2011年06月29日

美容=ダイエット=健康 ⑤-1 姿勢 体験談編

さあさあ、今回、一番大事なんじゃないかと

言っても過言ではない姿勢についてです!!



世間一般では姿勢が悪いだけで


太る・・・・

肩がこる・・・・

見た目が悪い・・・

体がだるくなる・・・

スポーツなどで動きが悪くなる・・・

腰痛・・・・

血行が悪くなることに伴って
頭痛や脳の能力低下、運動能力低下、病気等々・・・


いろんなことが叫ばれています!!!


姿勢が崩れることはバランスが崩れること!

バランスの崩れはすべてのことに歪みを生じさせます^^


実はおいらの人生哲学こそ

  

      "バランス"


なのです!!

このバランスは古来よりいろんなところで
重要だと叫ばれています^^

この世のすべてのことに関して重要なのが "バランス"


特に中国の陰陽思想は有名ですね^^

太極拳や中国拳法などでよく出てくる勾玉が二つ
組み合わさった、この世のバランスをあらわしている太極図です!



この美容=ダイエット=健康のテーマにおいても

すべての項目において大切なのはこの

     " バランス "

なのです^^


人間の肉体的な姿勢というバランスは
目に見えてわかるバランスであるとともに
肉体すべて、間接的には精神面にも影響を与える
とーーーーーーーっても大切なバランスです^^


前回のテーマでも少し話しましたが
姿勢が崩れるだけで他の努力がすべて無効になりかねない
ほどの影響力があります;;

(もちろん、状況や体質等他の要因によりますが・・・)


さあ、まずは例によっておいらの体験談から話をはじめます^^



身長の高い人というのはえてして猫背になりがちです。

その例にもれずおいらもそうでした。


おいらは身長が高く、子どもの頃は特に控えめな性格だった
こともあり、なんとなく人より高い位置に目線を持っていくのが
恥ずかしくて、猫背でした。。


前にもお話しましたが、姿勢のせいもあり
中学生からひどい肩こりに悩まされ・・・・

(バレーボール部で運動していても肩こりで、運動不足のせいではなかった)

血行が悪く、老けて見られ、活力もなく
くらーーい感じでした!


高校まではそのまま!

変化があったのは大学に入ってから!!


大学に入り、体質改善しようと思い立って
まず、空手を始めました!!

社交性を身につけるためにファミレスのウェイターなんかも
やりましたが影響が大きかったのは空手のほうです!


武道をやるにあたって、運動全般なんでもそうですけど
姿勢というのは大事です!

空手の練習は自分の動きがキレイか?あってるか?
そういったことを見るために大きな鏡でいつも自分を見ながら
最初は行います!

そんな中で姿勢が少しずつよくなり、運動効果もあって
空手をやっていた大学時代は肩こりがいっきによくなり
まったく不快感を感じることがなくなりました!!


おいらにとっては驚くべき効果です!!


ただ、この時点では姿勢を正す・・・正しい姿勢の状態が
それほど自然ではなくある程度力を入れて維持しなければならない
ような状態でした;;(そして、首は曲がったままだった)


ちょっと話はずれますが、人間の筋肉はクセなどで
ある一定の状態をずーーっと続けていると
凝り固まる+筋肉が衰えて柔軟性がなくなります!


中学から高校くらいまで笑うということをほとんどしなかった
おいらは顔の筋肉が固まって、笑顔を"作る"ということも
できなくなっていたんです!!!

いや、自分でもびっくりですよ;;


そうなってしまうとマッサージをしたり意識的に動かす
などしてリハビリをしないことには元には戻らないんです;;

しかも、結構時間がかかります;;


なんせ、クセになっているので無意識のうちに元の状態に
なってしまうことが毎日の生活の中で多々あるからです。。



正しい姿勢を維持する筋肉も同様です^^

凝り固まっている腹筋、背筋、その他
正中線(人間の体の重心から地面に対して垂直に伸びている線)上の
あらゆる筋肉、人によってはずれてしまっている骨も
矯正しなおしていかないと


正しい姿勢=楽な姿勢(自然)


という風にはならないのです;;;



話を戻してその後、大学を卒業し、ちょっとだけ社交ダンスを
やったことがありました!

そのとき、自分の首が曲がっていることに気づきました!


これも最初、どんなに力を入れても、正しい位置に首を
もって行くことができなかったくらいに筋肉が衰え
凝り固まっていました。


ダンスはしばらくしてやめてしまいましたが
ホテルや結婚式場のウェイターという職についたことも
あり、少しずつ意識して首を直すようにし
姿勢も日常の中で気がついたときに意識して直すようにしました。




それでも、不規則な生活で仕事もハードだったこともあり
慢性の肩こりになっていて、その頃は東洋整体というマッサージ屋さん
に1ヶ月に1度くらい通ってました;;



セラピストの人に言わせると2週間に1度くらい
こないと直らないと言われていて、実際こり具合は
半端じゃなく・・・一度マッサージしたくらいでは
自分でも全然改善されてないことが分かるくらいでした。



補足しておきますが、そこのマッサージ屋さんは 悪いところではありません。

マッサージも効果的で気持ちよかったし、筋肉がほぐれもしましたし
骨の矯正(腰と首)をやってくれるところで、腰の骨のずれを
直してもらうと、体の動きが格段に良くなるなど
目に見えてよい効果がでてくるようなすばらしいところです!


ただ、今まで書いてきた通り、おいら自身の生活スタイルが
変わらないことにはいかにマッサージでほぐそうと
いたちごっこでなかなか良くなりません;;;




はい、話を戻します^^

まだ、この時点でも正しい姿勢を維持するのは大変な
努力の要ることでした。。


まずなんといっても筋肉に柔軟性がなく
力を抜かなきゃいけないのに、力を入れないと
正しい姿勢にならないというところが問題でした;;



1年目のオーストラリアのワーホリ!

環境がよくストレスがないこともあって
肩こりは解消されていましたし、姿勢も可能な限り
意識してたので少しずつ慣れてきます。

ストレスがないというのも大きな要因だったと思います!



そして、2年目のワーホリ

この頃からメディテーション(瞑想)をするようになりました!
ヨガもはじめ、短い時間ながらに毎日のヨガとメディテーションを
する中で姿勢を正し、かつリラックスして力を抜く
ということを意識的に始めました!



はい!ここで一つ!!

今まで正しい姿勢、正しい姿勢と書いてきましたが
実は・・・2年目のワーホリが終わって日本に帰ってくるまで
はっきりと、どういう姿勢が正しい姿勢なのかということが
分かってなかったのです!実は(笑)


ただ、なんとなく背筋を伸ばした状態で一番楽な骨の位置が
正しい姿勢なんだろうなと思って、メディテーションなどを
しながら少しずつ微調整をしていました


そうこうしているうちに、日本へ帰国!

