




山芋の子どもだと、お店のおばちゃんは言ってましたが
調べてみると、地上部分にできる芋を育てるための栄養源だそうです^^


他にも、じねんじょ豆腐なるものや、お焼きなど
気になるものもあったのですが、帰りに寄ればいいかと
スルーしたら、帰るころには店がしまっておりましたとさ(笑)


それはさておき、本格的にランチを食べようと
選んだお店がここ!!




ローカルな和食屋さんで、まあ観光客向けな感じ^^

でも、もう一つの繁盛しているお店とは違って
川魚の塩焼きが食べられるお店です^^


で、おいらが食べた川魚定食がこれ!!



なんという魚だったかは残念ながら忘れてしまいました;;


しかし、定食の中身自体はなかなか豪勢で
魚も臭みがない新鮮なとれたてのもの^^w

ただ・・・残念なのが料理人の腕;;

調理場の中をチラッと見ると顔は見えないけれど
そこらのお母さんが料理しているといった感じ。


魚はもう少し焼いたほうがよかった。

てんぷらは揚げすぎ。

おそば、とろろ、漬物がついてくるのは良かったけど
旬ではない山菜が出てくるのはちょっと頂けない;;
(山菜の水煮の冷凍保存品ってことです。)

この山菜は駅中のそば・うどん屋さんで出る
山菜そばの山菜と同じもの。。。


う~ん、せっかく良い食材がそろってるのにもったいない!


何はともあれ、おいしく昼食をいただいて、お腹も満腹!!^^





高尾山の登山口へ!

 



入り口にはケーブルカーの駅があり
頂上までの登山道は全部で6つ☆

案内板にある他のルートは別の山から
高尾山までのルートなので、登山口からたどれるのは6つなんです^^


おいらは第6号路を選びました^^

頂上までの所要時間は約90分、3.3kmの道のり☆


このコースのテーマは「森と水」

川沿いをず~っと進んでいく登山道です^^




ケーブルカーの脇のこんな道を進んでいくと
第6号路の登山道の入り口があります^^





川沿いの道は常に水の流れる音が

 


チャプチャプ・・・・サラサラ・・・・と聞こえ




上を見上げると太く大きな木々と紅葉が
包み込むように広がっています^^

空気は間違いなく、都会よりも酸素が多く
息をしていて十分に満たされていくのがわかります☆



このコースでは滝を見ることができます!




この滝は聖なる滝☆


その昔、とあるお坊さんが高尾山で美しい琵琶の音色に引きよさられて
来てみると一人の老人が琵琶を弾いているのを見つけました。

しかし、その老人に話しかけたとたん
その琵琶を弾いている老人が消え、滝が現れた。

そして、その滝の音は琵琶の音色のように美しかったのだそうです^^


それゆえに、この滝の名は


    「琵琶の滝」


古来より、芸術の目指すところは自然^^

自然の色を出す、自然の景色を描き出す
自然の音=鳥の鳴き声や水の音、葉のこすれあう音など。

この世で最高の芸術とは常に自然の中にこそある。


そんな美しい音色を奏でる滝で、そのお坊さんは
悟りを開くために修行をしたのだそうです^^



今でもここは修行場となっており



簡単に入ることはできません;;



ここには修行者向けに、こんな言葉が・・・・・






おいら的には、一般の人も是非とも

心に留めておいて欲しい言葉です^^



さらに先へ進み、途中、川沿いのベンチのある場所で
オカリナを吹きました^^

森の中、カラッと乾いた空気・・・・・

オカリナの音が気持ちよく響き渡ります☆
もう、最高の音色です^^


ギターや普通の楽器は外で演奏すれば
音が飛散して聞こえづらくなります;;

けれど、オカリナは逆に室内よりも響き渡る☆

もしかすると他の管楽器も同じかな??
いや、オカリナは特別な気がする^^


まさしく、旅人にはもってこいの楽器!!



