2011年10月31日

” 焦る心 ” と ” 時間 ”

おいらは最近、思うことがあります。


人は余計なことを気にしすぎる・・・・・・

気にするあまり、本当に考えなきゃいけないこと
本当にしなければならないことができずにいるのではないか?






みなさん、日々、時間を気にしながら生きていますか?^^


日本人の大半の人は日々、時間を気にして、時間に縛られ
時間に動かされているのではないでしょうか^^


時間に正確であることが、日本人の美徳のひとつと言えるでしょう!

が、一方で、それが日本人の欠点でもあります^^;



自分が時間を守る・・・自然とそれを他人にも強要する;;;


完璧であること、正確であることはある種すばらしいことだけど。

きちんとしすぎることは、自分や相手に必要以上の
緊張とストレスを与えて、すべてにおいて悪循環を起こします^^;




さて、今日のテーマは

” 焦る心 ” と ” 時間 ”



みなさん、時間に間に合わないとき・・・・焦っていませんか?^^

みなさんは急いでいるつもりでしょう・・・・

しかし、実際には焦っていて
空回りしているだけだったりしませんか^^;



おいらがよくやってしまうのは

電車の時間に間に合わない~~~!

と走って駅に向かうけど、着いてみると5分くらい
電車を待つことになるっていう^^;

早歩きくらいでよかったじゃん!!!みたいな(笑)





突然ですが・・・おいらの職場は結婚式場です^^

結婚式場での仕事もほかの仕事同様
時間とスケジュールですべてが成り立っています^^


そんな職場で働いていて、日々思うことがあります。

どうして、みんな時間を有効に使えないのだろうか?と。


仕事の上で時間に間に合わないことなんてしょっちゅうで
元々のスケジュールの組み方にまず無理があるのですが・・・

そうやって間に合わないと、特に責任者の人たちは焦ります^^;


お客さんに迷惑をかける・・・・

自分が怒られる・・・・・

お店が儲からない・・・・


などなど、理由は様々でしょうが何はともあれ焦るんです;;;



が、しかし!!!!

人間には手足が2本ずつ、頭はひとつしかありません。

どんなに急いでも、どんなにがんばっても
物理的な限界と言うものがあります;;;


それなのに、少しでも早く!!!


と、気持ちばかり焦り、目先の仕事を優先するあまり
後の事を考えません。


後の事を考えずに、整理整頓しないまま仕事を進めていきます。


すると、次の準備段階になって・・・・・

必要なものが見つからない、必要なものがそろっていない
通路が荷物だらけで通れず、人やモノの移動が遅れて仕事が進まない。

気がついてみると、手持ち無沙汰にしている
スタッフがたくさんいる。


結局はパーティが始められなくて遅れる。。。。



でも、責任者の人たちは目先のことを片付けて
満足して、それが最速だった、最善だったと信じるんです。

また、整理整頓ができてなくて遅れたことに気づいても
一般スタッフのせいにします。

ちゃんと考えろよ!と。


でも、目先のことを優先するように指示して
後の事を放置させたのは責任者なんです。



人間、焦っているとほんのちょっとの手間を省きたがります。


おいらは見てて思います。

片付けることに時間をプラスで5分使っても

次の準備がスムーズにできるのなら、準備は10分早く終わると。


片づけをいい加減にやって、次の用意がスムーズに行かないと

片づけが5分早く終わったとしても、次の用意は15分余計にかかると。








もう少し、分かりやすくおいらの職場の状態をお話しましょう^^



部屋を急いでキレイにしたいあまりに

押入れにポンポン投げ込んでいって、バタンと扉を閉める。

けれど、実際にお客さんが家に来たのは
押入れの扉を閉めてから15分後。


その間・・・・・

「あ~なんとか間に合ってよかった^^」

と、ホッとしてブラブラしてしまいます。


すると、お客さんが来て・・・


「キレイな部屋だね~^^素敵だね~」

と言いながらおしゃべりを始めます。


けれど、お茶の器が見当たらない・・・・・

お皿、お菓子が見当たらない・・・・・


あれはどこだったかと、いまさら押し入れは空けられない。

空けられるとしても、見つけるまでに
時間がかかってしまう^^;;;


結局はちゃんともてなすことができない。。。



こんな感じです^^



押入れに投げ入れるのは最悪良しとしても

必要なものは押入れに詰め込む前に
テーブルの上に一式そろえておかなければなりません^^


それができない;;;




本当に困ったものです。。。。



さらに、焦る、目先のことにとらわれることで
もうひとつ困ったことが出てきます^^;

それは失敗する可能性が高くなると言うことです;;


失敗すると、それをリカバーするのに時間をとられ
ゆっくりと作業をするよりも結果的に遅くなってしまうんです。





焦ると、失敗する、周りが見えなくなる、判断があいまいになる
仕事が中途半端になる・・・・・。


みなさん、焦ることでうまくいかなくなるということが
分かっていただけましたか?^^




さて、焦ってしまうことの原因は実際には2つあります^^


その1:知らないうちに時間に縛られている、洗脳されている


その2:責任を取る覚悟がない




日々を時間とスケジュールで活動する日本人は
特に理由がなくても、時間が迫ると言うだけで焦ります;;;


責任を取る覚悟のない責任者、スタッフは

怒られる・・・・

給料減らされる・・・・・

周りから非難される・・・・

等の恐れから、視野が狭くなり、周りが見えなくなって焦ります。






では、どうしたらいいのか?^^


答えはシンプルです!


” 責任を取る覚悟を決めること! ”


” モノゴトの本質を見ること! ”





*この2つは別の視点で以前にブログを書きました^^

気になる方は見てみてください☆



” 生きる覚悟 ”

http://naturallife.go-jin.com/e24309.html


” 本質と事実 そして魂☆ ”

http://naturallife.go-jin.com/e25087.html







急ぐこと・速く動くことと、焦ることはまったく別物です!!

大切なのは冷静であること。


冷静に効率よく動き、指示を出し、全体をよく見て
必要不要を判断をしっかりして、時間とのバランスをとること!



さらに、こと接客業においては
急がず優雅に振舞うこともサービスのひとつ^^

急げば、お客さんも急かされている
気分になってしまうからです^^;

笑顔で優雅に☆



そうすることで、初めてよいサービスと言うものができると思います^^



さて、ここまで自分の仕事の中で気になったことを

話してきましたが・・・・・・・






 ” 焦らない ” 




というのは仕事のみならず、日々の生活や
人生全般に関していえることです^^




結婚にしても、就職にしても、お金を貯めるということにしても


みんな、あれやこれやと理由をつけて焦ります;;;



けれど


時間よりも・・・・


早く目的を達成するよりも・・・・・・



大切なことが本当はたくさんあるはずなんです^^



三十路が迫って、早く結婚しなきゃと焦る女性;;;

でも、30歳前に結婚することよりも
本当に愛する男性を見つけること、幸せな結婚生活を
送ることの方が大切なはずです^^

焦って結婚して、うまくいかずにすぐ離婚
なーんてなっては意味がないです;;


そして、結婚相手を見つけるにしても
自分がステキでなければなりません☆

歳を気にする前に、自分がステキな女性かどうかを
気にするべきです!!^^







早く就職して、安定した収入を得なきゃと焦る人・・・・・


嫌な職場にムリムリ入ってしまい、長く続かない;;

我慢して無理やり嫌な職場で続けて、ストレスで病気になる。


どんな理由で焦っていたのか分かりませんが
病気やストレス発散のために、お金と時間は飛んでいく・・・・

仕事も休みがちになるだろうし、クビになるかもしれない。


体が悪いと遊ぶにしても制約が出てくる!


嫌な職場に入ってすぐに辞めてしまえば、また一からやり直し;;



どちらの場合も最初はいいけど、後が続かない;;;
これでは安定した収入を得ると言う目的は達成されない。









何か目的があってお金を貯めなきゃ!!!と言う人☆


大抵の場合


旅行に行きたい、新しい家が欲しい、車が欲しい 等々・・・・


物欲、もしくは何かの娯楽が目的でお金を貯めます☆



もちろん、一生懸命貯めて欲しいものが手に入ったときの
達成感はすばらしいし、すごい努力だと思います^^

けれど、所詮は形ある物・・・・・・、一時的な楽しみ。。。

車や洋服は流行もあるし、破けたり、壊れたり、盗まれたり
するリスクだってあるし、いつかはなくなってしまうもの。。


旅行も行けば楽しいし、いい思い出になる!


けれど、そのために毎日12時間働いて!とか


過度の労働で日々を楽しむことをしなかったら
おいらは本末転倒な気がします^^


物欲にしても、娯楽にしても、人生を楽しむためにすること!

ならば、特別焦る必要はない^^


日々を楽しむことの方が早く目的のモノを手に入れることより
大切なんじゃないかとおいらは思います^^



また、大きな病気のお母さんの治療のため!!とか

そういう理由の場合・・・・確かに急ぐ必要がある!


でも、仕事をしすぎて過労で自分が倒れてしまえば
これまた元も子もない;;;

急がなきゃいけないとしても加減が必要です^^☆






今、あげた例以外にも、日々の生活で、人生で

知らないうちに、ただ、焦ってしまうことがあると思います^^


おいらだってそうです^^;;


どんなに焦ることがあるんだ!

って自覚していても

自分ではなかなか気づかないものです^^;



焦らないようにするためには、まず第一に・・・・


 ” 何がどうなろうと、目的を達成する! ”

という覚悟が必要です^^


その上で、冷静になって周りをよく見て考えないといけません!




仕事においては1時間に一回

立ち止まり考える時間を5分とりましょう!



日々の生活においては一週間に一日

立ち止まり考える時間を作りましょう☆



また、人生においては1年に一回

立ち止まり考える時間を作りましょう^^☆








   ” 時間は無限にあるわけではないけれど・・・・”



   ” 時間は貴重だけれど・・・・・ ”



   ” 気にするほどの価値はない ”



以前にブログのコメントの返信で書いたこのセリフ^^
自分的にも大ヒットです(笑)


Qちゃんも言ってます^^

「幸せは歩いてこない だから歩いてゆくんだね
一日一歩三日で三歩 三歩進んで二歩さがる」


みんな☆  急がず、焦らずゆっくり歩こうよ^^



Cheers☆


  


Posted by Dice at 10:07Comments(2)

2011年10月29日

世界の食料★

いつも文章が長いことで有名なおいらのブログ^^;


今日は簡単に・・・・・


今朝、TVのニュースで世界の飢餓人口について
やっていました。


飢餓に苦しんでいる人がたくさんいることは
知っていましたが、実際に数字で知るのは今回が初めて!


世界の飢餓人口は約9億6000万人。

日本の人口が約1億6千万人。日本の人口の6倍の人が飢えている・・・・。


これもおそらく調査できる範囲での話だと思います^^;

実際にはもっといるのではないかと思います。



そして、飢えている人たちが食べられない理由は
細かく言えばいろいろなんでしょうが
とにかく、食べ物自体がないとのこと。。。


おいらは今まで、食料がないことはないと思ってました。
いろんな事情でいきわたらないだけだと・・・。


実際、探せばいくらでもあるような気もしますが・・・


おいらも飲食業をやっているので
大量の生ごみを捨てるのを毎日のように見ていますし

先進国の飲食業界全体で見れば
それこそ大量の食料が確保できる気がします。


先進国では食料の備蓄の量もたくさんあることでしょう。



自分で飲食業をやっていて言うのも何ですが
本当にこうやって捨てられる食べ物を飢えている人に
あげることができたら・・・・と思ってしまいます。



そして例え、そういう無駄に使われている食料を
飢えている人たちのために確保してまわしたとしても
もしかするとまだ足りないかもしれません。

中国、インドとこれからもっと人口も増えてきますし^^;



以前、お話した、ベジタリアンになり
肉の消費量を抑えることで、食料が増えるという話も
かなり真面目に考えなければならない問題だと
認識させられました。。。


さらに、飲食業も変わる必要はあると思いますが
そのためには消費者の意識が変わる必要があります。


飲食業は消費者が求めるからこそ
食料を無駄に廃棄してしまうほど、たくさんの料理を
作り、提供するのです;;



ぼくら日本人は食べることは幸せだといい
飲食店にいってはおいしいものを食べ、肉をたくさん食べ
なおかつ、残して食べ物を無駄にします。


確かに、幸せかもしれないけれど
生きるのに必要な分以上の食べ物というのは
言うなれば、贅沢の部類です;;


そして、食べ物に関して極端な贅沢をしなければ
多少の贅沢は許されるはずです。




日々、肉を食べる量を減らす・・・・


飲食店では残すほどの料を頼まない・・・・


売り切れであったりしても文句を言わない・・・


飲食店側は商売というものもあるのかもしれないけれど
過剰な食料のストックはやめる・・・・




人間欲をかくとろくなことにはならないといいます。


現代では慈善的な行為は商売においても
プラスになる時代です☆



みなさんも、食料のこと考えてみませんか?