はっきりと姿勢を正していることが楽だと感じたのは
このときになってからです^^


そして、このときになってやっと正しい姿勢はどんな
姿勢か調べてみたという・・・・なんともお粗末な話なのですが・・


そして、調べた結果・・・・・

おいらの姿勢は95%理想的な姿勢ということが判明^^

微妙にずれているところはあったけれど、ほぼ正解!!



今では正しい姿勢が一番楽な姿勢となっています^^


おかげさまで、今までに比べて長時間たっていることが
辛くなくなり、腰が痛くなることもなく、肩こりが激しくなることも
なく、さらに正座が長時間で来て足もしびれにくいなどの効果も発揮!!



姿勢を正している限り、体がだるくなることもないです^^

(もっとも極度の疲労や寝不足の状態では無理な話ですが・・・)



自覚はできないですが、血行もよくなっているだろうし
体の各部も疲れにくくなっていることと思います^^


さてさて、それではここから正しい姿勢を身につけていくための
指針なるものをお話したいと思います^^

方法は??と問われると・・・実はどこかの整体屋さんみたいに
これ!!・・・といったものを示すことはできないんです^^;


まず、おいらが姿勢を正す方法に関して勉強不足であること。

そして、やっぱり人それぞれ合ったやり方というものが
あるだろうということの2つが理由です。

何事もやってみないとわからないってことですね(笑)


が、しかし、まずは正しい姿勢がどういう姿勢なのかを
知ることからはじめ、自分がどのようにずれているのかを
見ることが第一なのは間違いありません^^


今までの私自身の体験を元に次回は

「私が考える具体的な正しい姿勢を身につけるための指針」

をご紹介したいと思います^^

  


Posted by Dice at 12:57Comments(5)

2011年06月27日

美容=ダイエット=健康 ④-2 血行を良くする 実践編

さあ、いろいろとある血行をよくするのお話ですが

みなさんが実際に取り組むのにどうしたらよいのか??^^


まず、動物性の脂肪を取らない、もしくは減らす
ということはすぐにでもできることでしょう^^


おいしいからやめられないと言う人も多いでしょうが
それもきっと歳とともに脂っこいものが食べられなく
なるので難しくなくなるでしょう^^


そして、やめられないまでも減らすことはできるはずです!

脂肪を減らす方法としては肉を食べるときは鶏肉を選びましょう!

豚や牛よりも脂肪分が少ないです!また、鳥胸肉や
ささみなどは鶏肉のなかでもさらに脂肪分の少ない肉です。


動物性脂肪の危険性を知って、あのアメリカ人ですら
鶏肉を食べようとだいぶ前から訴えているほどです!

(未だにアメリカのあの不健康な食生活は改善されないですが・・・・・^^;)


あとはちょっと考え方を変えてみるといいです^^

世の中には肉を使った料理があふれているし
脂肪たっぷりの肉がおいしいというのも事実ですが
実際のところ、肉自体がおいしいというより肉の味付けが
肉のおいしさの大部分を占めている気がします!^^

何の味付けもない焼いただけの肉はおいしくないはずです!

そう考えて周りを見てみると、肉を使ってないのに
すごくおいしい料理というものが結構あるものです^^


肉の代わりに魚介類を食べるというのも一つの方法です!
それで満足できるのであれば、何の問題もないです^^


魚介類は肉の脂とは逆に血液サラサラ効果があります!

魚介類は現代人に不足しがちなものが多く含まれているので
食べたほうが良いものではありますが、食べ過ぎないように
したほうが良いのは、魚介類も一緒です^^


次にできそうなことと言うと姿勢をよくすることですかね^^

これも正直、努力が必要ですし
難しいといえば難しいです;;

ですが、姿勢が悪いと肉を食べなくしても
運動をしても考え方を変えても多くのことが
改善されない可能性があるので
多少無理してでも姿勢は直すことをおすすめしたいです!

姿勢の直し方は次回お話します^^



Yogaに関してはトレーニングのところで
お話したとおり、自分にあった運動の仕方を取り入れて
続けることが第一です^^

楽しんでやれなければ逆効果ですから^^;

体全体に活力が出てくれば、今まで楽しくなかったものも
楽しいと思えるようになったりもするので
Yogaやその他有効な運動方法はそのときに
やればよいと思います^^


そして、気功ですが・・・・・

非常にお勧めの方法ではあります^^

が、これもまた好みの問題もありますし
エネルギーを感じられるようになるまで
時間がかかりますし・・・

興味があるならやってみよう! といったところです^^;


エネルギーを取り入れるのに非常にいい方法ではありますが
あくまで方法の一つなんです^^


実は気の流れを良くしたり自然からエネルギーをとりれる
やりかたっていうのは、気功以外にもあるんです^^

(気功ほど効果的ではないですが・・・)


Yogaも気の流れを良くする方法の一つです!
肉体面も鍛えるのである意味では気功よりも優れた方法です!


ただし、気の流れを意識するようなYogaのやり方は
世間一般にあまり広まっていないので、効果的に
やるにはもっと専門的に学ぶ必要があります^^



森林浴や自然体験も良い方法です^^

動物と触れ合うことも有効です^^

自然でも芸術、映画でも何かに感動する瞬間というのも
エネルギーを高める方法の一つです^^

神様に祈るというのも実は一つの方法です!
(一心不乱の集中だからです)

ただし、ポジティブな祈りでないとダメです。。
ネガティブな気持ちで祈っても逆効果!


一般的なストレス発散方法もある意味有効ですが
それはあくまで悪い気の発散であって
エネルギーをためることではないです;;


森林浴などのYogaや気功以外の方法は有効ではありますが
そのときだけで持続させることができません。

そのときだけエネルギーが高まったり
補充されたりするけど、その後、またすぐに
弱まってしまったりするんです。。


ですが、そうやってまずは体感してエネルギーを
意識することが大切です!


そうすれば、そのうちYogaや気功をやりたくなるかもしれない。

そうでなくても、エネルギーを取り入れるために自然の多いところを
好むようになったりいい雰囲気の場所を好んでいくようになって
エネルギーを補充するようになるからです^^



さあ、最後にどうしてもどん底に落ちてしまって
自分では血行を改善できなくなってしまったときは・・


マッサージやアロマテラピーなどの
リラクゼーションサービスを受けましょう^^

あくまで一時しのぎですが、まずは自分で
がんばれる程度に元気にならないと何もはじまりません!^^


そう、言い忘れてましたが、半身浴も非常に
有効な方法の一つです^^

科学的にも証明されている方法ですし、毎日続ければ
いい効果がたくさんあることと思います^^


これも日本に帰ってきてからやるようになった習慣です^^

夏はシャワーだけという人も、半身浴なら
それほど暑さを感じずに楽しめるはずです!