さてさて、休憩も終わったところで
山を登り、川をさらにさかのぼっていきます^^

 
 




川幅は段々と狭くなり・・・・・・





岩を伝う水の流れとなって





最後は葉っぱに滴る、一滴の水となる☆


この一滴の水がやがて、大きな川をつくり、作物を育て
動物の飲み水となり、料理に使われ、お酒に使われ、洗濯や風呂の水となる^^

すべてのモノはこの一滴の水から始まる☆


ちょうど、この水の源にたどり着いたあたりで
頻繁に高尾山を歩いているという女性に出会いました^^

その女性は言いました・・・・。

「今年の夏の台風で高尾山も木が倒れたり、がけ崩れが起きたり荒れた。。」


おいらは

「そうなんですか~」

と答えながら、間伐材の話を思い出した。



例え、人が間伐をしなかったとしても、森は自然の台風で
木が倒れ、がけ崩れが起きたりして、地形が変わり、陽当たりが変わり
変化をしながら、新しい植物が芽吹いていく。


倒れた木に新しい木の芽が芽吹いたり、きのこが生えたり
新たに陽の当たった場所に鳥の運んできた果物の木の種が芽吹いたり・・・・。


風が吹き、雨が降り、水が流れ、大地が変化し

命が消えては生まれの循環が日々行われている。


台風で山が荒れた・・・・それくらいで山は死なない^^
むしろ、それも自然の中の循環の一環なんだ!


そう納得できた瞬間でした。

人は森を保護することに力を注ぐけれど
森は守られなければいけないほど弱くはないんだと^^


それどころか、下手に人が保護することで、その循環が
邪魔されることだってあるかもしれない。





さて、水の源流にたどり着いたところで、一路山頂へ!!





最後の階段を登り、たどり着いた頂上で見たものは・・・・・










まさに神々しいまでの山の連なり☆


本当にここは日本なのか!?
と疑いたくなるくらいに雄大な景色☆


オーストラリアの雄大な自然をたくさん見てきた
おいらには、こんな景色が日本に残っていることに感動すら覚えます^^


日本もまだまだ捨てたものじゃない!

こんな景色が残っているのなら
まだ自然との共存もやり直せる!!

そう思わせてくれる景色でした!^^



この景色を見て、自然の偉大さ、すばらしさに気づき
人の間に自然を大切に思う心が芽生えてくれることを祈らんばかりです^^


しかし、実際はそんな風に思ってくれる人も少ないのでしょう。


普通は

「すごいきれ~~~~~」


そう思ってお終いです^^;


実際、少し前の自分を思い返してみて思います;;;

あの当時の自分だったら、この景色を見ても
自然のことなんか考え付きもしないだろうと・・・・・。

それどころか、この景色に感動すら覚えないかもしれない。。。。



何がきっかけになるか分からない。

何かがきっかけになって、自分の住んでいる大地を・・・・
恵みを与えてくれている、森や山に関心をもってくれたなら!!


そう思わずにはいられません!




とにもかくにも、ストレス解消、心のケア
疲れを癒すのに山歩きは最適です^^

山でなくても平坦な森の中でも同じように癒されます☆


みなさん、紅葉がきれいな季節です!^^


冬至の12月22日前後に天気がよければサンセットの夕暮れ時に
高尾山の山頂から富士山の頂に太陽が重なる

「ダイヤモンド富士」

も見られるそうです^^


この時期、Sunset Timeは16:30頃 余裕をもって15:30くらいに
山頂にたどり着けば、見られるはずです☆




関東近辺のみなさん!

東京から程近く、手軽に日帰りでも行ける山

    ” 高尾山 ”

で癒されてみませんか?^^





       ”  そうだ・・・・・山へ行こう☆  ”




Cheers^^

  


Posted by Dice at 01:09Comments(4)

2011年12月08日

大地の恵☆

おいらのブログでちょこちょこ出てくる


   ”  自然と食  ”   ” 自然と人の営み ”



今日は、新たにそのヒントを見つけたので
それについて考えて行きたいと思います^^


おいらのお気に入りの雑誌、「サライ」で見つけた一節



「昔は冬になると畑仕事ができないので山に入って間伐材で炭を焼いた」

「これが森の再生に一役買っていた」


どういうふうに森に貢献していたのか??