自分のできること、して見ませんか?^^



Cheers☆


  


Posted by Dice at 07:39Comments(2)

2011年10月25日

自由と平和の結晶☆

だいぶ前から、やろう!やろう!
と思って先送りにしてきた・・・・・・・・


まず、何で飲むかを迷ってた!!^^



これです!!



バランタイン30年☆


ここ最近、円高でかなり安くなっている
バランタインシリーズを2本買いました!^^

それがバランタインの30年と21年☆


以前、ご紹介したバランタイン17年グリーンボトル
よりもさらに熟成年数が上の世界でも最高のウイスキーと
呼ばれる一本!!!

昨日、ついにこれを飲みました^^☆


しかし!!

注目すべきはそこじゃありません!!



わかりますでしょうか?グラスの中の氷^^



こいつこそ、今回、最高の脇役!

南極の氷☆


だいぶ前にもらい、うちの冷凍庫に入っていたのですが
うちの冷蔵庫の温度が高めなのか・・・・

少しずつ溶けて小さくなっていました^^;


早く使わなければと思いつつも、いいお酒が手に入るまで・・・・

と待ちました^^



最初はバランタインの17年と思いましたが

なかなか決心がつかず・・・・


バランタインの30年が手に入り・・

今しかない!!!



と、ついに実行に移したんです^^


最高の一杯!!


スコットランドの天然の水を使い

30年熟成され、地球の恵みをめいっぱい吸い込んだ
複数のウィスキーをブレンドしてできた

バランタイン30年☆


スコットランドの空気と水と大地の恵みの結晶!


太古の時代から永遠と凍り続けてきた
南極の氷、そして、そこに閉じ込められている空気☆



しかし、最高のウィスキーと言えど、所詮はウィスキー!!

確かにうまいけれど、わかる人にしかわからない味;;;


ですが、これぞ大自然の作り出した
エンターテイメントといわんばかりに・・・


パチパチ!! パチ!  パチパチパチ!!




氷の中に無数に閉じ込められているたくさんの気泡が
氷が溶けるとともにはじけて音を鳴らします^^


まるで長年の眠りから開放されて喜んでいるかのよう☆


最高のウィスキーと出会った、何億年も前の氷と空気!

古代の地球の空気という自然のアロマと

それが開放されてはじける楽しげな音^^


その味はまさしく、歴史を感じさせてくれる味^^


人間の作り出したウィスキーにも様々なストーリー

歴史が刻み込まれています^^



抵抗の酒と呼ばれたウィスキー☆

かつて、ウィスキーは自由に造ることができず
税金もベラボーに高かった;;;


人間は昔から自由に憧れ・・・・・・自由と平和、愛

そして、何よりも幸せを求めて来ました^^


南極に行くことができて、南極の氷を自由に持ち帰る
ことができて、それをはるか遠くの外国から届けられた
お酒とともに味わう☆


こんな贅沢で夢のようなことができるのは

まさに自由と平和の象徴ではないでしょうか^^


あれ??愛はどこにあるの???

ちゃんと人の愛はウィスキーに込められています^^☆



氷の中の空気がはじける音はものの見事に

ぼくらの先人たちが作り上げてきた、自由と平和を祝福しています!





世界を味わう幸せ☆


これから先も伝えて行きたいですね^^




     ” 世界を味わうとき、人は世界を知ろうと思う ”



Cheers☆


  


Posted by Dice at 21:08Comments(2)

2011年10月24日

死者を悼む心・・・・・☆

今回のテーマは

 ” 死者を悼む心・・・・ ”


前回との絡みのあるテーマをここぞとばかりに

お送りしたいと思います^^


別れの多い、2011年・・・・・。


本当に久しぶりに葬式も参加しました。




葬式に付随して、初七日、四十九日、百か日などの法事。

お仏壇やお墓など、いろんなことをやります。


これが、一般的な日本でのお葬式。。



すべては亡くなった人のため・・・・・

きっと普通の人はそういうでしょう^^;



ですが、葬式やお墓を始め、人が亡くなったときに

行われるすべてのことは生きている人のためにあると思います^^


慰めるのは死者の魂ではなく、生きている人の心☆



おいらはそう思います^^



なぜなら、死んだ人の心は誰にもわからないから。


葬式をして欲しかったのかどうかもわからない。

お墓に遺骨を入れてほしかったのかどうかもわからない。

どんなお墓がいいのかもわからない。


死後の世界、魂、そういうものがあると言う前提の元で
死者の気持ち・・・なんてことを考えたりしますが

もしかしたら、死者の世界はないかもしれない。

魂は存在するかもしれないけれど、現世と同じ人格では
ないかもしれないし、そもそも魂と言うモノが人の人格を
もっているとは限らない。


そして、現世において行われることは、やっぱり現世の人に
大きな影響を与えます。




人は亡くしてしまった人との別れを惜しみ・・・・
少しでもその人の存在を感じて、亡くした悲しみを癒すために

死者の世界を想像し、死者の気持ちを考え

墓と言う目に見える存在を作り、祈り、話しかけ

自分の気持ちを慰めるのです。





ここで、我が家の場合を少し話したいと思います^^

正直、ひどい話です。半分愚痴です;;;


我が家は神様、仏様なんてまったくもって信じていませんし

興味がないもいいとこ!!


仏教の葬儀に関わることをほとんど知りません。


それでも、うちの親は仏壇買わなきゃ!!

墓を立てなきゃ!法事をしなきゃ!!!


と言って、必死に親戚の人に聞いて、聞いたままに実行しています。



もう、そこには死者の気持ちなんて入り込む余地はありません。


まず、知らないことだらけで、不安で緊張して、おどおどして・・・

こうしなきゃいけないんじゃないか、ああしなきゃいけないんじゃないか・・・・




そこにある不安や緊張は

うまくできなくて、やり方を知らなくて、ちゃんと儀式を
やってあげられないという

亡くなったモノに対する申し訳なさとか
知らなかったことを悔やむ気持ちなどではありません。


完全に世間体。親戚、隣近所の人の目!



亡くなった弟はおいらの知る限り、神様なんかクソ食らえ!!

というタイプの極端な現実主義者でした。


ひねくれてたこともあり、葬式も墓もいらない!
そんなことに金をかけるのはバカバカしい。
そういうタイプの人間です。


どちらかと言えば、墓も葬式も望んではいなかったと思います。


おいらの想像ですが、葬儀にお金をかけるくらいなら
親が楽できる何かにお金を使って欲しいと思ったことでしょう。



ですが、親は弟のためと言い、弟のせいにして
そういったことをやってきました。

正直、親はぼくら子どものことを何も知りません。


まず、興味がないんです。

自分たちは奔放に、自由にやらせているだけのつもりでしょうが
ぼくから見れば、子どもに興味がないと言うふうにしか映らない。

親にとって興味がないのは先ほどお話たとおり
子どもだけでなく、人全般です。

お父さんに関しては何かを聞くと言うことをまずしない。

お母さんは聞いたりはするけれど、理解しようとはしない。
深くは突っ込まない。



今日、葬儀などでお世話になった親戚の人たちと一緒に
お礼の意味をこめて、食事会を開きました^^

ぼくとしてはとても楽しい時間で、親戚同士の交流も
年に1回くらいあってもいいんじゃないかと思ったものです。


でも、うちのお母さん、お父さんはこれでやっと終わりにできる。

そう言います。



仏教に興味もなければ、親戚にも興味がなく

そもそも、人付き合い自体が面倒で嫌だと思っています。


そのくせ、口ではお世話になったからと言います。
できれば、関わりたくなかった人たちなのに。



そんな気持ちで宴会開いてもてなされて
いったい何が嬉しいのでしょう;;;


また、宴会中、親戚の人がうちのお父さんに
ぼくに関することを聞いていました。

その答えにお父さんは簡潔に一言・・・・

「わからない。」




弟が亡くなってから、今日まで・・・・

何度も思いました。。。何なんだろう?この人たちは!?


一度は本気でキレたこともありました。




そんな親です。そんな家庭です。


さて、ここで本題のほうに話を戻して!!

そんな親ですが、当然、弟の死はすごく悲しんだし
その慰めとして葬儀や、仏壇なんかも大いに役に立っています!^^


親の場合、自分を慰めるためにはまず、世間体を守らなければ
ならなかったということです。

そこで余計なストレスをためない。

その上で、仏壇やお墓など目に見えるモノを使って
自分を慰めています。


もっとも、不器用なお父さんの場合は、そんな仏教的なこと
ではなく、日々、体を動かし、人助けをして感謝されることで
自分の心を慰めています。



誰が何と言おうと、死者に対して行っているすべてのことは

今を生きる人のためにあるのだ!!

と、言いたいです^^



亡くなった人のためではないなんていうと

抵抗のある人もいるかもしれませんし

ひどい!なんて言う人もいるかもしれません^^;



でも、決してそれは悪いことではないと思います☆



どんなに亡くなった人のためにお金をつぎ込んでも

どんなに大切に思い、名残惜しんで毎日のように祈っても

その人の魂がすくわれたかどうかなんてわかりません。


第一、そんなに熱心に墓参りしたり、死者を思い出して
悼んでいる人が現代にそんなに多くいるとも思えませんし;;

(現代は日々が忙しすぎて、過去の人々を思い出す暇なんてないです)


いなくなったしまった人はもう戻ってきません。

何も言ってはくれません。



お墓参りしたり


思い出して悲しんだり


思い出して懐かしんだり


お墓をキレイにしたり



そういうことはすべて、生きている人の心を救う行為なんです^^


言うなれば、葬式や埋葬の仕方はどんな方法でもかまわないんです。

残された人たちの心が救われるのであれば
葬式なんかしなくてもいいかもしれません。


だから、最近、桜の木の根元に遺骨を埋めて
その桜の木をお墓代わりにしよう!春に花見をしながら
宴会して、供養をしようという人たちが出てきています^^

おいらはそんな供養の仕方はなかなかステキだと思います☆

しんみり感傷に浸るのはいいけれど・・・・
お墓参りでどんより暗くなっても誰も喜びません。


沖縄ではお墓が本土とは違って、墓石があって
その墓石の前に円状の広い空間があって、そこの前で
親戚一同集まって宴会をして供養するのだそうです^^





やっぱり大切なのは死んでしまった人よりも生きている人です!!



亡くなった人は本当に無念だっただろうし

何とかその心を救ってやりたいというのは人情です。



そして、昔からそうやって人は先人たちの意思を継いできたんです!



もし、亡くなってしまった人のためにできることが

あるとするのなら、それは葬式やお墓を作ることではなく・・・・


亡くなってしまった人の生前の意思を
少しでも汲んであげることです^^


前回のブログでも話しました。

生きるということは自らの意志を守り、貫く道だと☆


ぼくらが何故、ここまで進歩し、進化してこれたのか??

それは先人たちの意思と心の連なり・・・・・


先人たちの意思が受け継がれ、連なってぼくらの心

ぼくらの命が作られているんです^^



よく、ドラマや小説で


「あいつはおれの心の中で生きている」


と言うこのセリフは、そういうことなんだと思います^^



生きるということは、意志を貫くと言うこと・・・・

  ” 命 = 意思(心) ”

その意思を受け継ぐということは、その人の命を受け継ぐと言うこと^^


今まで生きてきた人の命は

すべてぼくらの心の中で生きています!


死者を悼む心は、死者の命(意思)を受け継ぐ心☆






   ” 人の世で受け継がれるのは肉体のみでなく・・・ ”


   ” 受け継がれた命(意思)は未来の幸せへつながっていく ”


   ” 人はいつの世も幸せを求める者だから・・・・・ ”


みんなで幸せになろう!^^


Cheers☆  


Posted by Dice at 00:40Comments(4)

2011年10月22日

命と生きようとする意志!!

別れの年・・・・・


今年はそんな年です;;;


去年の4月、おいらがまだオーストラリアにいたころ
我が家で一番かわいがってた猫が突然、心臓麻痺で死にました。


今年の5月20日 弟が交通事故で死にました。


4日前・・・・2匹いるうちの一匹、17年くらい生きた茶虎の猫が
死期を悟って、姿を消しました。

猫は自分の死体を他人にさらしません。

元野良猫でものすごく猫らしい、猫でした!
いつも毅然として誇り高く、堂々としていました。

そんな誇り高い猫らしく、堂々と去っていきました。

しかし、その前兆はちゃんと飼い主に知らせて;;


本当に今は亡き我が家の猫、ポチを誇りに思います!