ああ、なんかうまくまとまらなくなってしまいましたが
血行を良くする方法というのは本当にいろいろあるし
食事や運動、姿勢もすべて関係してきます^^


いろいろある中、この"血行を良くする"で目玉になる方法は
活力を補充する方法です^^


自然の多いところに行ったときの気持ちよさ!!

すばらしい、本や映画、音楽、キレイな景色
写真などなどを見たときに感じる感動と鳥肌の立つような爽快感!!


動物と触れ合うときのほんわかした優しい気持ち!!


そういったときに感じる心地よさこそが
活力の源であり、活力が補充されている瞬間です^^



とはいえ、やっぱり多くの人にとっては
この方法は分かりにくいことでしょう;;


食事でも運動でも姿勢でも半身浴、断食なんでもかまいません!!
まずはできるところから始めましょう^^


何事も無理せず楽しみながらやるように
することが大切です^^


  


Posted by Dice at 14:23Comments(2)

2011年06月26日

美容=ダイエット=健康 ④-1 血行を良くする

さあ、美容=ダイエット=健康のお話も後半へ突入^^w


今回は "血行をよくする" です!


この血行をよくするという話はだいぶ複雑なんです;;



血行を良くすると他の部分が改善されて、改善されたところが
また良い血液の流れを作り出す・・といった具合に
お互いに影響しあってたり、複数の要因があったりで;;


血液の流れや血液の質の良し悪しは
胃腸と同じく、体全体の機能や能力、健康に関わってきます!^^

老化防止の基本でもあります^^


なぜなら・・・

体に必要なエネルギーも栄養も酸素もすべて血液によって運ばれ

なおかつ、病原菌や老廃物、毒素も全部血液に運ばれるからです!^^


血行が悪いだけで多くの病気のリスクが高まるし
身体能力も落ちます;;


逆に言うと、血行をよくするだけで多くのものが
改善されるってことでもあるんですよね、これが^^


まずはおいらの体験談をご覧ください^^

おいらは子どもの頃(中学生くらい)から
ずーーっと肩こり持ちで大変な思いをしてきました;;


身長も高く落ち着いていて
表情や肌があまりよくないせいもあって
老け顔にみられがちでしたし^^;


が、今は肩こりがなくなったわけではないけど
以前みたいに肩こりで気持ち悪い、しんどい・・・

ということはなくなって、肩に触ってみると
ちょっと固いかなくらいでまったく気にならなくなりました^^



見た目も最近、年齢よりだいぶ若く見られます^^

この前、職場で初めて会う女の子(大学生)に

「お酒飲める年齢ですよね?」

とか、未成年疑惑をもたれたくらいです(笑)


ま、これはだいぶ稀・・・というか、自分でもいくらなんでも
それはないだろ!?っていう感じですが;;
(実年齢は30です!)


さて、若く見られる理由はおそらく、表情と活発さ
肌の質でしょう^^正直、自分では肌はそんなにキレイだとは
思いません。以前に比べると良いのは間違いないですが^^


どうして、肩こりが改善して若く見られるようになったのか??


直接的には血行が良くなったことが原因です^^



では、どうして血行がよくなったか

・考え方が変わった(気楽になった、緊張しなくなった)
 
 =生きる覚悟ができたともいえる

・食事のスタイルを変えた

・姿勢がよくなった

・Yogaをするようになった

・気功



おいらの場合は緊張しなくなったのが一番の要因だと思います^^

緊張や不安、ネガティブな心は慢性的な肩こりを
引き起こし肩こりは血行を悪くします。

肩こりが強調されてはいますが
他の部分もコリがあったはずです!


オーストラリアでの経験が考え方を変えたのは
確かですが、実際、気楽な、余裕のある心は持とうと
思って持てるもんでもないです;;


食事やYoga、姿勢、気功なんかの助けがあって
初めて気楽になれたといえるでしょう^^


食事やYogaはどちらかといえば肉体的な面での
血行を良くし筋肉の緊張をほぐします^^

気功や様々な体験は精神面をよくします。
ただ、気功に関して言うなら肉体的な活力にも影響します!



では、順番に見ていきましょう^^


まず、食事!!

これは前回の日記にも出てきたホットな話題ですね!^^


血行を悪くする要因は様々ですが
一番分かりやすく、すぐに影響がでるのが動物の脂です;;


動物の体温は40℃前後かそれ以上

対して人間の体温は36℃前後!


動物の脂肪は40℃前後で正しく機能します。
しかし、それより低い人間の体温下では、油を冷やしたとき
ドロドロになって固まるのと同様、粘りっけがでてきます;;


そして、動物性脂肪というのは分解されにくく
そのまま人間の血液に入ってしまうんです。



当然粘りっけのある脂が血液に入れば、血液もドロドロに;;

そうすると血行は悪くなり、細かい毛細血管まで血液が
いきわたらなくなります;;


実際、肉を食べた直後の人間の血液を検査すると
ドロドロなのがわかるそうです。

実際、おいらも脂肪たっぷりの肉なんかを食べると
頭がボーーーっとしてきます;;


それ以外にも偏った食事で動脈硬化になったり
血液中の栄養素が不足、偏るなどすると
当然、身体機能に悪影響がでますね^^;




続いて "姿勢" です!

姿勢については次回により細かく見て行こうとは思ってますが
要は姿勢が悪いと体を支えるのに余計な力を使わなきゃいけない。


一部の筋肉が常に緊張しっぱなしになるので、凝る。

凝りによって血行は悪くなるといった具合です^^


これまた逆に姿勢をよくするだけで
肩こりが直る人もいるでしょう^^



そして、Yoga!!

Yogaはポーズをとることによるストレッチ効果で
筋肉の緊張をほぐして、血行を良くします^^

呼吸法によって酸素を十分に取り入れるとともに
呼吸法は心をリラックスさせる効果もあります^^


血行が良くなれば、ヨガのポーズもとりやすくなり
体が柔らかくなればまた血行がよくなるの良い循環が生まれます。


酸素がたっぷり含まれた血液は血行のよくなった
血管を通って体の代謝を促して、体全体の調子を整えます^^





最後に気功です!

まずは気功とは何かをちょっと話しましょうか^^


気功とは自分の体内の気の流れを
コントロールする方法です!

他人のけがや病気を治したりなどというのは
上級者だけができる、おまけみたいなもんです^^

中国では人間の体には気と呼ばれる見えないエネルギーが
流れていると考えられています。


さて、では気功でどのような効果があるのか?
                                  