適度に森の木を切ることで木々の間に太陽が差し込む隙間ができます。

地面に光が当たることで土が肥え、山菜やきのこ、他の植物が育ち
人や森の動物たちに恵みを与え、森の動植物たちとの調和を保っていた。



そういう循環が昔はあったそうです^^



今は効率第一!!

一定範囲内の木をすべて切り倒し、材木にし、炭にし
紙にしています;;;



しかし、それでは循環は生まれません。。。






資源を使いすぎても循環しませんが
まったく使わなくても循環しない。。。。


考えてみれば当然のことです^^;

資源が減らなければ増える一方で循環もへったくれもない;;



循環型の社会、循環型の生活スタイルと言うものが
叫ばれる昨今ですが、循環させるとは資源のリサイクルなどではなく


   ”  自然との共存  ”


   ”  自然との対話  ”


   ”  自然との調和  ”




森林セラピーなるものがあります^^

人が森の中を歩くだけで、自然とストレスが発散され
楽になるのだそうです☆


森は人や動物のために酸素を作り出します^^
森の中はおそらく都会よりも酸素濃度が高いことでしょう☆

森の色と音、酸素と雰囲気・・・・それらが人に良い影響を与える!



では、酸素を作るのに必要なものは何か?


その一つは、人や動物が出す二酸化炭素です^^
植物は二酸化炭素を使って光合成して、自分のエネルギーとします!


人や動物には森や植物が必要です!!

それと同時に森や植物にも人や動物は必要な存在なんです^^



そうやって動物と植物が助け合って生きていくことで
大地が潤い、潤った大地は動植物に新たな恵みを与える^^


大地は生きている。


本当に豊かな大地、良い土は食べることもできるそうです^^

ワインを造る職人さんで、自分たちでブドウを栽培して
ワインを醸造している人たちは、大地の状態を見るために
土を食べてみる人たちがいるそうです!

その味の良し悪しが、大地の状態の良し悪し、ぶどうの良し悪しにつながる。


「サライ」の雑誌の中では土のスープや木の粉や
葉などあらゆる森の恵みを練りこんだパンを紹介していました^^


東京南青山の「レ・クレアション・ド・ナリサワ」


というレストランで食べられるそうです!






  ” 土地を愛せば、土地も人に恵みを与えてくれる ”



小説 「風の大陸」 での一節。



ぼくらは自分たちが住む、この大地の
愛し方を学ぶ必要があるのかもしれない^^


みなさん、森へでかけてみませんか?☆




    ”  そうだ・・・・森へ行こう・・・・・  ”



Cheers^^






おまけ


☆日本のすばらしい森 by サライ☆


西表島 (沖縄)


綾川峡谷 (宮崎)


雄島 (福井)


明治神宮 (東京)


富良野東大演習林 (北海道)


やんばる (沖縄)


屋久島 (鹿児島)


北山杉 (京都)


紀伊山地 (奈良 三重 和歌山)


飛騨高山 (岐阜)


上高地 (長野)


朝日連邦 (山形)


白神山地 (青森 秋田)


知床半島 (北海道)

  


Posted by Dice at 01:55Comments(4)

2011年12月02日

日本人にとっての神様☆

神さまってなんだろう??


日本の人は神さまをどういう風に考えているんだろう?



こんにちは^^

ここのところ、忙しく、コロコロと転がり続けて止まれないDiceです!