そして、今までありがとう!

そう、お礼を言いたいです^^



いろんなものが自分の前を過ぎ去っていきます。。。




人も動物も生き物である限り、いつか死にます。

命のない、無機物だっていつまでも存在することはなく
いずれ、壊れたり、消滅したりします。


時と共にすべてのモノは去っていきます。

早いか遅いかの違いはあれど;;




そんな切ない世界の中で、命あるものは生きるために
永遠と死ぬまで努力をし続けます!


流浪人剣心でも言っていました!

「生きようとする意志は何よりも強い!」



そんな生きるためにのみ存在するはずの命ある者の一つである
人間は時として、自ら命を絶とうとします;;


何で自ら命を絶とうとするのか?

人によって理由は様々かもしれない。


おいらも、そこまで切羽詰って本気で考えたわけでは
ないにしても、真剣に死のうか・・・自分が死んでも何の問題も
ないのではないか?って考えたことはあります。



おいらが、自殺を考えたとき、どんなことを考えていたか??


天上の神様の視点で客観的に地球や宇宙
この世界のすべてを見たとき・・・・・

世界は何もないところから生まれ、宇宙ができて、星ができて
地球ができて、地球に海ができて、生物がうまれ、進化して人が
生まれて・・・・・


この先、どんなことが起ころうと何千兆年後・・
もっとさきかもしれないけれど、果てない先の未来には
地球はこの世から消え、太陽も消え、果ては宇宙も
消えてなくなる。

その後、どうなるかは想像もつかないけれど
結局、ぼくらが何をして何を残そうと、最終的に何も残ることはなく。


また、一人の人間が生きる約100年と言う短いスパンで見ても
多くの人間が死んで、生まれてを繰り返し・・・・・

寿命を全うしないで死んでしまうものも多数いて・・・・
そうして、死んでしまっても、残されたものは生きていくしかなく。

また、誰かがいない環境にもいずれ慣れ、悲しみも薄れ
やっぱり、命ある限り一生懸命行きていく。


つまりは、例え不幸にも自分が自殺したり、失踪したり
したとしても、この世界に大した影響は与えない。

いや、その影響自体が大して意味のなさないことなのだ!


自分が辛くて、辛すぎて死んでしまったとしても何の問題もない。


なーんてことを考えました。



あのころ、何故かはさっぱりわからないのですが
まるで意識がものすごく空高いところへ行って、神様にでも
なったみたいに、客観的な視点の極地ともいえる状態に
すーーーっと、一瞬なることがあったんです;;;


そんな状態になった直後はものすごく怖くなりました;;;
まるで、見てはいけないものを見たような・・・・。

不思議です・・・・・。




最終的には、確かに自分の命一つなくなっても大したことは
ないかもしれないが、やっぱり死ぬのは怖い;;;


という結論に落ち着いて、どうせ生きるなら楽しもう!!^^
死ぬ気になったら、何をするにしたって恥ずかしいとか怖い
なんてことはない!!!


と、一転、ポジティブになったわけです^^(笑)




勘違いして欲しくないのは、人や動物の命が尊くない
と言っているのではないということです^^

私も命が尊いと感じるし、そう思います!


でも、それは自分が ” 命 ” ある生き物だからそう感じるんです!


生き物とはまた違う存在の視点・・・・

神様の視点、宇宙全体、そして、この世界の始まりと終わり
というものすごく大きな視点で世界を見たとき・・・・

それは人の一生や命というのは大した問題ではないということです。




なんだか、難しい話になってしまいました^^;;

普段はなるべく、こういうことを書かないようにしようと
してるんですけど、今回話したい内容の都合上・・・・・・・

そして、自分が考えてきたことを話したいという思いがあって
あえて、話すことにしました^^



今回のテーマは


  ” 命と生きようとする意志 ”


です^^


自殺をする人はなぜ、自殺をしようと思うのか?


何かしら自分の思い通りにならないことがあって・・・

その困難な壁を自ら打ち破ることができず・・・・・

辛くなって、精神的に追い込まれて・・・・・


何かをしたい!!何かを訴えたい!けれどできない!!!


そんな強い意志が命あるものの奥の手である

       
           ” 死 ”


を利用しようと言う風に思いつくのではないでしょうか。



おいらは自殺をする人は何らかの理想、何らかの訴え
何らかの自己満足的な意思や考えによって自殺すると思っています。


そもそも ” 生きる ”  とはどういうことでしょう?



夢や理想、目標、何かしら成し遂げたいものを持って前に進む・・・・


それが生きる・・・ということなのではないでしょうか^^



別に夢や理想なんて大そうなものでなくたっていいんです!

おいしいものを食べたい!恋いしたい!たくさん、人と話したい!

どんなにネガティブな人であっても何かしらの願望は持っているものです。


引きこもりの人は、人に会いたくない、部屋にずっといたい!
そう思っていることでしょう^^



その願望がポジティブなものであれ、ネガティブなものであれ・・・

実現できない!!自分の意思がないがしろにされ、思い通りに
ならない・・・・もう、どうしようもない!!!


そう思ったときに、人にもっとも影響のある


    ” 命 ”


を使おうとするような気がします。



命が尊いものであるからこそ、その命を使って何かをしようとする!


例えば・・・・・

大学受験に失敗して自殺する人は

その時、その人にとって大学受験に合格することが


 ” 生きる ”

と言うことなんです。


失敗すると言うことは死ぬのと同じこと;;;

命を絶つことで、失敗を帳消しにして
その人にとっての ” 生きる ” を守ろうとするんです!

それが周りから見て、どんなにばかげたことであっても;;;


自分の意思、自分の思いを守るため、どれだけ大学受験に
失敗したことが無念だったかを訴えるために命を使います。




ここでおいらが言いたいのは

人の持つ  ” 意思 ”  や  ” 思い ”  ” 願い ”

と言うものは、命に匹敵するほど大切なことなのだと言うことです。




人はなぜ生きるか?

もちろん、生きるために生きるのですが・・・・


もう一つ!自分が自分であることを維持するため!

 ” 意思 ”  や  ” 思い ”  ” 願い ” 

を守り、貫き通すために生きてるんです!




ここで、一つの本を紹介したいと思います!

そもそもの今回のテーマの発端はこの本!


「ベロニカは死ぬことにした」

パウロ・コエーリョ著



この本の概要


すべてに恵まれた、極々普通の女性が
突然、自殺を図ります。

理由はあまりにも平凡すぎる人生。
毎日、同じことの繰り返しで、将来が完全に予測できてしまう人生。

睡眠薬を使っての自殺は結局失敗に終わり
目を覚ましたときには精神病院に入れられていた。

そこで、ベロニカは睡眠薬自殺の後遺症で余命1週間と宣告される。

余命1週間と言われたベロニカは自ら死のうと思ったにも
関わらず、死を恐れ、思い通りに行かない人生を呪った。

病院内での新しい人との出会いや、精神病院という
特殊な環境、死を目の前にする恐怖などの影響を受けて
新たな自分を発見する!


かつて、自分の人生に絶望したベロニカは
心機一転、今までいかに自分にウソをついて生きてきたかを悟り
残りの1週間を精一杯生きようと覚悟する!

最終的に心が開放されたベロニカは強い生きる意思と
生命力をもつようになる。



めでたし、めでたし^^


ベロニカは死ぬのに、なんで、めでたしなのかって?^^


死なないからです。



余命1週間と言うのは、精神科の病院の先生が
自分の理論を実験で証明するためについたウソだったんです^^;

はっきり言って、非人道的であまりにも乱暴な方法です。
リスクもかなりあります!!


しかし、先生は考えたんです!

うつ病患者のような生きる意志や生命力をなくしてしまった人に
再び、生きる意志を持ってもらうためにはどうしたよいか??


答えは・・・・・” 死 ” です。



人は ” 生きたい ” と思うように・・・・


人は ” 死ぬのは怖い ” と思うように・・・・


作られています。


だから、あと少しで死ぬと言われたみたいに
死を意識すると、必死で生きようとする!!


それを利用した治療法だったわけです。


うつ病の人がなぜ、うつ病になるか?
それは自分の意思、生きる意味を守ろうとするから
なのではないかと思います!

つまりは、うつ病の人なりに生きようとした結果が
活力の低下につながって、うつ病になってしまうのかもしれない。




たまに小説で自殺を止めるシーンでこれと同じ理論を
使って、自殺を止めることがあります!

おいらが読んだ本の中で一番、極端だったのは・・・・


ある女の子が自殺をしようとビルの屋上でビルの淵に
立って、「近寄らないで!!!」「こっちに来たら死ぬわよ!」

と言っているシーンである男が・・・・・

「おれはあなたの自殺を止めるように上から言われた」

と言って、おもむろに銃を突きつけ

「これは本物の拳銃だ。もし、君が自殺するというなら撃つ」

「仮に撃つより早く飛び降りたとしても、地面に到達するまえに
射殺する」

「つまり、君は絶対に自殺できない!5秒まとう!さあ、どうする?」



そう言われた女の子は死を恐れ、あまりのことに混乱し
力が抜けて、へたり込み・・・自殺を諦めた;;;

なーんていう、ストーリーでした^^;

本当にあまりにもひどい話で泣けてくる;;;;




自殺だからこそ、苦しくない死を選ぶことができる!

自殺だからこそ、自分の意思を全うし、自分の意思を守ることができる!

だから、死のうと思える!

その人にとって、自殺とはその人が生きる唯一の方法だから!



けれど、これが自分の意思に反したタイミングや方法で
他人に殺される、もしくは病気や事故などで不本意に死ぬのは
恐怖だし、嫌なんです。。。

それは自殺とは違って ” 生きるための死 ” ではないんです。



人は何がどうなろうと、生きようとしているんです^^

それは自殺を考えてる人だって、うつ病の人だって同じです!


そして人の ” 意思 ”   ” 思い ”   ” 願い ”

は命に匹敵するほどに人が生きるうえでは大切なことであり


ある意味


  ” 命 = 意思(心 or 魂) ”

と言える^^



みんなが考える命とは物理的なモノ☆


そう!、もし、体が動いて話すことができたとしても
そこに魂や心、意思がなければ、それを命とはいわないのでは
ないでしょうか^^

ただ、動くだけの存在をぼくらはロボットと言いますよね^^?




今回、この文章を書いたことで

また生きるということの新しい側面を
見つけることができた気がします^^



自殺にしてもうつ病にしても確かに強く生きようとした結果です^^

けれど、やっぱり自殺やうつ病が良いことだとは思いません!

人は最後の最後まで物理的な命を守るべきです^^

死んでしまえば、そこで自分の意思も消えてしまうから☆




死の存在が遠くなっていく現代では

それに比例して、生きる意志も弱くなっています;;;


人は死の存在を知って初めて生きようとすることができる^^

周りで命が失われると、人は感じ始める・・・・生きなければ!!と・・・・。



   ” 生きるということは魂を守るための戦い ”


   ” 生きるということは意志を貫くための道 ” 


   ” 命を救うとは魂をすくうと言うこと・・・・ ”



信じて見ませんか?^^

どんな人もみんな、心から生きたいと願っていると☆



Cheers☆  


Posted by Dice at 01:26Comments(8)

2011年10月20日

心に響く オカリナの音☆

先日のブログでもお話したとおり


最近、オカリナを買いました^^



出会いは鎌倉の小町通でした☆


小町通の店舗の一部は短期で貸し出す
貸し店舗になっているようで、一部の店舗は頻繁に
入れ替わったりします^^


小町通とは??


鎌倉の鶴岡八幡宮へと向かう駅前の通りで
有名な八幡様へ続く若宮大路(大通り)よりもひとつ駅側の通りです。

古くからある伝統的なお店から、新しいお店、老舗のお店が
新しい試みをしているところなど、本当にさまざまで
面白いお店が集まっているのです^^


鎌倉にしても下北沢にしても、ここぞと言う場所には
個性的なお店が集中的に集まるんですね~^^

最近そんなことを思います☆



話はそれましたが、そんな小町通の貸し店舗のひとつで
たまたま、オカリナ職人さんがお店を出していました^^


前々から気になっていたオカリナ☆

偶然?にも少し前に上野のあたりを散策したときに
上野公園でオカリナの演奏を路上でやっている人がいて
いい音を出していたんです^^


入ってみてみると、おばちゃんが熱心にオカリナ職人さんと
話をしていました^^おばちゃんも相当オカリナが気に入ったご様子^^


おばちゃんが話している間、狭い店内に並べられている
オカリナを見ると、一般的に知られているオカリナとは形が違う!!