気の流れは血液の流れに沿っているとも言われていて
気の流れがよくなれば、血行も良くなるといわれいています。

血行の促進です^^



そして、気功では自然界からエネルギーを
取り入れることことを最初に行うのですが・・・

なぜかと言えば、体をめぐらせるエネルギーが
足りなければ話にならないからです!


そのエネルギーをためると
体に活力が生まれ客観的に元気になります^^

それとともに精神が安定して前向きな考え方が
できるようになります!^^


ちょっと想像してみて欲しいのですが

疲れているときや、ものすごく嫌なことがあって
落ち込んでいるときに前向きな考え方ができるかというと
すごく難しいはずです^^;

できないことはないでしょうが
せいぜい、強がり程度に留まると思います。



前向きな考え方や心に余裕をもつには根本的に
活力やエネルギーというものが必要なんです^^


気功の科学的な効果や仕組みというものは正直なところ
まだ誰も説明できないでしょう;;


ただ、エネルギーを感じて自然からエネルギーを取り入れて
体を循環させることによって緊張がほぐれ体調がよくなり
元気になることは私自身、実感しています^^


以上、血行が悪かった自分が実践して改善した方法です^^


具体的な実践方法は・・・・!?

次回に   " 続く "

  


Posted by Dice at 07:31Comments(6)

2011年06月24日

美容=ダイエット=健康 ③-2 胃腸と食べ物 体験談編

さて、ついにおいらの体験談です!!^^

体験談に入る前においらの身体情報をもう一度確認しましょう!


基本データ

身長184cm

体重 オーストラリアに行く直前:76kg

   今現在         :66kg

痩せ型で筋肉質

基礎代謝がよく基本的に太らない体質です。


オーストラリア行く直前の体重は友達に会いまくって
外食しまくって増えた結果の体重です!

1日2食は外食という生活を毎日してました。

つまりはとても不健康な食生活の結果です。

それ以前は72kgでした。



さて、おいらは大学に入ってから初めてワーホリに行くまで
72kgという体重をずーーーーーっと維持し続けていました!

というより、変えたくても変わらなかったとでも言いますか・・・。



大学生当時、空手をやっていて筋肉をつけたかったし
体重は多少あったほうが有利ということもあり、めっちゃ食べました!!

そして、バイト、部活、理系の学校と一日20時間稼動な勢いで
活動もしていました。


なんにせよ、増えもせず・・かといって減るかって言うと
減りもせず、ずーーーーっと一定!




一年目のワーキングホリデーに行ってファームで働いたときに
初めて体重が減りました。


*この時点での体重の変化は日本と違った環境にいたことと
過度の労働、そして年齢的なものだと思います。


ここで、おいらの体は運動量と食事量に比例して体重が
増減するんじゃないかってことに気づき始めました。






そして、2年目の直前、例によって外食しまくりで
体重は76kgに!!顔を見れば以前よりぽっちゃりしてるのが
分かるくらいの変化です!



2年目のオーストラリア!

今となっては何がきっかけなのかさっぱり分からないのですが
菜食に移行しようと思い立って、可能な限り肉は食べず
魚を食べるようにしました!


仕事も見つかり1日10時間の労働を週5回働き
通勤はチャリで当初、往復1時間。

その後、往復1時間20分となり 気がつくと
3ヶ月であっという間に体重が落ちて、当初の72kgよりも
落ちて70kgになっていました。



ほおっておいたら、どんどん体重が落ちていきそうな勢いで
これはまずいと思ってがっつり食べるようにして、体重を70前後で
保ちました。ちなみに季節は夏です!!



このときの生活はなれない仕事でストレスばりばり!

ほぼ毎日ヨガをやり、メディテーションなんかもやってました!


食事はあくまで野菜中心で白い米と野菜、そして魚を少々。
調味料は可能な限りシンプルに塩コショウとガーリックパウダーに
しょうゆ、植物油といったものが中心!


具体的には野菜炒め、味噌汁、納豆、たまにシチュー、パスタ
なんかも作ってましたし、一時期、揚げ豆腐にはまってました。

デザートの類も割りと買ったり作ったりして食べてましたね^^
アイスにあずきを載せて食べたり、クッキーを作って食べたり!


職場が日本食レストランで調理補助をしてたので
この時点では肉をもらってきて食べることもたまにありましたし
巻き寿司は割ともらって食べてました。


*この時点では今ほどの健康知識はなく、このときから少しずつ
勉強をし始めた感じです。



この時、体重が減ったのは単純に運動量が多かったことが
一番の要因だったと思います!

肉をあまり食べなくして脂肪摂取を減らし、ヨガをしたりすることで
血行が良くなったことも一因だと思います!



おいらは元が代謝の良い人なので運動量にそのまま比例して
体重が上下する傾向にあります!


みなさんも自分の体質をいろいろ把握してみてください^^


そして、いつから体重が減り始めたのかは謎ですが
少なからずオーストラリアを出る2ヶ月前までは70kgでした!



ちなみに最後の2ヶ月は自転車で100kmの旅をしたり
友達とみんなでレンタカーを借りて旅行して、イルカの街で
のんびりと毎日、太極拳とメディテーションをして過ごしたりしてました!



さて、その後、香港に行ったのですが・・・
そこでおもしろい体験をしました!!^^


香港には10日間ほど滞在して、友達に会ったり、街探検、島探検
したりしてたのですが、100%外食でした!

その外食の大半はローカルな屋台飯!それが一番安かったからです^^;
そして、自炊ができない宿だったので・・・・・。


おそらく、その食事と香港の空気が影響していることは間違いありません!

香港について2日で口内炎になり、その後行った沖縄で
2日で口内炎が治りました!

香港での食事はほとんど肉ばかり!!魚介もあったけど
野菜はほぼゼロ!そして、脂っこい料理ばかりで、屋台で使われてる
油はあきらかに質の良くない古いもの。。。

これが一番の原因だと思います!


ちなみに香港は晴れても太陽が見えないくらいにスモッグが
かかっていました!10日間いて太陽を見たのは1度きりです。



*体に変化があるのは何かしらの信号です^^
ここまではっきりと変化が出てくることは初めてだったのでびっくりです!

体の変化を捉えて、改善していくことが大事ですね!




そして、3月の終わりくらいに横浜に戻り。。。

その頃にはだいぶ今の知識が身につき、地元に帰って
落ち着いてもいたので食事を少しずつ改善していきました。


まず、食事のスタイルは


・雑穀入りご飯

・味噌汁


この二つを中心としてほぼ毎食、メニューに加えます。

それプラス、煮物、ひじき、のりの佃煮、昆布、冷奴、漬物
などの野菜や海草類を加えたのがおいらの基本食事スタイルです!