久々にブログを書くし、昨日やっと他の人のブログを
見る余裕もできて、ちらっとここ最近のブログをチェックしました^^w


さて、今日は以前から少し気になってた

 ” 日本人は神さまのことをどう思っているのか?? ”


ということを考えていきたいと思います^^


正直、これは多くの日本人の方の
意見が欲しいテーマではあるのですが・・・・・


おいらは学者ではないので、そんな調査はせず
思うがままに、感じたままに自分の意見を書いていきたいと思います^^




日本人は気軽に神頼みをします^^

何かを成功させたいとき、勝ちたいとき、危険を避けたいとき


神社や宮、お寺で・・・・・

とっさにその場で・・・・・

自宅の仏壇の前で・・・・・

天に向かって・・・・・

樹齢何百年と言う大樹の前で・・・・


しかし、特別、何かの宗教持っている人を除けば
日本人はあまり神さまと言うモノの存在を信じていません^^;



しかし、なぜか祈ります。



外国のキリスト教徒、その他宗教を持つ人は真剣に神頼みをします☆
こちらの場合は神さまを信じている上での祈りです☆


この場合は信じているわけだから、妥当なお願いと言えるでしょう^^





おそらく、宗教を持たない日本人に


「なんで神さまの存在を信じていないのに、祈るの?」


と聞いても・・・・


「さあ~??;;;」


としか、答えられないのではないでしょうか^^;




一重に昔からの習慣・・・・仮にも仏教徒だから・・・・

あるとすれば、そんな理由でしょうか^^;;



ここのあたりが、日本人は都合のいいやつらと
外国人から言われる所以ですね^^。。。


それはお祝い事や儀式に関してもそうです。


ぼくらは葬式に関しては仏教スタイルで行うのが一般的です。

昔は結婚式もいわゆる和風でしたが、今ではキリスト教スタイルで
行うのが普通になりました。


クリスマスもハロウィンも祝うし、正月、初詣、七五三もある!

なんかもう、気分は和洋折衷のコース料理です^^;


都合のいいときだけ神さまに頼り、宴会をする。。。
日本人のいいところであり、ずるいところです^^



このように冠婚葬祭、儀式、お祝い事は洋風なものも
取り入れたりはしていますが、日本は伝統的に仏教や和な
感じのモノが主体です。


結婚式にしても洋風で行っても、ご祝儀袋に入れて
お祝い金を渡しますし、洋風の式の中で和装をしたり
鏡開きをしたり、もうごちゃ混ぜではありますが、日本独自の
習慣が要所に入ってきます^^



なんで日本人はこんなに曖昧でいい加減に
神さまを扱うことができるのか???


おいらはその理由が日本古来の宗教、神さまにあると思っています^^




さて、みなさん。


神社とお寺の違いを説明できますか?^^

おいらもすべてを説明できるわけではありませんが
一つの大きな違いがなんであるかを知っています!


神社は日本古来からの神さまを奉り・・・・

お寺は仏教の神さまを奉っているところなんです^^!!



おいらもそうですが、神社もお寺も似たり寄ったりなもので
ほとんど同じモノのように扱う人、考える人が多いです。


しかし、よくよく考えてみると、全くの別物なんです!


神社は仏教を信奉していません。


仏教は元々日本にあった宗教ではなく
後から中国を経て入ってきた宗教なんです^^


仏教も元を正せば、ブッタの考えた哲学的なこの世の法則
を捉えた教えであり、宗教ではありませんでした。

それを仏教にしたのは弟子たちであり

それをさらに日本独自の仏教にしたのが
親鸞、空海などの過去の宗教家たちなんです^^



それはさておき、日本は古来より仏教ではなく


  ”  自然  ”

を神さまとして敬う、自然信仰でした^^

山や川、海、森、動物・・・樹齢何百年、何千年の大木、大きな岩など

これらを神格化し、自然に宿る神さまを儀式の際に
社(神社)に光臨させ、祈り、祝うと言うことを行っていました☆


元々はその社も儀式のときにだけ作られる簡易なもので
常にある建物ではなかったそうです。

それは神さまは自然の中にいて、社にはいないとされ
常日頃から社の前で祈ることをしなかったからでしょう。


祈るときは、山や川、動物、海、空などの神さまが宿る自然に対して祈り。

特別な儀式のときにだけ、社に光臨された神さまに
祈り、祝い、奉ったのです。


それは一重に、日本に住む人々が自然の恩恵をよく受け
自然の恐ろしさをよく知っていたからでしょう。



形なき、自然の力・・・・・

自然の法則、見えない力・・・・・


それが日本人にとっての神さまなんだと思います^^



そんな神さま観が根底にあり、昔から今に至るまで
日本人の魂に染み付いてしまっている!