おいらのイメージはゼルダの伝説に出てくる感じのオカリナ!!

片側が細めの楕円形に山型の吹き口がついているやつ^^


ベーシックの形は落ちる途中の水滴のように
下が丸くて、上が少し細くなって吹き口になっている感じ^^

陶器製です。




そのほかに、アザラシ型、猫型、ふくろう型、貝殻型などが
あってそれぞれ形が違うから当然、音も違う^^

全体的に大きいものが低音で小さいものが高音です☆


ただ、形によって・・・もしくは同じ形でも出来具合の
微妙な違いによって音が変わってきます^^



ベーシックなしずく型はオカリナ発祥の地と言われる
南米のものだそうです^^

ぼくらがイメージするオカリナはヨーロッパに渡って
クラシックを吹くために改良されたものだそうで^^;


ちょっと突っ込んでみると、確か、ゼルダの伝説の舞台設定は
南米だったような気がするんだけどな~;;

なぜか、ヨーロッパ型です^^



何はともあれ、しずく型のほうがシンプルで簡単に吹けそうです^^



さて、フラフラと見ていると、おばちゃんと話しながら
職人のおいちゃんはいろんなオカリナを吹いて音をおばちゃんに
聞かせています^^


それに便乗して・・・


「いい音ですね~~」


と会話に入っていくと・・・・


「いい音でしょ~、もう私、感動しちゃって!」

「そう!大きい低音のオカリナの音がいいのよ~!」

「是非、聞いてほしいわ~」


ともう、興奮状態で熱弁です^^

ちなみにこのおばちゃん、話してみると最寄り駅が一緒で
割とご近所さんでした(笑)

習い事でこれまで、ギターに琴、絵画をやってきたとのこと☆
なんか、趣味をエンジョイする専業主婦の見本みたいな人です(笑)



さて、おいちゃんは大きいオカリナを手に持って吹いてくれたのですが・・



          ・・・・・・

            ・・・・・・


 
        ” ぷぉ~~~~~~ん ”


               ・・・・・


じ~~~~~ん!!!


って、鳥肌が立ちました☆



別に何か曲を演奏したわけじゃないんです。

ただ ” ド ” の音を出しただけ!!



体に響き、心に響く音!!


ただ、音だけでこれだけ感動できるなんて!!


すごすぎて、神秘的でさえあります☆

ただの音で人はここまで感動できるものなのかと・・・・



もし、自分が南米の古代人だったなら

この音を神の声と呼んでいたでしょう☆


この後、ほんのちょっとですが曲も吹いてくれました^^


もう、最高です!!!^^



その後、おばちゃんの


「体験できるのよ~、吹かせてもらいなさいよ~~」


という一声で体験をしてみることに^^
してみたかったので、自ら申し出る手間が省けた(笑)


吹いてみると本当に簡単にふけます!!

きごちないながらにハッピーバースデーの曲が
ちゃんと音楽として聞こえる程度にすぐふけるようになりました!


前々から気軽に持ち歩けて、簡単に演奏できる楽器が
欲しいと思ってました^^

音楽は好きだけど、どの楽器も携帯には向いてなかったり
演奏するのが難しかったりで、なかなか始めることができなかったんです!



この瞬間、買いだ!!!!

と、心を決め品定め開始!!^^


おいちゃんはオカリナの演奏家でもあり、生粋の職人さん!
商売よりもオカリナを楽しんでもらいたい、広めたいと言う心が
強いらしく、まっすぐです^^

(もちろん、商売のほうもそれなりにしっかりしてますが;;)

おいちゃんが率先して品定め^^


一つ一つ、吹いてみて音の出具合を確かめて
良いものをより分けていきます^^


おいらもそれを聞きながら自分の好みのオカリナを見つけるべく
おいちゃんに、これは音が柔らかくて好き~とか好みを伝えます^^

最終的に音の柔らかいオカリナの中で一番良い音が出るものを
選別してもらいました^^おいらも音を聞いて納得済みのものです!


参考までにオカリナはミドルサイズ(アルト)のもので9000円前後。

動物の形をしたものやサイズの大きいものは値段が高く
小さいものは値段が低めです^^

確か一番大きな低音のいい音が出るやつは2,3万した気がします^^;


まあ、おいらは手ごろなミドルサイズのやつを!^^

オカリナで吹ける曲を50ほどリストアップした楽譜もおまけでくれます^^

その楽譜はオカリナ練習用でオカリナの基本的な吹き方も
載っているし、楽譜の音符の下にはふさぐ穴の位置が絵で
示されていて、すごく分かりやすく簡単にふけるようになっています^^



今、暇を見つけてちょこちょこ練習中です^^

手始めにとなりのトトロのテーマソング「散歩」をやってます☆


いつか、自在に吹けるようになる日を夢見て^^☆



音楽や踊り、絵画(デザイン)・・・・芸術と言うのは不思議なものです☆


昔の人は神様をたたえるお祭りや、神様に祈りをささげるとき

何かのお祝いのとき、何かを願うとき



装飾をたっぷり施した衣装や道具と共に歌や踊りで
表現し、祝い、伝えてきました^^


きっと、それは芸術が人の心に響く何かを持っていたから☆


芸術が人の心に響き、感動を覚えた時

神様という何か特別な力や魂、心を感じ取ったのでしょう^^


    ” 音楽は人を幸せにする・・・・・ ”


オカリナ職人のおいちゃんはそう言いました^^


音楽、絵画、ダンス・・・・そういったことができない人も


音楽を聴くことはできます^^

絵を見ることはできます☆

ダンスを見ることはできます!!



芸術を小難しく考えず・・・


ただ感じて


感動できる何かを見つけてください^^







    ” 神様は人の心の中に・・・・・・ ”


    ” 幸せは心の中の神様と共に・・・・・・ ”

    
 
    ” 芸術は人の幸せを呼び覚ます ”




なんか、無宗教のおいらが最近はやたら神様褒めてるな~(笑)



  ・・・・・・・・・・・  ま、いっか^^


Cheers^^☆






おまけ!   「スペインの巡礼の道」


今回、おいちゃんとオカリナの話をしている中で
おいちゃんが貝殻型のオカリナのことでスペインの巡礼の
話をしてくれました!

なんでも友達がスペイン好きでしょっちゅう行っていて
その友達から聞いた話だそうです^^


スペインにキリスト教のある宗派の教えを体験的に
学ぶための巡礼の道があるそうです。


その巡礼ではホタテガイの形をした何かを
持っていかなければなりません☆

アクセサリーでも、本物の貝殻でも
マリア像が貝を手に持っているといったものでもいいのですが。。。


その巡礼に行く日本人やスペインからの観光客が
貝殻の形のオカリナをよく買っていくといいます^^


実はその巡礼の道の話、おいちゃんから聞く前に知ってました!


最近読んだ

パウロ・コエーリョ 著   「星の巡礼」

Paulo Coelho  The Pilgrimage

という本の舞台がそのスペインの巡礼の道なのでした^^


おいちゃんはそこまで興味なさそうでしたが

まさか、こんなところでスペインの巡礼の道と出会おうとは・・・・。


旅人として、その巡礼の道に前から興味は持っていました^^



おいら的に旅をするにあたって

何を見るという具体的な目的設定をするのはあまり好ましくないんです。

はっきりと何かを決めてしまうと、途中で見つけた
もっと面白そうなわき道に逸れ難くなるからです^^;


だから、目的設定は極力しない。

けれど、だいたい、こっちの方という程度ですが
進む方向は決めなければなりません^^


そこで、巡礼の道をひとつの目安にして
進んでみるのはありかな~と思っていたんです☆


今回のことでますます興味がわきました^^


みなさんはキリスト教の巡礼の道と聞いて
なんだか抵抗があるかもしれませんね~;;


でも、そんなもの気がつけばいろんなところにあります^^

イスラム教やユダヤ教の人はメッカに巡礼に行きます!

よくは知りませんが中国にも似たようなものがありそうです!

歴史で言うなら、三蔵法師が天竺(インド)まで経典を
取りに行ったのも、一種の巡礼みたいなもんかもしれません^^

日本だったら四国のお遍路さんが有名ですね^^

正月に初詣に行くのだって、遠くないってだけで
似たようなもんです☆


よくよく考えてみると、日本人てのは現金なものです;;

神様を信じていない割には神頼みでお願いだけはする^^;


なおかつ、宗教と聞けば、有名どころのキリスト教や
イスラム教でさえ抵抗があって避けるんですから。。。



次は宗教と日本人の神様観について考えてみようかな^^  


Posted by Dice at 00:15Comments(235)

2011年10月18日

楽の台湾:その3 ハーレム万歳^^

さてさて、楽しい、楽しい台湾の思い出その3^^


この日は贅沢にも3人の女友達と会う予定です☆

この日が今回の台湾旅行で最高に楽しい日でした^^
女の子3人に囲まれて楽しくないわけがない(笑)


待ち合わせ場所は台北の中心街^^

時刻は朝10時ころ☆


しかし・・・・、お父ちゃんが朝から、あれ食えこれ食え、わんやわんや^^;;;


いや、父ちゃん時間がないよ;;


というわけで、ギリギリ間に合うも
駅で迷子になって遅刻;;駅広いし^^;

行ってみると3人のうち1人は後から来るそうで^^;
一人はお寝坊さんです(笑)さすが、シンシア☆


そんなこんなで、ロイヤルホストでブランチしながら
今日の予定を検討^^

が、おいらも台湾事情に詳しくなくて、ここは?あそこは?
と聞かれるも、よくわからん^^;みたいな;;

ってか、どこでも面白そうだし☆


というわけで、何となく友達にお任せでツアー開始!!



最初に行ったのが龍山寺(ロンシャンスー)☆

有名な台湾市内の観光スポット的お寺^^



これがお寺・・・と友達その1^^


このお寺には7人の神様がいるそうで
お線香を7本持ってそれぞれにお参りに行きます^^

各神様の前で両手で持ったお線香を顔の前辺りにあげて
3回礼をして願い事を伝えます。


終わったら、線香をでっかい鉢の中に挿す・・・というか
熱くて危ないので投げ入れて、次の神様のもとへ^^


これが、台湾スタイルのようです☆


最後に手を洗って終了!


何で手を洗うのか正直よくわからなかったけど
線香で手が汚れたからみたいな感じです^^;細かい。。


お寺の前で売っていた謎の造花^^



造花・・・っていうか、生のお花をキレイに整えた
感じのもので、天然のデオドラントとして使うらしいです^^

車の中に置いたり、部屋の中に置いたり^^
あまり匂いはしないらしいので、友達は効果が薄くて
もう昔のじいちゃん、ばあちゃんの世代しか使わないと言ってました。

おいらはこっちのほうが好きだけどな~☆
現代の科学的なやつは匂いが強すぎる~~~;;;



続いて行ったのが、台湾の歴史を綴った
歴史博物館みたいなところ^^





そして、おいらの友達2人^^カワイイでしょ?^^☆


台湾人には大きく分けて2種類いるそうで
中国からの移民?中国系の民族と、もともと台湾に
すんでいた原住民^^


原住民は写真を見た限りインドネシア系で
肌は若干黒く、顔に特徴があります^^

原住民もかなりの数の少数民族に分かれるそうで
言語もさまざまだそうです^^


中国系移民も2種類に分かれるそうで
中国東北部をルーツにもつ漢民族の末裔をハッカ(客家)と呼び
中国、福建省ルーツにする民族を純粋な台湾人と呼ぶそうです^^

純台湾人は台湾語というものを中国語とは別に使います^^

同様にハッカもハッカ語を使います☆

ですが、基本的に台湾で使われる言葉は、中国の標準語です☆


ハッカという民族は、おいらのブログ、お茶天国で出てきた
女の子の友達がハッカで他のハッカ系の血を引く人を見ると
どうも、顔が日本人に近い傾向にあるようです^^

中国東北部、モンゴルにも近く
日本人のルーツのひとつと言われるモンゴル人の
血のせいかもしれないです^^


台湾人は中国人よりも日本人よりの顔をしているのは
ハッカ民族の血、そして、戦時中、日本の占領下にあった台湾で
日本人との混血が進んだためじゃないかと思います^^


歴史や文化、その流れというのはおもしろいですね^^


昔の台湾の町並みはこんな感じだそうで^^



なんとも味がありますね~~~☆



この歴史博物館で日本対台湾の親善少年野球大会が
行われたときの記録がありました^^

台湾が勝った!!と新聞記事が展示されていましたが
友達いわく・・・勝ったのは最初の一回だけで、以後、全敗だったそうです。。


だから、記念に展示してるのだとかww


ってか、日本も大人気ないというか・・・・

想像ですが、戦後まもなくの日本の考え方からして
最初の試合で負けて、大人たちが子どもを焚きつけて
むきになって練習させたのでしょう;;;


そんなに一方的な展開じゃあ、親善にならんでしょうに;;



続いて向かったのがArt Marketと呼ばれるところ^^

ですが、その途中でこれうまそ~~~~♪



ってことで、台湾名物のカキ氷スイーツを堪能☆


台湾の料理はデザートもヘルシーなものが多いです^^

デザートには薬草やハーブ、豆がたくさん使われて
基本的に薄味☆素材を味を生かしたモノになってます!