あと、週に3,4回、夜、日本酒をロックグラスに
半分くらい食事と一緒に飲んでました。

ちなみに毎朝、納豆を食べています!


おやつには切り餅をオーブンで焼いて、自分で作ったあずきと
きな粉で食べます。当然、砂糖少なくしてかなり甘さ控えめです!

クリーム系や砂糖や化学調味料が大量に入っているコンビ二スナック系は
一月に一回食べるか食べないかくらいでした。


この食生活をはじめてからお腹が空きにくくなったし
水分もたくさんとらなくても喉が渇かなくなりました。


そして、たまに思いついて半日断食をしています。

半日断食は夜飯を食べたあと次の日の昼まで何も食べず
その昼飯を少なめにするというものです。

断食をするととても頭がすっきりとして、体調が良くなることを体感!


ちょうど花粉が飛んだりする季節でもあり
おいらも花粉症をもっているのですが、症状は明らかに
軽く、大量のティッシュを持ち歩くことはなかったです^^


そして、気がつけば体重が65kgくらいに・・・・^^;

周りからもオーストラリアから戻って明らかに痩せたと
わかるくらいだったので、日本に帰ってきたときには体重が
減っていたのでしょう。


*このときも自分の生活スタイルが花粉症の症状を軽減したと
実感できる瞬間でした!




はてさて、ここでちょっとまとめてみましょう^^


最初、過度の労働で体重が減ったり、外食しまくりで
体重が増えるなど、おいらの体は食事量、運動量に比例して
体重が増減することを学びました^^


菜食に興味を持って肉の食べる量を減らし始めました。
運動量も増えて、ヨガやメディテーションなどの効果もあり体重減!


その後、砂糖の危険性を知って、甘さを控えめで
食物繊維やその他の栄養素をとることができる、あずきや
和菓子中心の間食に切り替えます。

香港で油と肉が体に与えた変化から、食べ物の影響の大きさを学びます!


日本に帰って自分が学んだ食事改善を実践しはじめ
花粉症やその他の体調改善、実は頭の回転も良くなり、記憶力も
増すなどの効果もありました!


断食に興味を持ち、始め、その効果を体感!!


これがおいらが今まで勉強し、実践して学んだことです^^


こと胃腸や食事の知識に関してはもっとたくさんあるのですが
今回、ここで大事なこと、学ぶべきことは胃腸をはじめとする
内臓を元気に保つことです^^


みなさん、あまり実感はないかもしれませんが
胃腸もその他の内臓も働けば疲れるんです;;


食べ物を消化吸収すると疲れる、消化吸収しにくいものを食べると疲れる
尿を排泄すると疲れる、過剰摂取の栄養を排泄すると疲れる
アルコール、タバコ、病原菌を追い出すのも疲れる。


多食は当然、胃腸を長く動かし続けるわけですから疲れます。


大食いは一度にたくさんの量を消化吸収しようと働くので疲れます。


消化しにくい、動物性脂肪や動物性たんぱく質の消化も疲れます。


過剰に摂取した栄養をこしとって無害なものにして排泄するには
体の内臓をたくさん働かせなきゃいけないので疲れます。


水分を取りすぎてたくさんおしっこを出すのも疲れます。


当然、アルコール、タバコ、病原菌といった基本体に必要のない
毒素の類を処理するのにも大量の栄養素やエネルギーを使い、かつ
内臓も疲弊します。


胃腸をはじめとする内臓が疲れるとどうなるか??

正常に病原菌や毒素を排泄できなくなり、病気になりやすくなったり
肌があれたり、血行が悪くなったり、うまく消化吸収できなくなったり・・

それに伴って記憶が悪くなったり、だるくなったり、精神が不安定に
なったり、いろんな症状が体に現れます。


そして、要である胃腸が悪くなるとそもそも体を元気にするための
元になる栄養が十分に吸収できなくなるわけですから
すべてが悪い方向に悪循環していくんです!!



みなさん、胃腸が大事な理由は分かってもらえたでしょうか^^

どれもこれも疲れはするけれど、必要な機能です!
なので、なるべく無駄な働きをさせずにいたわることが大事です^^


内臓をいたわるために気をつけられる一番の方法が食事なんです^^


・よくかんで、唾液をしっかりと絡めて食べる!

・アルコールを過剰に取らない、タバコを吸わない。

・栄養を偏らせない。

*不要な栄養分の排泄は内臓を疲れさせます。
栄養過剰症がでないから良いというものではないんですよ^^

・砂糖、肉といった胃腸に負担をかけるものをなるべく食べない

・規則正しい時間に食事をすることで胃腸に負担をかけない

・多食、過食は避ける

・水分を取り過ぎない



そして、たまに断食をすることで胃腸にお休みしてもらうのも
いいかもしれませんね^^

実は断食は胃腸を休ませるだけでなく
腸内に蓄積されてる悪い堆積物を取り除くという意味もあります!



腸に堆積している悪いものを宿便というのですが
便秘などで便が腸内にたまるのと同じです!

便といえど元は食べ物ですし有機物なのでずーーっとほっとけば
程よい体温と菌で腐ってきます。腐って毒素に変わった便を
拒みきれず腸は少しずつ吸収してしまうのです;;;


そうやって腸内に残っている便から吸収された毒素で肌が荒れたり
病気になったり、体全体の老化が進んだりします

一説には発がん性物質ができるとも言われています。



本格的な断食をすることで禁煙に成功する人もいると言うくらいに
体を正常に戻す効果がある断食^^

みなさんも簡単なものから 試してください^^



ただし、くれぐれもムリはいけません!

みなさんが自分でやる断食は半日断食がいいでしょう!

1日断食、3日断食などはちゃんとした先生の指導の下やらないと
健康に悪いだけでなく、命に関わります。



せっかくなので簡単な半日断食をご紹介!!


通常、みなさん夕飯は夜6時から8時の間くらいに食べると思います!
夕食を食べてから18時間食べないということがポイントです!

夜6時に夕食を食べるとちょうど、次の日の12時で18時間!


そして、翌日の朝食を食べない代わりに水を500ml以上飲みます^^
これもムリにたくさん飲む必要はないですが1ℓ~2ℓくらい飲むと
いい感じで宿便の排泄を促せる気がします^^



そして、ここが最大のポイント!!!

昼食をいつも食べる量の6割~7割くらいを意識して食べてください!
5割でもいいです!とにかく、少なめ!

夕飯も腹八分目、満腹にならない程度にしてください。
昼食と同じく少なめでもOKです!