だから、日本人は無意識に自然と祈ってしまう。。。

目に見えない自然の力に対して^^


八百万の神々と言われ、日本は昔から多神教☆

それぞれの土地や家。商売、出産、学問などの場面にあわせ
ありとあらゆる神さまがいます^^


それは、すべてにおいて自然の力、この世の不思議な法則が
関わっていて、その目に見えない大きな力を我が物にするために
神さまを具現化し、祈ってきたのだと思います☆



言ってしまえば、この世界にあるすべてのものが日本人に
とっては神さまなのではないでしょうか^^

キリスト教もイスラム教も他の宗教も、人の手の及ばない
力を持つ存在を神様として奉っている!


日本人はそれらも同じ、自然の力、自然の神さまと思っている。


だから、宗教にこだわらない。

宗教的な儀式にもこだわらず、冠婚葬祭どんなものでも
楽しいもの、美しいもの、良いものは取り入れてきたのではないでしょうか?^^



もっとも、経済的な背景やいろんなものが絡み合って
今の日本の文化はできあがっているのですが。


とはいえ、宗教色の強い国ではこんなことはありえないわけで
日本古来の自然信仰が日本人に柔軟な姿勢を与えたと言えなくもない^^



おいらは自然が好きだし、日本古来の自然信仰という
考え方はとても好きです^^


今回、神社と言うモノの起源を知ることができて
本当に嬉しかったです!


日本人は昔から正しい道を歩んできたのだ!

そして、おいらの考える神さま、おいらの理想である
自然との共存、自然の法則を知ること、幸せや人生について・・・・


すべてのモノがつながっていて、今回また
日本人の自然信仰とのつながりが見えた^^

また、新しく道が開けた感じです☆



      ”  神への祈りは人の意思の力  ”


      ”  意思の力は自然の力に通じ  ”


      ”  神への祈りはこの世を動かす  ”



強く願えば、願いは通じる^^


思い通りに世の中なるわけじゃない。

願っても欲しいものが手に入るとは限らない;;;

でも、願わなければ、信じなければ決して叶う事はない。


ある人は言いました。

 ” 神は人の祈りに答えるのではない・・・応えるものなのだ ”



Cheers☆
  


Posted by Dice at 12:59Comments(7)

2011年12月01日

ブログ記事改定のお知らせ☆


このたび、自分が今までの考えてきたことの

復習も兼ねて、今までのブログの記事の誤字脱字、わかりにくい

表現なんかを改定しました^^



改めて読んでみると・・・・・・


良いこと書いてるわ~、おれ(笑)


さすが、自分で感動できる文章を考えて書いているだけある!^^w



ですが、文章自体は支離滅裂だったり
言葉が足りなかったり、いろいろ読みにくいところもあり
また、新しくつけたしたくなった文章もあって
自分の復習もできて、良い改定作業でした^^


大きく変わったところはないけれど

割と大切な言葉が追加されたりしてたりします^^;


改めてもう一度読んでみたい記事
まだ、見たことがないけど興味がある記事がありましたら
ぜひぜひ、読んでみてください^^



カテゴリ一覧の中に今まで書いた記事の

タイトルとリンクをリストアップした


「カテゴリ別記事一覧」

http://naturallife.go-jin.com/c2425.html


がありますので、自分の興味ある記事を見つける
のに活用してください^^




  


Posted by Dice at 12:44Comments(0)