おいらがトッピングにチョイスしたのは

杏仁豆腐

小豆的な赤い豆

緑の豆(レンズマメかな??)

そして、蓮の花の実(左上の肌色っぽいやつ)です^^


蓮の花の実は甘露煮にした栗のような食感で
甘くはないですが、濃厚な感じの実でした^^


他にもトッピングは薬草ゼリー、オウギョウチ、スイートコーン
豆各種、などなどいろいろあります^^


デザートも堪能したところでArt Market!!

行ってみると、14時からスタートとのこと;;
おーーーっと^^;ってことで、先に遅めの昼飯!




こんなん食べました^^


鶏肉に豆腐にイカのフライです☆

それぞれ、中国的な香辛料と調味料が使われてました^^


そして、そして・・・・・買わなかったけど・・・ってか
何で買わなかったんだろうと若干後悔している・・・・

いや、まてまて・・・・女の子二人抱えた状態でそれはできんぞ^^;;


結局は恥ずかしすぎて買うことはできなかったでしょう;;

ある意味、台湾で一番びっくりなモノを発見!!!

昼飯を食べたところが、渋谷のセンター街みたいな
雰囲気の場所で、露天的なものもいくつか出ていたのですが
そのひとつに・・・・・あったんです。


ひとつは男性器を模った大判焼き?的なカステラ
もうひとつはおそらく女性器を模ったカステラが;;;

よく見る勇気がなくて、さっと写真をとって退散したため
どんな形かはっきりとはわからなかったのですが。

男性器でないほうは

「蛋蛋焼」

と書いてあって「蛋」はタマゴという意味があるらしく

見た感じの形的にもそんな・・・・。ノリ的にもきっとそんな^^;;;


中に餡子やクリームの類が入ってるかどうかは謎です。
見た感じ大判焼き的なつくりでした。。


写真は載せたら問題になりそうなので;;


いいのか!?これ!!

日本でも女性の胸を模ったものが限界でしょ!


日本だったら絶対に社会問題になります;;;


ってか、そもそも、そんな形のモノを食べたいと思うのか!?


自由だな~^^台湾人☆




そして、やっとたどり着いたArt Market^^

言ってみれば、日本にもありそうな場所でしたが・・・・

おもしろい!!!


オリジナルに工夫されたキャラクターや既存キャラクターを
利用したオリジナルグッズなどが展示販売されてました^^

チビまるこちゃん と のび太くん  の ダメダメカップル


花輪くん と しずかちゃん  の ゴールデンカップル


みぎわさん と ジャイアン の 夢のタッグ


などが描かれた絵葉書とか^^

 


こんな感じのおもしろカワイイ、キャラクターがいろいろで
雑貨から服から本当にいろんなおしゃれグッズ満載のところです^^


ちょっとおススメ☆



そこからお次は中国風の庭園へと向かいます^^
行ってみると5時で閉園;;時刻は4時50分(笑)


さささーーーっと中を見て出てきましたが
なかなかキレイなところでした^^




その庭園に行く前に寝坊で遅刻のシンシアと合流^^

仕事が忙しく、疲れが抜けなくて起きられなかったとのこと。。
もう年だわ~と言ってました^^


シンシアはオーストラリアはパースのジャパレスで
一緒に働いてた女の子で、日本語も少し覚えて単語を
いろいろ知っています^^

そんな彼女は日本語混じりの英語をしゃべってくる
なかなかカワイイやつです^^

いや、面白いやつと言うほうが正しいなw


テンション常にハイ!!みたいなw



庭園を後にして山の上にあると言うTea Restaurantに
向かうことに^^その前に、おいらの友達の職場の仲間の人たち
と合流するということで、とある動物園のある駅に向かいます^^

駅へ向かう途中、交通量の多いところで、とってもGreatな
おじいちゃんに遭遇しました^^


おれらはその交通量の多い道を斜め横断したかったのですが
なかなか、うまくいかないでいると・・・・・


おじいちゃんが脇からヨロヨロと・・・・・・

すんごい車が行きかう中、マイペースにヨロヨロ、ヨロヨロ・・・・
車なんか、いないがごとく堂々とマイペースに進み
見事に渡りきってました!!!^^

おじいちゃんすごい!!

この、じいちゃん、パワーを持ってますw



この人がそのおじいちゃん^^

後姿に静かなオーラを感じます☆


おれらはばっちり、おじいちゃんに便乗して
渡りきりましたとさ(笑) 



さてさて、友達の職場の仲間と合流し
友達の一人が用事があるからと、帰っていって
一路、Tea Restaurantへ!!

これが今回の目玉とも言うべきレストラン!^^


なんと、お茶の葉を使った料理の数々を堪能できるのです!^^

お茶の葉をハーブの代わりにしたり、お茶のお湯で出して
それをスープに使ったり、ソースに使ったり^^


なかなかヘルシーな感じの料理なのです^^
とはいえ、油っこい感じのものも多かったし、ヘルシーかと
いわれると微妙なラインですw


全16皿^^

すべての写真を載せると大変なことになるので
雰囲気だけ☆



兵どもが夢の後・・・・・よく食べた~^^





そして、夜景もキレイです^^


最高にすばらしいレストランなので是非とも行ってみてください!

その名も「大茶壷」(Tea Pot)

最後にみんなで記念撮影^^




おいらの友達!!^^






みんな最高!!   


Posted by Dice at 23:28Comments(4)

2011年10月14日

楽の台湾その2:微妙な友達

この日、会う約束をしていたのは

オーストラリアで知り合った数少ない男の台湾人の友達^^


友達・・・というか、押しかけ友達というか・・・・・^^;

まあ、別にいいのですが。



オーストラリアのパースに長期滞在していたときのこと。

街中で絵を描いて、お金をもらっている台湾人の女の子が
いて、その子の周りに集まってきた台湾人の一人が、その男の子^^


おいらから見て・・・・・見るからに微妙な空気をまとった男の子;;


英語もあまり話せなくて、なかなか話もかみ合わない^^;

でも、なぜか、その男の子はおいらが気に入った様子^^:

「ぼくの初めての日本人の友達だ~~~」


と、大喜び^^


そして、いつも台湾に来たら、島中を案内してあげるからね~!
タダで台湾回れるよ~~~~!と、いつも言ってました^^

そして、住所教えてくれたら手紙書くよ~^^とも!


あ、アツイ・・・・・。 ま、おいらも熱い感じの一面もあるので
親切で言ってくれてるのだからして、それは良いにしても・・・

なんだろう、この最初から感じる微妙な空気^^;


おいらの 「なんか変だセンサー」がピクピク反応してます(笑)



パースの後、その男の子は車を買って東へと向かい
アデレード、メルボルン、タスマニア、シドニー、東海岸北上して
ケアンズからウルルまでを走破!


が、聞いた話によると

アデレードに行く途中で、事故にあいエンジン大破。
そこで出費が10万ほどかかり、さらにメルボルンで事故を
起こして、また30万ほど出費。


後から聞いた話では、絵を書いていた女の子も道中
ところどころ、一緒に旅をしていたらしいのですが
何かとトラブルメーカーだったようで^^;

別に不可抗力事故のみならず、人間関係的なトラブルも多々。



あ~、やっぱり^^;

というのが、おいらの感想。。。


運が悪いというか、未熟というか・・・・。



わかりやすく言うと

潔さを持ち合わせていない人は
不運に見舞われやすく、友達付きあいするのもめんどくさい


という、おいらの経験上の傾向に照らし合わせてみると
この子がまさにそれだったわけです^^;



根は悪いやつじゃないので、嫌いではないのですが
あまり、長いこと一緒にいたい人でもなかったりします^^;


どこかの会社の社長が言いました。

「成功する秘訣は運の悪いやつとは付き合わないことだ」

と。


別に成功云々はともかく、トラブルに巻き込まれるのは
ごめんなので、その友達とは距離を置いています。


とはいえ、相手は会う気満々だし、無視するわけにもいかない^^;

まあ、1日くらいなら、気にしなければ問題ない!



というわけで、この日は博物館とマーケットを案内してもらいました^^


博物館はこれ!!




まるで、昔の中国のお城のようなつくり!!



博物館の中よりもこの建物のほうが、おもしろかった^^

この博物館の目玉は宝石でできた、白菜(笑)


なんで、そんな贅沢な白菜ができたかというと
宝石の原石もある程度、形のよい塊でないと、アクセサリーに
加工したり、宝石にしたりはできないのだそうです。

使えない宝石の結晶をうまく、活用できないか?

とどこぞの芸術家が考えて


「お・・・・これは、白菜に似てるんじゃない!?」

ということで、白菜に加工されたのだとかw


なーんて言うのはウソで^^

というか、実際のところ、原石が白菜に似ていたのかどうかは
わかりませんが使えない結晶をうまいこと加工して
白菜にしたのは本当です^^



そして、次にナイトマーケットへ☆


そこではいろんなおいしそうな食べ物が並んでいて
もう、全部食べてみたいくらい!!^^

でも、全部はお腹がもたないので却下;;;


まず、最初に食べたのが、おいら的に屋台料理では
一番のおススメ!!



謎のうまうまヌードル^^

名前も忘れたし、どんなヌードルなのかも謎ですが
うまい、トロトロのスープにそうめんのような麺で、魚介類が
少し入っていて、トップにパクチーをトッピング☆

ガーリック的な味もしたな~^^

とにかく、最高でした!


 


マーケットの様子はこんな感じ^^
割と早い時間に行ったので明るいです☆



他に食べたのは



フランクフルトの間に野菜やソースを挟んだ新しいソーセージ☆
発想がおもしろいし、味もGood!!




そして、お次が、台湾人がタロという野菜で
味はサツマイモのような甘さの芋と言った感じ^^

でも、芋ではないと、友達はいいます。

タロイモか?とか、思ったけど、タロイモってこんなにあまかったかな?


という疑問が残ります^^;





お次はシーフードのオムレツ的な料理!
この甘辛ダレがポイントです!うまい!!



そして、同じ店で売っていた揚げアイス^^
パンの生地でくるんだアイスを丸ごと揚げます☆

外はカリカリで温かく、中は冷たい!

確か、日本でも売ってたきがしますが、おいらは食べたことなくて
初挑戦でした^^ なかなかGoodなアイデア!




最後は庶民の飯!牛丼??

まかない飯のような感じで、肉のあまった破片を
しょうゆで味付けして少量ご飯にのせるだけ!

確か、一杯、100円前後^^


そんなこんなで、なかなかおもしろいモノが食べられました^^


が、やっぱり、さすがは微妙な友達^^;

マーケットのことをあまり知らず・・・・・
こういうのが食べたい!!と言っても、知らなくて
探すはいいけど、見つからず・・・というか、途中で諦める;;


マッサージも行ったのですが、有名な店!と言って
観光客向けのしょぼそうなマッサージ屋に連れてってくれました;;


せっかくだし、ローカルで本格的な感じの店がよかったのに。。

他の店は知らないとのこと^^;


む~、典型的なダメ男な空気が・・・ダメンズウォーカーを
でダメ男指数を出してみたいわ~^^;


これで、友達は多いと言うのだから不思議で仕方ない。

あの強引な感じの熱いしゃべりで、くっついて歩いているのだろうか。



まあ、うまいもの食えたし、そこそこ楽しめたのでよし!!^^


滞在先の家に帰ると、泊めてくれている友達から
この日、会った微妙な男の子の愚痴を永遠と聞かされたのでした;;


滞在先の友達というのが、例の絵を書く女の子なのです(笑)


付き合う前に気づけたらよかったのにね^^;

と思う、今日この頃です。



Cheers  


Posted by Dice at 14:33Comments(3)

2011年10月12日

今後のテーマ^^

いつもは何とかまとめようとするけれど

今日はとりとめなく書いていきたいと思います^^



どうも、ぼくです^^


日々、嬉しいこと、感動したこと、発見したこと、おもしろいこと
興味深いこと、疑問・・・・などなど、たくさん発見します^^


その1

お墓、葬式、その他死んだ人を悼むためにすること
すべては死んだ人のためではなく、生きている人のためにあるんじゃないか?