そして、油っ濃いモノや味の濃いものは食べないほうが良いです!
せっかく胃腸を休めても刺激の強いものを食べては意味がありません。


断食は断食後の食事が一番大事なのです。
そこでたくさん食べたり、刺激の強いもの味の濃いものを食べると
何も入ってないお腹に急激に刺激が加わって、かえって逆効果に
なってしまいます;;




さあ、今回のお話はいかがだったでしょうか?^^


ここまでで、前回とあわせて、ある程度筋肉をつけること
胃腸をよくすること2つを話しました!^^


次回は血行を良くする!です^^


  


Posted by Dice at 09:58Comments(0)

2011年06月22日

美容=ダイエット=健康 ③-1 胃腸と食べ物

さあさあ、みなさんお待ちかね^^


食べ物に関することですよ~☆



これについては以前に日記に載せた健康的な食生活と
だいぶかぶるところが出てきます!

今回はオーストラリアから日本に帰ってきて今までの自分の
生活と実体験を軸にして話を進めたいと思います^^



まず、おいらの実体験を話す前に胃腸と食べ物に関する
要点をしっかり頭に叩き込んでください^^


胃腸の調子を簡単に知る方法は自分の " 便 " を見ることです!

理想的な便は・・・・・・


・水に浮く

・つながって一本になっている
(2つ、3つに分かれるくらいは気にしなくていい)

・薄い黄色っぽい色

・嫌なにおいがほとんどしない
(便がにおわないという事は当然オナラもいおわないってことです)

です!!!


胃腸の調子を悪くする要因は様々ですので後ほどお話します。



そして、良い食事とは・・・・

主菜

・炭水化物が中心の献立
(ただし、ただの白米ではダメ。雑穀入り、半精米の米)


副菜

・発酵食品

・豆製品

・魚介類、海草類

・野菜


*食事の際の注意点

よくかんで食べる!最低一度に10回くらい!
唾液をしっかり食べ物に絡ませる!

こうすることで、胃腸での消化吸収の負担を軽減する。
(胃腸の元気を保つ)

時間をかけて食べることでたくさん食べなくても
満腹感が得られる。

食べ物が消化吸収されて血糖値があがるのに20分かかるという。

20分以内に食べきってしまう早食いは満腹感を感じないため
必要以上に食べてしまう危険性がある。




*なるべく食べない、少量にしたほうが良いもの

・油 : 動物性脂肪、油が一番ダメ!植物油も良くない。
     油そのものを調理に使わないほうがよい。

(魚介類、野菜にも油は含まれているので調理に使わなくても摂取できる)

     もし、使うならばオリーブオイル。日本では一般的で
     はないが亜麻仁油なるものがベスト!


・砂糖 : まったく必要ない。砂糖は一種の嗜好品。

       純粋な精白糖は純粋な炭水化物。

       同じ炭水化物の米と比べると消化吸収に必要な工程が
       非常に少なく、あっという間に吸収されてしまう。

       米は体の中で長持ちするけど
       砂糖は長持ちしない。
    
       エネルギーは他の炭水化物で取ればよい。
 
       もし、使用するなら無精製の砂糖を使う。
       ミネラル、ビタミン等が含まれている分白砂糖よりはまし。


・獣肉 : 動物性脂肪が一番良くないのだが
      動物性のたんぱく質も分解しにくく
      一般的に食べ過ぎる傾向があるので控える。
    
      たんぱく質は1日60g必要。肉の成分を簡単に調べたところ
      肉100g中に含まれるたんぱく質は約19g。

      では一食につき100g 食べてよいかというと実は
      脂質は肉100g中約22gで一日の必要量が44gと
      3食肉を食べるとオーバーしてしまう。

      さらに、脂質で体に必要なのは動物性脂肪ではなく
      主に植物由来のものと魚介類から摂取できる
      脂質なので、肉で脂質を摂取すると確実に脂質の取りすぎとなる。
    





さて、要点はだいたいこのくらいです^^

食事に関するところが長くなってすみません。


まあ、食事はそれだけ大切だということです!



それではおいらの体験談に入る前においらの身体情報を見てください^^


基本データ

身長184cm

体重 オーストラリアに行く直前:76kg

   今現在         :66kg

痩せ型で筋肉質

基礎代謝がよく基本的に太らない体質です。


さあ、体重は以前に比べて10kg減ってますが
オーストラリア行く直前の体重は友達に会いまくって
外食しまくって増えた結果の体重です!
1日2食は外食という生活を毎日してました。

つまりはとても不健康な食生活の結果です。

それ以前は72kgでした。


さあ、ここでみなさん、どのくらいの体重が良いのか?
気になるところですね^^


標準体重はBMIが今は主流ですね^^

一昔前までは (身長-100)×0.9 

というのをみなさん使っていたはずです。


でも、実はこの計算式、正しくは男性と身長の高い女性は110を引く。
一般的な女性は105を引くことになっています。

さらに身長150cm以下の人には正しい数値が出ないといわれています。


BMIの計算式 標準体重(kg) = 身長(m)×身長(m) × 22(BMI)

でおいらの標準体重を計算すると

      " 76kg "


(身長-110)×0.9の計算式で計算すると

      " 66kg "

となります。


さあ、今主流のBMI・・・・しかし、76kgのときのおいらの
生活は間違いなく不健康!!


そして、旧スタイルの計算式は今の体重で
割りと健康的な生活スタイル。


しかし、多少脂肪がついているほうが長生きする
という説もあり必ずしもベストとは言いがたい。。


どちらが正しいということはなく、あくまで目安なのです^^

人それぞれ、体質というものがありますので;;




ちなみにWikiから引用したBMIの解説には・・

"BMI=22 となるとき、高血圧、高脂血症、肝障害
   耐糖能異常等の有病率が最も低くなるとされている。"

とあります。



これはあくまで統計上の確率の話。
中には例外もたくさんあるということです^^



そして、高血圧、高脂血症、肝障害、耐糖能異常は
一般的に生活習慣病と呼ばれているもので、原因が分からない
もしくは複数あるという病気ばかり。

つまり、必ずしも体重が原因でなるわけではないということです。



標準体重から大きく外れることには問題はありますが
体重そのものよりも、自分の体調が良いのか悪いのかを自分で
感じることが大切です^^


そして、体重は増えたか減ったか?
どれくらいの期間でどれくらい増減があったのかをみることが大事です!


急激な変化は良くないですし、大幅な増減も良くないです。

そして、体重が増えたということは、筋肉か脂肪か骨か・・・・
とにかく 何かしら体の内部に物質が増えたということです。


体重が減るということはこれまた筋肉か脂肪か骨か・・・・・
何かしら減ったということです。


自分の体調や食べてるものを見て何が増減したのかを
考えてみることも大事です^^



さあ、前置きにしてはかなり長くなってしまいました;;

とは言え、普通はこれでみなさんが持つべき知識としては
ほとんどをカバーしていて、お終いにしてもいいところなのですが・・


知識はあくまで知識ですし、すべてが
全員に当てはまることでもありません^^


そして、実践の方法とも少し違います。


この知識を元にして実際に自分でやってみて
試行錯誤をしながら自分にあった方法というのを見つけてい
くことが実践なんです^^w


何度もいいますが、それぞれ体質というものがありますので;;


それでは、今日はこの辺で!

おいらの体験談はまた、次回お話することにします^^




"  続く  "
  


Posted by Dice at 22:27Comments(2)

2011年06月21日

美容=ダイエット=健康 ② トレーニング

さて、今回からは美容、健康、ダイエットのための
具体的な方法について話そうってことになってますが・・・・


これが実行するのがまた難しい^^;

きっと、やり方なんかはみなさんも
いろいろ知っていることかと思います!


特にトレーニング!!!


これは続けなければ、どんなにいいトレーニングも台無し;;

しかも、女性は男性よりもホルモンの関係で筋肉が付きにくいと来てる^^;


トレーニングにあたって全体的にバランスよく
鍛えるのが一番ですが、女性の場合

体を鍛えるときのポイントは・・・・


腹筋・背筋 : お腹のくびれ、腹式呼吸の補助、出産の補助、腰痛防止 等

足 : 足の筋肉は血液が滞留しやすい足のポンプ!血行促進!美脚 等

胸筋 : 胸を支え形をキレイにする、肩こり防止 等


あたりが、良いスタイルを作るのにいいかと思います^^


でも、正直なところトレーニングに関しては
特別トレーニングポイントを意識せず、各自のやり易い方法が
一番だと思ってます^^



さっきも言ったとおり ” 続けること ” が第一です^^


男性の場合はある程度トレーニングしたらあとは
日常生活で食っちゃ寝みたいなことしなきゃ、維持するのは
難しくないんですが、女性は筋肉が付きにくい分、維持するのに
やっぱり、多少の努力が必要かと思います^^;


続けるにあたって、運動が好きなら、運動をしたらよいですが
そうでない場合はやはり日常生活にトレーニングを
取り入れるのが一番でしょう^^


一般的に言われている健康法のひとつ ”歩く”
というのも、いい方法です^^

買い物行くとき、出かけるとき、仕事に行くとき^^
とにかく、なるべく、乗り物を使わずに可能な限り歩く!!


ほかにも洗濯や掃除、家事の類をすることによって
体の色んな部分を動かすことになるかと思います^^


お寺のお坊さんや武道をやる人が雑巾がけで足腰を
鍛えるなんていうのも有名な話です^^


日常生活の中でなるべく便利な道具を使わずに
体を動かしてやるやり方を考えるのが大切です^^



そうすることによって、お金や消耗品の節約にもつながることでしょう^^
家計も助かるし、エコな生活にもつながります!!






積極的に体を動かすスポーツのようなものをしたい人は
自分の好みのものをやったらいいですが、いくつかお勧めを^^


何といっても女性に人気で家でもできるのが

      " Yoga(ヨガ) "

見た目によらず割とハードな運動ですが
慣れてしまうと、そんなに大変な運動でもありません^^


そして、何より、ヨガの極意はムリをしないことです!

先生の教えの通りに、ビデオでみた形通りに
ポーズをとらなければならないということではありません^^


もちろん、お手本のポーズを目指して、がんばるのですが
体の固い人はムリせず辛くない範囲でポーズをとればいいのです^^


ポーズをとる時間も目安は決まっていたりしますが
特に最初慣れないうちは自分のペースでいいと思います!


辛くならない範囲でポーズを持続させておしまい^^
少しずつ慣れてきたら長くしたらいいです!


*長くしすぎるのも良くないですが;;
目安の時間の範囲でやりましょう!


呼吸の仕方もあるでしょうが、最初はムリにやらなくてもいいと思います^^

ポーズをとるだけで精一杯でしょうから^^;
ポーズに慣れたら、そこで呼吸を意識しましょう!



最近、ヨガを元にして作られた、ティラピスなんていうのもありますし
ヨガスタジオやジムに行ってやるのもいいですね^^

お友達も増えて、おしゃべりも楽しめます!



ヨガが特別お勧めではありますが、ヨガでなくても
柔軟体操でもかまいません^^


ヨガが特別お勧めなのは呼吸法による
代謝機能の向上と精神的な安定。

そして、しっかりと体のバランスが整うように考えて
作られているポーズとメニューです^^


ただ、やっぱり決められたとおりにやるというのは
こうしなきゃ!!とか思ってしまってストレスだったりします^^;;

なので、別に柔軟体操でもトレーニングという
意味では十分です! " 続ける " ことが最優先ですので^^



ヨガや柔軟体操はトレーニングではなくストレッチという
イメージはありますが、実際筋肉は十分に動かしています^^

筋肉マッチョになるためのトレーニングではないので
そのくらいの運動でも十分に必要な筋肉はつけられるんですよ^^



次のおススメはダンスです^^

ダンスは全身運動で色んなところが鍛えられますし
踊るって言うのは本当に楽しいものです^^


体を鍛えるのに " このダンスがいい! "

というのはあるのかもしれませんが、やっぱり "続ける" ということが
大事なので好きなダンスをしたらいいと思います^^


一見ゆるそうに見えるダンスも実際はかなり体力と
筋力を使う運動なので、ダンスの種類はあまり気にしなくて大丈夫です^^


ただ、これはやっぱりダンススタジオやサークルに加入するなどして
やらないとダメなところが難点ですね^^;


あとはスポーツではないですが、お散歩、町散策
犬の散歩なんかもいいですね^^

自分で好きなときにできます!^^



女性だと特に抵抗のある方も多いかもしれませんが
武道というのもいいです^^

あれもダンスと同じく全身運動です!