その2

木の根元に遺骨を埋める、骨の粉をまく

できたら、桜の木の根元に^^

そして、毎年、桜の季節に花見をしながら
なくなった人たちと共に年に1度の宴会をする!

なんか、これっていい供養な気がする^^

アラスカ大好き、自然大好きの写真家、星野道夫さんは
自然と共に生きてみて、自分も自然の一部であり
お墓ではなく自然に帰って、世界の一部になりたいというような
ことを書いていました^^

なんだか、宗教の死の思想の原点のような話です^^


その3 鎌倉

おいらは鎌倉から近いところにすんでます^^

乗り継ぎはしますが、電車で言うと3駅ほど☆

下北沢同様、本当に面白い街です^^
イベント、展示、ショップ、その他すべてがおもしろい!
面白い場所には面白い発想が集まるということでしょうか^^


その4 オカリナ

今日、鎌倉を散策していたらオカリナ職人であり
オカリナ奏者であるおじちゃんが展示販売をやってました^^
年に50日くらい展示を鎌倉でやっているそうです!

気軽にできて、持ち運びのしやすい楽器をマスターしたい
と思っていたおいらにはまさしくぴったりな楽器!!

創作で猫、アザラシ、ふくろう、貝などの形のオカリナもあります!

みなさんが創造するオカリナとは違って雨のしずくのような形が
メインで展示されてました!

みなさんの知るオカリナはヨーロッパでクラッシックを
演奏するために改良されたものらしいです。

元は南米の民族楽器!


もちろん、買いました^^楽譜がおまけでついてきます!
体験してみましたが、簡単にふけます^^


その5 巡礼

あまり詳しいことは知らないのですが
パウロ・コエーリョという南米の作家さんが書いた

「星の巡礼」

という本で、ある宗派のキリスト教で教えを身をもって
学ぶために歩く巡礼の道というのがあるそうです^^

その本ではスペインの巡礼の道が舞台になっていて
世界には他にも4つか、5つ巡礼の道があるそうです。

その巡礼にはホタテ貝の形をしたものを身に着けて
行くのがルールで、それを見て巡礼者かどうかをみな判断するそうです。

オカリナやのおじちゃんもその巡礼の道の話を
聞いたことがあるそうで、ホタテ貝の形のオカリナを
スペイン人や巡礼をする予定の日本人がよく買っていくそうです^^

興味深い!一度歩いてみたい!


その6 正座と猫

さっき、正座をして珍しくTVを長時間見ていました。
普段TVは見ません。番組は「笑ってこらえて」☆

正しい姿勢がある程度安定すると、座布団さえ
しいていれば正座を1時間位していても
それほど苦になりません^^

が・・・・、猫が外から帰ってきて
おもむろにおいらのひざの上で毛づくろいをはじめ
10分後、足がしびれました;;;

人間は自分の体重をちゃんと支えられるように
できているんだ!ということがよくわかりました^^

猫の体重までは無理なのだと;;;(笑)


その7 油汗

油汗とかよく言いますが、汗と皮脂(油)は
別物で、別の穴から出ます^^

皮脂は体に潤いを保つ大切なものですが
たくさん出過ぎると、汚れが付着して皮膚を覆い隠してしまい
皮膚呼吸ができなかったり、汗を出す穴をふさいでしまったり
体臭の原因となったり、あまり良いことはありません。

おでこがテカルなんてのも頂けないですよね^^;


体臭の話のところで動物性の脂肪、油が体臭の
直接的な原因になり、食べてから1時間半後くらいには
体臭があらわれるという話をしました。

言うなれば、食べたらその分だけ出てくるってことです^^

ベジタリアン気味になって、基本肉を食べないように
しているおいら。


たまに食べる機会があると明らかに皮脂が多い;;;
皮膚がべっとりだし、テカってるし;;

食べないと、そんなに出ない。。

ということを身をもって体感しました^^




その8 プラスとマイナスとバランス^^

世間一般ではプラスと名のつくものを良いものと言います。

確かに、一見マイナスよりは良いように思えますが・・・

元気になりすぎて、はめをはずしすぎることはあまりいいこと
とは言えません;;

逆に消極的になりすぎて話しかけても返事もない
なんてのも、やっぱり考え物です。


プラスもマイナスも単にひとつの方向であって
良し悪しではないんじゃないか?と思うわけです^^

バランスをとってこそ、価値がある^^



その9  知識、よく見る、発見する!

最近、街を歩いていると同じ場所でも以前よりも楽しく
いろんなものを発見します^^

それは知識が増え、モノの良し悪し、自分の好みが
前よりわかるようになったからです^^


ポイントは

普段から疑問に思ったことは調べること。

道はゆっくり歩いて周りのモノや人をじっくり見ること!

一つ一つ、どんなものなのかを考え自分の意見・感想を持つこと^^

そんな中で自分の知らないこと、見たこともないものを見つける☆




今のところ、このくらいでしょうか^^

今後、これらのテーマをもっと深く掘り下げて考えて
ブログを書いていこうかな~と思ってます☆


メモし忘れて、わからなくなっている疑問やテーマも
あるので今後、思い出したり、新しく増えたりするだろうから
もう大変ですわ^^;;


とりあえず、台湾旅行を完結させないと!(笑)


Cheers  


Posted by Dice at 23:18Comments(2)

2011年10月12日

下北沢散歩☆

台湾天国(??そんなタイトルだったか?w)

の日記の合間をぬって・・・・・



昨日、下北沢を散歩してきました~~!!^^

って、モロに日本ネタ!!いいのか?このブログでこの内容;;



いや、マジでおもしろいっす!!下北沢☆





何かとTVでよく紹介される下北沢!!

おしゃれなカフェやレストラン、洋服屋さん、雑貨屋さん☆

まさしく、イメージどおりというのでしょうか^^



とてもスマートな街☆

それがおいらの下北沢の印象です^^



まず、すごく多かったのがカジュアルな感じの服を取り揃えた

古着屋さん = Used shop = Second Hand shop


ああ、すばらしき!!

安くておしゃれなものが欲しい!!
と言う人には天国のようなところです^^



古着屋マーケット入り口^^
中にはメンズ、レディース各種古着がたくさん!
シックでアジアンやアメリカンな感じのお店が多かった!^^



メキシコ民芸品店!

服もあるけど、雑貨のが多いかな^^


 
  

メンズのオリジナルデザインの洋服、アクセ屋さん☆

ほんとに新しい発想!
ちょっとパンクな感じで骸骨や龍がデザインに使われてたり
するんだけど、デザイン自体はすごく和の渋い感じ!

でも、シックに仕上げてあって普通の洋服スタイル!

下北行ったら、一度覗いてみてください^^
おもしろいっす!!




うっかり、写真を撮り忘れたけど

この日、おいらのお目当ての店は


「温もりを感じる "色" と "素材"」

がテーマのJua Key

というお店もあります^^天然繊維、手作りの服や雑貨が
盛りだくさんなアジアンのお店☆

おいらはタイパンツを購入^^


着心地抜群!!!

しかも、全然高くないw

シンプルで安いやつを選んだのもあるけど
おいらのタイパンツ3000円☆


天然素材でこの値段なら文句ないです^^


毎回、違う品を仕入れるお店☆

こまめにチェックして自分のお気に入りの一品を!!

http://home.jua-key-kuumba.com/


こちらの店主のブログで新入荷の品物を紹介してます^^





そして、第二の特徴は非常に健康志向な街☆

 


ベジタリアン食材屋があり、ベジタリアン用の食材、調味料屋
さんの情報が載ってる冊子がおいてあったり!

 



そんでもって、納豆専門店!!



いろんな納豆製品がおいてあって、藁に包まれた納豆が
あったので買って、家であけてみると・・・・

ビニールで包まれた納豆の外側を藁でくるんであった;;;
意味ないジャーーーーン!!!


地下に藁でくるむから面白いし、貴重なのに!!


他に、納豆のペーストを練りこんだ
納豆ドーナツもあり!!

焼きドーナツで納豆の味もほとんどしない
ちょっぴり健康志向なドーナツ!

ま、砂糖が多いって時点で体にゃよくなさそうだけど。。


おいらが食べたのはクルミ、黄な粉、ゴマの3つ!
クルミのやつだけほんのり納豆の風味が^^




さて、食材もさることながら、レストランでも・・・・・


京野菜を売りにした、野菜酒場!!^^

 
 

お肉、魚料理も豊富にあります☆



そして、これ!!農民カフェ!




オーガニックにこだわった和食屋さん!^^

お酒もオーガニックにこだわってます☆


野菜中心ですが、お肉、魚もございます!
もちろん、肉や魚もオーガニックな安全、安心素材!^^





レストラン、カフェに関しては他にも


アメリカンワッフルのおいしそうなお店

中国茶からイギリススタイルの紅茶、ハーブティまで
取り揃え、スコーンも味わえるTea shop

ハンバーガー屋

和菓子屋

イタリアン


とにもかくにも、どれもこれも内装、外装ともにおしゃれで
オープンスタイルの場所が多かった~^^w



そんな中、異色のおもしろそうなカフェが・・・・・


その名も  ”占茶“ 

 



どうやら、中で占いができるカフェらしい;;


どんな占いなのかは謎です^^;



そこまで、占いに興味があるわけではないおいらは
お店には入らず、スルー☆


今度、誰か友達連れて行こう^^

友達とわいわいやるから占いの類は面白い!
言うなれば、話のネタですわ^^


基本的に占いは信じていないので☆

というか、何でもかんでも占い通りになったら
人生やる気をなくします。。。




して、最後に締めはやっぱり!^^!

にゃ~~~~~~~♪

  


猫カフェ発見!!

夜、友達と待ち合わせをしていて、長くはいられないから
お試し15分間コース!!

ドリンクなしで300円☆


悪くない^^







なんやねん!おいらのが強いんだぞ~~~って顔^^w





のし、のし・・・・・のしのし・・・・・のしのし・・・・・

ひたすら永遠にのしのししてました(笑)
きっと新しい美容体操なんだw



はっ!!おれの帽子!?帽子は・・・・・・??




これはおれの宝だにゃ~♪ 




お気に入りの猫ショット!!^^



そんなこんなの下北沢でした!^^

今回は駅の線路はさんで片側だけだったから
次回は反対側も行こう!!

2度目はもっとおもしろい発見ができるかもしれない^^w





おまけで友達とのディナーは西荻窪!

本当は釜炊きのおいしいご飯のお店に行くはずが
満席だったので、急遽近くのすし屋に^^


これが大当たり!!

個人でやってる小さなお店!^^

店主は若いけど、こだわりのありそうな人☆


ネタは本当にTVのグルメ番組でのコメントそのままに
柔らかくて口のなかでとろけます!!^^

ネタとシャリの温かさも絶妙!


今まで食べた寿司の中で一番おいしかった^^


基本がコースメニューで

厚焼きタマゴから入って

にぎり トロ巻き にぎり 

とろろとイクラとのりをコラボした一口サイズの寿司めし丼

最後に薄味お吸い物、ゴマつきゴボウ

デザートとして旬の栗をほんのり砂糖で甘さをつけて
栗の実を再現して白ゴマを栗のおしりにつけて出てきます^^


食べるモノの順番、組み合わせも考えたメニュー^^

そして、ネタにハケでしょうゆを塗って出してくれるから
すぐに食べられるし、しょうゆをつけすぎて
ネタの味を台無しにしてしまうこともない^^

そして、きっとしょうゆを塗るのは
お客さんがしょうゆにつけたりする動作で
寿司が崩れないようにするため!^^

そうすることで可能な限り柔らかくにぎっても寿司が崩れない。

柔らかくにぎった寿司は、口の中でほろりとシャリが崩れ
ネタとシャリとがうまく調和します^^


ただ、普通につかんで口に運ぶ間に崩れてしまってたから
これからも続けていけば、もっとその職人さんの腕は
上がっておいしくなるはず^^

本来は崩れない程度にしっかり、けど可能な限り柔らかく
と言う感じでにぎる技術を磨くのだそうです^^


本当は他にもいろいろとポイントはあるのでしょう!
職人の世界はいつのときも奥が深いものです☆



今回もいい物食べて、とってもいい体験ができた~~~^^


  


Posted by Dice at 09:50Comments(3)

2011年10月11日

昔を懐かしむ心~Nostalgy~

        ” ノスタルジー Nostalgy ”



         郷愁 昔を懐かしむ心



辞書で調べてみると

Nostalgia という言葉か Nostalgic というのしか
でてこないんです^^


日本人が作った造語なのかな~?^^


郷愁、昔を懐かしむとかまさしく日本文化の象徴みたいな
言葉ですよね~☆



この前、床屋をやってる友達のところに髪を切りに行って
ラジオで流れている昔懐かしい曲を聴きながら話してたんです^^


おれ: いいな~、懐かしい、この曲☆最近の曲はもう
    全然わからなくなってしまったけど;;;


友達: おれも~。なんか昔はいい曲がたくさんあったけど
    今の曲はいまいちだよね~^^;


おれ: う~ん、そうだね~^^でも、きっとおれらの世代の曲が
    よく聞こえるのは、おれらが若いころに聞いていた
    懐かしい曲だからだよ~☆



昔の曲は確かにすごくよかったと思います^^



それはPOPミュージック、その他の大衆音楽という分野が

発展途上だったからなのかもしれません^^


未発展、未開発の音楽の世界で次々に新しいモノが
生まれてきた。だから、新鮮でおもしろく、心に響いた^^


新しい曲になれば、なるほど、新鮮さ、真新しさがなくなって
どんなにオリジナルの音楽であっても結局は過去の名曲と
似てきてしまう;;;


そして、どんなにすばらしいものであっても
過去の名曲、オリジナル、一番フレッシュで印象の強かった
モノを超える印象を人に与えられない^^;


ただ、それだけじゃ~、いつまでも人の心に残り
語り継がれる音楽にはならないはずです☆


やっぱり過去の名曲の作者、歌手は
偉大だったということですね^^


もっとも、今の曲が見劣りするのも昔の曲と比べたらという話で^^;




音楽はそのときの気分、タイミング、思い出などで
いいな~と思う音楽は新しい曲でもたくさん出てくる^^


おいらの好きなお酒や料理も同じ☆



思い出があるからこそ


若いころ聞いた曲、食べたもの、飲んだもの、見た景色・・・


それらがものすごく、いいな~、懐かしいな~と思える^^




    ”  ノスタルジー  ”



そして、過去を懐かしむ心は時として、大きな癒しになります^^


今日、たまたまTV番組で自分と同世代の芸能人が
自分にとっての昔懐かしの曲、思い出の曲を披露する
トーク番組をやっていました。


そこで出た曲はおもしろいくらいに
ジーンとおいらの心を震わせ、和ませてくれました^^


ゆず 猿岩石 Field of View ラルクアンシエル 徳永英明

宇多田ひかる 久保田利伸 WANDS ドリカム



    ” 郷愁 ”    =  ” ノスタルジー ”



その舞台は故郷^^



誰かが言いました。



   ” 人は誰しも故郷が必要だ ”


と・・・・・・。



だからこそ、チェルノブイリの原発事故近くの村に住んでいた
人たちは事故後から今までずっと、故郷に住み続ける。

故郷を守るために^^


だから、東北の被災者も自分が住んでいた土地に戻りたがる。




過去にはあまりこだわるべきじゃないかもしれない。

けれど、過去は自分の生きる糧となる^^


中には故郷と呼べるような場所がないという人・・・・


今回の震災で街や建物がなくなってしまった
故郷がなくなってしまったという人・・・・・



そんな人もいることでしょう;;



ですが、懐かしむ心、郷愁とは目の前からなくなって初めて


あ~、懐かしいと思える^^


あの名曲は今でも聴くことができるけど

あのときの空気、あのときの気持ち、あのときの思い出は

決して戻ってくることはないんです。。。




そして、この世は絶えず変化を続け、モノは必ずいつかなくなります;;


そんな中で故郷、懐かしい感情を呼び起こしてくれる何か・・・

音楽だったり、食べ物だったり、友達だったり、思い出の品
思い出の品のかけら、思い出の色、植物・・・・・・



それこそが   


          ” 故郷 ”





故郷と呼べるものがないという人には、故郷と呼ぶに
相応しい、思い出の何かがあるはず^^


故郷の土地、風景をなくしてしまったという人は
それを思い起こさせる「何か」があるはず!!



絶えず変わり続ける、この世界^^

しかし、ぼくらが生きるたった100年という短い間には
今と昔をつなぐ変わらないものもあります^^



過去を生きる糧として、現在を生き、未来につなぐ^^




   ” 故郷は人のHome ”


   ” 故郷は人の帰るべき場所(心) ”


   ” 故郷は自分の原点 ”



きっと、あなたはたくさんの故郷をもっているはず!


あなたの中の故郷は何ですか??^^



Cheers^^  


Posted by Dice at 01:23Comments(2)

2011年10月05日

楽の台湾 その1:お茶天国

台湾3日目・・・・この日は朝から眠かった~^^;;;



台湾に着いてから3日間夜、部屋のドアを開けたまま
寝ていたのですが、そうすると蚊が入ってきてさされ放題;;

最初はドアを開けているせいだとは思わず
夜、あまりよく眠れず、ばっちり寝不足でした;;;




そんなこんなで、朝方、友達の地元の最寄り駅
鶯歌(インガ)に着くと友達はまだ到着しておらず
改札近くのベンチで朝寝(笑)


寝ぼけ眼で友達と再会(笑)


とりあえず、昼飯!!ってことで、駅の目の前にある
ローカルな飯屋に入ります^^


友達はベジタリアン☆
一家そろってベジタリアンで、一応、宗教的な理由もあり
ベジタリアンなのだとか^^

本人は動物愛護が主な理由でベジタリアンしているけれど。

何の宗教か聞いてみたら仏教の一種だけど
少数派の特殊なものらしい^^というか、宗教と言うより
動物愛護団体か、自然保護団体に近い印象が・・・・。

あまり細かいことはわからないけれど
どうやら、自然保護や動物愛護が教えの中にある宗教のようです^^
どちらかといえば、おいらの考え方に似ている印象を受けました!


会って早々に友達からプレゼントをゲット!^^

やさすぃ~~~~~~!!^^



中身はあとで空けてみることに☆

とにかく、飯!!!



食事は豆腐料理、野菜炒め、豆腐や海草の煮物的料理!
ライスヌードルでした^^

うまうま^^



食事を済ませて台湾人が英語でOld Streetと呼ぶ
いわゆる昔ながらの街並みのある通りへと向かいました^^

鶯歌は陶器で有名^^
電車からたくさんの焼き場が見えました!

そこは完全に観光地で陶器やそれに類する装飾品を売る
お店がずらりと並び、その他いくつかの飲食店と駄菓子屋があります。


駄菓子屋こんな^^




日本の影響をもろに受けてます^^;


言ってみれば、そこは何の変哲もない観光地(笑)



一通り回って、オウギョウチ入りのジュースを飲みながら
いろいろと友達と将来のことや最近のできごと、今の仕事のことなど
をおしゃべり^^本当に友達と話すのは楽しい~~☆


そこでやっと友達のプレゼントを開封^^
中身は手軽に楽しめるティーパックの台湾茶と台湾産のコーヒー☆
友達お勧めの懐かしきオーストラリアンコーヒー、そして
龍眼(ロンガン)という南アジアでは有名なあまーいライチのような果物!

おいら、このロンガン好きです^^


オーストラリアでインドネシア人にお勧めと言われていたけれど
オーストラリアでは高くて買わなかったので、今回は十分に堪能☆









それから、おいらがお茶をいろいろ試飲したいというと
駅の近くのローカルなお茶と茶器の市場へと連れてってくれました^^


そこはその子の両親の行きつけのお茶屋さんで
そこの市場の人は顔なじみ^^いろいろと値引きしてくれるとのこと☆



連れて行かれた先は本当に市場の一角にテーブルと棚が
おいてあるだけのシンプルなお茶屋さん☆


出迎えてくれたのは黄色いシャツの人のよさそうなおじさん^^
と、おいらの友達の両親^^ご両親は二人して青いTシャツ!!


おとうちゃんはキャップをかぶっていて
それには英語でベジタリアンになれば、世界が救える的なことが
書いてありました^^正確になんて書いてあったか忘れてしまった;;

もっと具体的なことが簡潔に書いてあったのだけれど・・・・


お母ちゃんはそれと同じ言葉を自分の青いTシャツに
自ら手書きで書いて着ていました^^wかわいいおかあちゃんです!





何を隠そう、おいらはこれを見て・・・・・・
あ、この人たち知ってるんだ~と思ったんです^^


以前、私のブログでも書いたことですが

ベジタリアンになり肉の需要を減らすことで、肉の生産量を減らす。
すると、牛や豚、鳥の飼料となる穀物を人間の食料に回すことができる。

すると、世界の食料総量が増えて食べ物がなくて
貧しい人に食べ物をあげることができないという状況はなくなる。

もし仮に、いろんな理由で貧しい人に食料が行かず
その代わりに穀物の生産量が減るとすれば
穀物生産のために行っている森林伐採が減り、自然の森を
保護することができる。


森は温暖化を防ぎ、酸素を供給し、オゾンホールを減らし
空気と土を浄化する^^

結果、より動物や人間の住みやすい環境をつくる。



資源の使いすぎや環境破壊が問題視されている昨今。

文明の発達によって徐々に世界のバランスが崩れて、災害や
事故によって尊い人間や動物の命が奪われ、世界が少しずつ
壊れていく中、この人たちは自分たちがベジタリアンになることで
世界を守ろうとしているのだと、おいらは思いました^^


この理屈は科学的な根拠もあり、ある種の宗教哲学とも一致する
すばらしい考え方です^^





はてさて、おとうちゃん、おかあちゃんと娘の多少の通訳を
通してお話しつつお茶の試飲^^



高山茶、東方美人、烏龍茶、プーアル茶などを試飲!


高山茶は今回初めて飲んだけど、ほんのり甘みのある
まろやかなお茶^^これまたお茶の葉にランクがあって、それによって
味がだいぶ違う!!渋みが強めのお茶もあれば、甘めのお茶もある!


東方美人は中国茶を好きな人なら誰もが知っている高級茶^^
と言っても、日本で高級と言う話で、台湾ではそこまで高くはないです!

もちろんほかと比べれば高めではありますけど^^


そして、烏龍茶!!

一口に烏龍茶と言っても種類はさまざま^^
今回は色が薄めのマイルドタイプの烏龍茶を試飲!
やっぱりこのタイプのお茶好きだわ~~☆


ここまでは台湾で作られているお茶^^


プーアル茶が唯一この店で売ってる中国のお茶!
熟成年数によって味が変わってきます^^

熟成年数が高いと味も濃く癖が強くなります!^^




そんな中で出会ったのが 



       ” 紅玉 ” 



というお茶!!!


このお茶は特徴がとてもはっきりしているお茶です^^

色は薄めの紅茶色☆

*台湾(中国)茶はお茶の色によって分類されます。
 主に白、黄色、緑、紅、青、黒の6種類
 一般的に発酵が進んでいるお茶っ葉ほど、色が濃く、
 色が濃くなるほど味も風味も強くなる。
 

香りは甘い花のような感じで、味も花の蜜のような甘さ^^

今まで紹介してきたお茶で甘い、マイルドなお茶と言うのが
いくつかあったとおもいますが、それらは甘いと言っても
よーーく味わってみるとほんのり甘い程度のお茶でした^^


しかし、このお茶ははっきりと甘さを感じる^^

どうやって作っているのかは謎ですが、砂糖も何も使わずに
甘みを感じるんです^^

はっきりと甘みを感じると言うだけで

すごく甘いわけではありません^^


このお茶を飲んで、おいらはうまい!!!
ピーンときました!!!


これだ!!!!



このお茶、実はおいらの友達のご両親もお気に入りのお茶で
家にはたくさんストックしてあるとか!!


おいらがこのお茶をほしい!!できるだけ、たくさん!!