女性にも比較的やりやすいものですと、太極拳
一時期流行ったボクシングのエクササイズなどですかね^^


どの武道でも構わないですが、一度正式に習って
最低でも型(演舞)をしっかりと覚えれば、あとは自分でできます^^

趣味の運動としてやる分にはそれで十分です☆


*道場で師匠に習うにしても、結局は自分で訓練する以外に
上達への道はないので、本気でやるにしても
必ずしも道場に通わなければならないということはありません^^


そして、ドMな型はビリーズブートキャンプ
なんかもいいでしょう^^

ただ、あれはかなり積極的に筋肉を鍛える運動なので
あからさまに筋肉をつけたくない人は途中から
柔軟体操なんかに切り替えるといいと思います^^



いや~、トレーニング一つにしても
いろいろとあるものです^^


そして、トレーニングに限らないことですが
一つのことがいろんなことに影響を与えています^^


トレーニングをすることで血行も良くなりますし
腹筋を動かすことで胃腸が刺激され、多少なりとも
胃腸の動きを良くします^^


柔軟性が出てくれば、肩こりの類も
少なくなり体も疲れにくくなる。

姿勢を良くするにしても多少の筋肉は必要です^^

ほかにもあれやこれや^^


逆に言えば、トレーニングだけですべてが
良くなるわけではないということでもあります^^




さあ、トレーニングについて
最後に一つ大切なことをお話します^^


時間をかけてゆっくりと付けた筋肉は落ちにくいのです!

かけた時間と同じくらいの時間、あまり運動しなくても
持続するというイメージでいいです^^


逆にがっつり激しいトレーニングをして
短期間で付けた筋肉は、その後、運動しなければ
あっさりとなくなってしまいます。


ゆっくりと確実に、あせらずに続けていけば
きっと将来明るいですよ~^^


Cheers☆  


Posted by Dice at 21:12Comments(3)

2011年06月20日

美容=ダイエット=健康 ①

世の中の女性のみなさん!

肌荒れや体に付くお肉が気になる^^;

健康面でも頭痛、便秘、生理痛などなど
お悩みの方が多いことと思います!



世の女性の方に理屈を説いてもなかなか
受け入れてもらえないのは重々承知してますし
分かっていても、なかなか実行できないというのも
まあ、仕方なしと思います・・・・・


それでも、知っておいて損はないと思うので
おいらの考えを今回はお話します^^




なぜ、唐突にこんな話題なのか?って・・・・
なんとなく、今日友達と話していて似たようなことが
話題にでたからです^^w

別に特別な理由はありません!なんとなくです(笑)



おいらの中では健康=美容=ダイエットになると思ってます^^



まず、間違いなく美容と健康はイコールで結ばれます!

しかし、ダイエットと健康がイコールになるかというと
その人がどんな理由と目的でダイエットをしているかによります。



モデルさんなんかの場合、極度に体を細くすることを
職業上求められているとしたら・・・・

それは健康とはかけ離れたダイエットです。


普通の女の子でも体重を○○kgまで落としたいと
ムリな減量をする子もいます。

しかし、落としたところでお腹が凹まない、足は太いまま
胸だけ小さくなるなんていうのは良く聞く話です。


単に体重を落としたいっていう脅迫観念に捕らわれてる
女の子は多いかと思いますが、そういう場合、大抵その子は
どんなスタイルの体を作りたいか?ってことは考えてなかったりします。


体重を落とせばそれだけでスリムで理想的な体系になる
と思っているのなら、必ずしもそうはならないと思ってください;;


例えば・・・・体重は減ったのにお腹は凹まない・・・
これは腹筋の力が弱くて、内臓が下に落ちてきてしまって
お腹が出てしまってる場合が多いです。


この場合、体重をどんなに落としてもお腹は凹みません。
体を鍛えて、お腹をへこませたら、筋肉が増える分
むしろ体重は結果的に増えるかもしれません。

みなさんもご存知のように 筋肉は脂肪よりも重いので
脂肪を減らして筋肉を付ければ、当然、体重は増えます^^



体をある程度鍛えることはスタイルをよくするためにも必要なことです^^

筋肉を付けることで脂肪や内臓がたれて来て
胸やお腹がたれてくることもなく、足がむくんで太くなることもない。


実際、足を細くすることに関してはどうしたらいいかは
わかりませんが、少なからず足のむくみはなくなるし
血行がよくなり筋肉が付けば、脂肪も燃えやすくなる^^




それでは、健康と美容とダイエットを全部満たすために必要なことは??


ポイントは

ある程度、筋肉を付けること


血行を良くする事


胃腸の調子を整えること


の3つです^^


それ+カッコで4番目、姿勢です!




筋肉を付けることで脂肪を燃焼しやすくして
さらに、体の体系を崩さないように支える^^


血行を良くする事でお肌に栄養が十分に行き届き
お肌の張りとつやを維持向上できる!

さらに、血流の良さは頭痛や冷え性などの代表的なものを始め
あらゆる病気の予防・治癒、怪我の治癒、頭の回転を良くする、記憶力を
よくするなど体全体の健康と能力向上につながります^^



胃腸の調子がなぜ重要かというと、食べるものが
人間に与える影響が 大きいことを意味しています^^


肌をキレイにするにも病気や怪我を治すにも、体重を増やすも
減らすも、すべては食べ物次第といっても過言ではないくらいに食べ物
は影響力を持っているからです^^


その食べ物を消化吸収する胃腸が悪ければ、美容も健康もダイエットも
うまくいくはずがありません!



ついでに言うと、食中毒をはじめインフルエンザのような
感染性の病気も間接的には食べ物を媒介にしている場合が多いんです!

手に付いた病原菌が食べ物に付き、それが体内に入って
胃腸から吸収されることで感染する場合が非常に多いそうです!

確率的な話ですが、マスクをするより手をしっかり洗うほうが
病気の感染は減らせます。


さらに、胃腸が元気で正常ならば胃腸にある免疫が
病原菌の進入を許しません。疲れていたり、胃腸が弱っていると
あっさりと病気になってしまうんです!



最後は姿勢です!^^

カッコになってるのはあまり重要じゃないからということではなく
それこそ、胃腸の調子を良くしたり、血行を良くしたり
バランスの良い筋肉をつけるというところと関係が深い。

立ち姿勢がキレイだとそれだけで良い印象を与えるという
間接的な美容面でも関係が あるし、多くのことに関係してくるからです^^


姿勢を正すだけで、今までの悩みが大きく改善される人も
たくさんいるはずです^^

ある意味では4つのなかで一番、重要なのはこの「姿勢」です!


以上が美容、健康、ダイエットのポイントです^^



もし、おいらの言うポイントをしっかり満たすことができれば
8割がたの人が少なからず今よりは体重が減ることでしょう^^

ただし、体質によってその通りにならないこともあるし
元々、十分に細い人がさらに落とそうと思ってやっても
おいらの方法では逆に体重が増えることにもなります^^


なぜなら、体重を減らしすぎることは健康に反するからです;;
筋肉が増えて体重が増える人もいるでしょうし^^;


今回、必ずしもほかの二つとイコールで結ばれない
という話の出たダイエットについては、自分の思い描く
細さや体重にするという点では必ずしもそうはならないということです。



さて、次回からもう少し具体的に方法を書いてみたいと思います^^
  


Posted by Dice at 17:41Comments(2)