と言ったら、残念ながらほとんど在庫が残っていないとのこと。



たった一つ残っているのはお茶屋のおいちゃんが
自分用にとっておいたものだそうな。。。


でも、それを売ってくれる!!と言ってくれて
なんとか、買うことができました^^



また、次いつ入荷するのか聞いてみたら・・・・

お茶自体は毎年時期になれば出るそうなのですが
そこのお茶屋のおいちゃんは質のよいお茶しか買い付けないらしい。


そこのお茶屋においらのお気に入りの紅玉が入るのは
いつになるかわからないとのこと^^


残念だけど、それは見方を変えたらこのおいちゃんは
しっかりとお茶を見極めて仕入れているってこと^^

たくさん、頻繁に買うことはできないけど、質と味には期待できる!!
おまけに値段も手ごろ!ディスカウントまでしてくれる!^^


これは次に台湾に行ったときも是非、買に行かねば!!^^


これが今回買ったお茶☆



右が ” 紅玉 ”  ^^


そして、その後、そのお茶屋と一緒に一つ屋根の下
茶器のお店がずらりと並んでいる中を見て周り
自分のお気に入り茶器を購入!!^^

それがこれ!!



中国式の茶器一式!



強いて言うなら茶葉をすくう木のヘラがない程度w


そして、何といってもお気に入りなのが

 


この茶碗^^



飲み終えると中から虎と馬の姿が☆


これまたディスカウントしてもらい2割引!

そして、そして、これを箱につめて日本に送ることに
したのですが、おとうちゃんが一つ一つの箱に中身がわかるように

こんなものを^^




買った茶器を郵送で送ることにしたのですが
中身が何かわかるようにと、英語が書けないお父ちゃんが
その場で絵と価格を描いてくれたのでした^^


やさしい、そしてカワイイおとうちゃんです☆


ちなみにおかあちゃんは元気いっぱい!!
普通に中国語でおいらに話しかけてくるマイペースかあちゃん^^

そういえば、ステイ先のおかあちゃんも
普通に中国語で話しかけてくる;;

台湾のおかあちゃんはマイペースなんだろうか(笑)


そして、最後はみんな?で仲良く
はい!きむち~~~^^w



なぜか、お店に来ていた常連さんとおかあちゃん、おとうちゃんの
お友達も一緒に写真をとりましたとさ^^w



お茶も茶器もばっちり買えて、郵送の手続きも終わり
これから台北の中心街にある、おいしいベジタリアン料理のお店に^^



はい、しっかり料理の写真取り忘れました^^

おいら、料理の写真は毎回のように忘れますw
だって食べるほうにどうしても気が向いてしまって;;

友達の友達も合流して食事!
ベジタリアン仲間だそうです^^w




手前がおいらの友達で奥が友達の友達^^



料理は覚えている限り、ギョウザ、イカ墨もどきパスタ、チヂミ
タロイモのフライドポテト、春巻き、そして、ワッフルでした^^

正真正銘のベジタリアン食!


魚介類、調味料も含めて一切の動物性食品を使っていません^^
でも、うまい!!普通のレストランの料理と全然変わらない・・・
というより、それよりおいしい料理も^^


侮りがたし・・・・ベジタリアンレストラン☆




お疲れのおいらは食事後に帰宅^^


本当に楽しく、すばらしい一日でした^^w




お茶たくさん買うた~~~~~~♪

ハッピー☆

  


Posted by Dice at 13:42Comments(2)

2011年10月02日

苦の台湾その1:Annoyingな男

台湾にいて、愚痴りたくなる日が2日ほどありました^^;

本日、台湾二日目^^

二つのうち今日は最悪の日;;;



この日、おいらはオーストラリアで出会った友達の一人と
ランチを食べる約束をしていました^^


待ち合わせの場所に行くと、久々の友達の姿が^^

相も変わらず、マイペースでしっかりした子で
さっぱりという表現がぴったりくる子です^^


その子の英語も以前より上達していたので、だいぶ話しやすく
冗談を言い合うこともできて、おお!いい感じや^^


その子の仕事仲間の女の子も一緒に食事へ^^


その子はそれほど英語がしゃべれないまでも
一生懸命話してくれて、おっとり系のとてもいい子です☆


中華レストランに入り、おいらの友達がおいらの好みを聞いて
適当に頼みます^^なぜなら、おいらは中国語が読めないから(笑)


なんとなく、読めるものもあるけれど
必ずしも日本語と同じ意味とは限らず、日本語の感覚で
考えてしまうと本来のイメージから、かけ離れた料理が
でてこないとも限らない;;;



ま、料理は写真も取り忘れたし、あまり覚えていないので
この際、おいとくとして、3人で楽しくランチタイム☆


食事も終盤にかかったところで
友達がもう一人、友達が来ると言ってきた。


そして、現れたのが、その非常に苛立たしい男;;;




あまりにも強烈なイメージで、台湾人の男はこうなのか!?
とか、偏見を持ってしまいそうになったくらい^^;


見た目はがっしり系で人のよさそうな感じ!
気さくでフレンドリー、話しやすい。そんな感じのイメージの男^^
日本へワーキングホリデーで来たこともあり、少し日本語が話せる。
そして、英語もそこそこに使える。


実際、台湾人同士だったらすごく話しやすくておもしろい
いイイやつに見えることでしょう^^




食事の後、その男がオーストラリアへのワーキングホリデー
のビザを取りたいからということで、おいらの友達が手続きの
手伝いをすることになっていたらしい^^


マックへいくもネットがつながらず、友達の会社のPCを使って
オンラインでビザをアプライ☆


そんなこんなで用事を終え、友達は仕事があるからということで
そこで別れ、その男が街中を案内してくれるということで
せっかくなのでお願いすることにしました^^

ここまでは良かったんです^^;


スクーター文化の台湾でその男もスクーターに乗っており
一度、家に帰って荷物を置いてきたいというので、一緒に家へ☆


その男のスクーターの運転がダーティーもいいとこ!!
制限速度60kmの一般道で常に80km。。。

強引に車の間に割ってはいるなんてしょっちゅうだし
追い越すのに反対車線を走るなんてザラ。


途中、バスと車にぶつかりそうになったし
信号無視もする始末。。。


そんな運転していて、ほかの人が追い越しで
反対車線に入って走ってきて、自分の通行の妨げになると
あいつは危ない運転してる、おれは悪くない・・・・

とか言い出すし・・。


危ない運転してるんだから、せめて運転に集中してほしいのに
頻繁におれに話しかけてくる。


しかも、どうでもいいようなことばかり;;




あれはマクドナルド、あれはユニクロ、あの日本食やの
看板の意味は丼??あの中国語の看板はなんて意味か分かる?などなど。

そして、頻繁に「WHY??WHY???」と聞いてくる。


なんでもかんでも。まるで3歳児のような疑問のつけ方。


そいつは実のところ何か聞きたいわけではない。


ただ、話して自分のペースに巻き込みたいだけのよう。



証拠にWHY?という疑問に対して返答している途中で
話題を変えてくる。というか、こっちの話すのをさえぎってくる。


あれこれ、細々と絶え間なく話しかけてくる
無意味かつ、つまらない話。



そんなこんなで、おいらが行きたいといったお茶屋さんへ
着き、お茶をたっぷり試飲しながらおいらはお茶選び^^


ずうずうしく、試飲できるお茶をすべて飲ませてもらったので
お礼も兼ねて気に入ったお茶をいくつか購入^^



その間、彼は何をしていたのか?
お茶にはあまり興味がない様子^^;

隣に座ってた3人組の日本人の女の子たちに
ちょっかいを出そうとしていたけれど、日本語が話せないので
うまく、切り出せず断念。



変わりにすっごく美人のお茶屋さんの店員の女の子に
話しかけて、ほんの5分ほどで見事連絡先をゲット!!!


まあ、仕方ないか・・・・と、ここは何とか耐えました。
(おいらに実害ないし)


そうこうしているうちに、別のおいらの友達との待ち合わせの
時間が迫ってきて、待ち合わせ場所近くのマーケットに行って
時間をつぶすことに^^


マーケットの近くで、おいらはトイレに行きたくなって
ファーストフード店のトイレを借りるために中に入っていきました。

階段を上る途中、女の子を一人追い越したのですが
あの男が、その女の子に話しかけおいらがトイレに行っている
わずか2,3分の間に連絡先をゲット!!


ここまでくると、呆れるというか・・・・

あほか!?と突っ込みたくなるような展開;;;




ナンパそのものも嫌な感じだけど、日本から来て
観光している、おいらの前で街を案内するといっている
自分がおいらと出会ってから、わずか数時間の間に
2人の女の子をナンパって・・・・。


自由にもほどがあるでしょ;;;;




その後、マーケットを周ったのですが
その男のペースで歩き回っただけで、おいらの自由には
させてくれず、おいらはこれから友達と夕飯だから
いらないと断っているにも関わらず、ひたすら無料の試食品だけを
図々しく食べ歩き、おいらにも渡してくる。


ついでに店の女の子にちょこちょこ話しかける。



ついに、おいらの友達と待ち合わせの時間。

なぜか、ついてくる、その男・・・・・。



そろそろ帰るかな~と思いきや帰らず・・・・

いつまでも着いてくる・・・・


待ち合わせの場所で友達が現れ、再開を喜ぶ間もなく
その男が中国語でおいらの友達としゃべりまくり

おいらの友達がおいらに話そうとしてるのに
割って入って中断させる。


なんか、もうどうでも良くなって放置。


ついにおいらたちが食事をする予定の場所まで着いてきて
図々しくも写真を撮る。



その男から感じられる空気はもう、何でもいいから
少しでも自分の利益になるものを強引にでも毟り取ろうとするもの。

相手のことなんか微塵も考えちゃいない。


最終的にそのレストランが高いレストランだったからか
あまりにも、おいらが不機嫌だったからか
若干28歳学生のその男はそこで退散。



やっと平穏な雰囲気で友達と食事をして楽しくおしゃべり^^

そこのレストランは中々に有名なところのようで
和風建築のお茶屋さん^^食事もできる☆

そこで食べたのが魚の煮付けご膳的なご飯^^




友達いわく、盛り付けは和風だけど台湾の料理なのだとか!
でも、味も見た目も日本食そっくり^^

台湾の屋台料理は中華な感じの見た目と味だけど
この料理も台湾料理なのかと思うと、日本が昔占領していた時代の
影響をどうしても考えてしまいます^^;



その友達は大学生でおそらく21歳くらい。
英語はかなりのレベルで話せます^^


かなり変わった子で、19歳のときに一人、オーストラリアへ!
そこから南米、ヨーロッパ、アジアと世界を一周☆

その世界一周の旅行記を本として出版した子です!!
う~~ん、とってもGreatな女の子☆


その出版した本を頂きました^^



まあ、そこまではよし!


その後、夜の街を散歩して、近くにあった台湾大学のキャンパス内を
見て周り、近くの通りをお散歩^^


どうも、疲れてきたのか、話し方が怪しくなってきた;;;



脈絡がなく、話が飛びまくる。

話に落ちがないまま、次の話題に行くので
しばしば、何の話をしているのか分からなくなる。


細々と、これまたどうでもいいことをひたすら話し続ける;;;
あの男のように・・・・・。


彼女の場合はまったく悪気がない。
それどころか、楽しませようとしてくれている^^;



それだけに、どうしたものやら。。


後日、もう一度、一緒に出かける日があって
そのときに話をしていて思ったことは・・・・・

きっと、若さなのでしょう。


自分の世界をはっきりと持っていて、それを頑なに信じている。

おいらが話して何か意見を言っても、自分の意見を曲げない・・・
どころか、おいらの話を聞かない、話そうとしても途中で
さえぎってくるという始末;;;


いったい、何が彼女をそこまで頑なにさせているのか;;



若さ・・・としか言いようがないけれど^^;





結局、一日中、わけのわからん独り言に近い無意味なスピーチ
聞かされていたような日でした^^;



友達の家・・・・なんか、もう居心地が良すぎて
我が家のようになってしまった、その家に帰ると友達が
玄関入ってすぐのリビングでTVを見ていて・・・・・


おいらは思わず・・・・

あ~・・・・もう、何ていっていいか・・・・最悪;;
本当に最悪な一日だった・・・・。もう、何も言えないくらい;;


疲れきっていて説明する意欲も起きず・・・

ただ、そんな風に愚痴って、別の話題に^^

彼女は英語を話せるけれど、すごく上手というほどではない。
でも、彼女が相手だと話がスムーズ^^

猫のシャデューンに癒され、まったりと夜遅くまで
TVみながら友達としゃべり息抜き(笑)

彼女が女神のように感じた瞬間^^☆


ああ!!話しがちゃんと通じるってすばらしい!!




いかに言葉が分かっても、”会話“にならなければ、何も通じないのだ!!

っと、強く感じた一日でした^^;
  


Posted by Dice at 03:16Comments(2)