2010年08月28日

大人と子ども??

大人ってなんすか???


子どもってなんすか???


みんなは”大人”?ですか??^^

おいら自身、”大人です” って誇っていいのか
だいぶ迷います;;;


世の中にはいろんな人がいるよね☆
子どもっぽい人、大人っぽい人、ハイテンションな人
落ち着いてる人、セクシーな人、カワイイ人、Etc。。。。

見た目がそうだったり、中身がそうだったり
本当にいろいろだと思う^^

今回は内面、精神的に大人になるってなに?って話^^


大人な人のイメージ・・・・・・

落ち着いてて、冷静で、分別があって、公平で
むやみやたらに怒らず、優しい。

ってとこかな?おいらのイメージ^^
でも、よくわからないってのが正直なところ。

みんなはどんな人が大人だと思う??


子どものイメージ・・・・・・・

一般的に自分勝手だったり、無邪気だったり
するような人を子どもっぽいっていったりするよね^^


おいらは一方的なモノの見方かたをしている人を見て
子どもだな~と思ったりすることもある。


って、今のは子どもっぽいのイメージだったりするわけだけど
じゃあ、小さい子、18歳未満と言う区切りでの ”子ども”
って、実際に18以上の ”大人” と比べてどうなんだろう???


おいらが思うに・・・・・まあ、みんな同じ ”人間” だよね;;;



自分たちや周りにいる大人の普段の言動を思い出すと・・・・

酒飲んで騒いで、周りに迷惑かけたり、道端にゴミを捨てたり
部屋も散らかし放題、片付けもろくにできない。
感情的になって八つ当たりしたり、人を差別したり。

もちろん、ちゃんとしている人もいるけれど
そういう人たちだって、なんかしらあるはず。。


18歳未満の子ども、特に保育園児や小学生を思いだして
もらいたい。いたずらしてたり暴言吐いたり、おもちゃを散らかしてたり
ゲームを長時間やってたり。


子どもを叱るお母さん。

子どもにはキレイに整理整頓といいつつ外見はキレイに片付いていても
引き出しの中、冷蔵庫の中はぐちゃぐちゃだったり、冷蔵庫の扉に
マグネットで貼り付けてある広告やらお知らせやら、なんやかんや。

いつまでも、いつまでも放置してあって、何枚も重ねて
もはや何がどこにあるのかわからなくなっていたり。



大人は子どものことを見て、”子どもだから” っていう理由だけで・・・・・

あれするな、これするな、あれはダメ、これはダメ、しっかりしろ
などなど、いろいろと口うるさく言うけれど、じゃあ、自分は??


大人と子どもの行動にどれほどの違いがあるっていうんだろう?


いたずらが・・・・嫌がらせに

お菓子の食べすぎが・・・・・飲みすぎ(食べすぎ)に

おもちゃを散らかすのが・・・・服や日用品、CD、DVDを散らかすに


ゲームや漫画は大人でも子どもと同じように
いつまでもいつまでも読み続け、やり続ける。


子どもよりも、むしろ大人の方が
知識があって体がでかい分、性質が悪い。。。


もちろん、大人は子どもよりは自制が効くけど
そうでない人もたくさんいます。でも、逆に子どもでもちゃんと
自制できる子もいる。


はい、みなさん ” 大人 ” だからって偉いわけでも
ちゃんとしてるわけでもないんですよ。

自分を棚にあげて、子どもにあれこれ
言うのは止めましょうね☆


年齢で区切った ”大人” と ”子ども”
っていう意味では強いて言うなら知識や経験の違いくらい?


その知識や経験も実際は人それぞれ。

どんなに歳くってる人でも知識や経験が少なかったり
考え方が浅はかだったりする人はいるし
若い人でもすごくしっかりしてて、いろいろ知ってる人もいる^^


ただ、傾向として長く生きてるほうが
いろいろ経験豊富で知っている人が多いと言うだけの話。
いくつになっても、進歩のない人はそのまま。


ま、なにはともあれ、人間だから完璧にはできない。
それが当たり前^^ ただ、良くなろうとする努力は必要☆


でも、良くなるって??どういう風に??
良い人ってのはしっかりしている人のこと?



ただ、時として ” しっかりしてる ” ことはストレスなんです。。


キレイに整理整頓して、身だしなみも整えて、仕事も完璧に
こなして、いつも笑顔を作って、人に気をつかって・・・・・

とても良いことです。


でも、そうやっている自分も気疲れしてしまうし
自分が気を使うから周りも気を使ってしまって
あれも、これもしっかりやらなきゃ!!ってストレスを感じてしまう。


じゃあ逆に、とーーっても、ゆるくてLazyな人はどうか???
なんでもおおらかにイイよイイよと許して受け入れてくれるような人。

自分もあまりしっかりしてないけど、他人にも求めない人。

すっごく、気楽^^


ただ、しっかりしてる人から見るとそういう人は
ストレスの元!なんで、ちゃんとやってくれないんだ!?って。


結論、しっかりしてる人はストレスの元かつ一番ストレスを感じる。


なんか、話が若干トビトビになっちゃったけど
今までの話をまとめると・・・・・・


 ” 大人 ” も ” 子ども ” も       ただの ” 人間 ” 。

 ” しっかりしている ” ということが必ずしも良いことではない。


ということ^^



” 大人 ” が ” 子ども ” よりいいわけじゃない。

より良い ” 人間 ” を目指すことが大事だってこと^^


じゃあ、よりよい人間になるには何を目指したらいいのか??
あくまで、おいらの考えだけど・・・・・・


・正直で素直であること

・常に自分に余裕が持てるようにすること

・人は完璧にはなれないということをよく心に留めておく事
(失敗や暴言、不道徳なことは必ずしも本人の本意ではない。)

・根拠のないウワサや情報に簡単に流されない


って、まだまだ、他にもたくさんありそうだな^^

なんだか、眠くてこれ以上、でてこないわ;;;
頭がまわらん(笑)

みんなはなにか思いつくかな??^^


より良い、” 人間 ” として より良い ” 人生 ” を。。。。





Cheers


*バングラディッシュのスラムの子どもたち。
貧しくて、いつ死ぬかわからぬ人生なれどこの笑顔^^☆
この子達はすばらしき ”人間” だよ!  


Posted by Dice at 16:11Comments(2)

2010年08月22日

”愛” と ”恋” ってどう違う??

   
 
         ”  愛  ”



日本人にとってはとーーっても重い言葉だよね^^;


アメリカ人やオージーにとっては好きな人に言う、ごく普通の言葉。

愛していれば、恋人でなくても、自分の子どもや兄弟に対しても
使う言葉だったりする^^


 ” 愛 ” って言葉の意味の捉え方の違いやね^^


親愛も ” 愛 ” 


慈愛も ” 愛 ” 


友愛も ” 愛 ”


恋人間の愛も ” 愛 ”  



全部 ”愛” なんだよね^^


おいらはそういう何もかもが”愛”な感じ、結構好きです☆

その愛がどんな種類の愛だったとしても、素直に愛しているって
言えることのすばらしさ。


その愛がどんな種類であっても言われる側は嬉しいはず^^


最近、ちょこちょこ、” 愛 ” と ” 恋 ” について
考えることがある。それに加えて男女間の恋愛についても^^


まずは ” 愛 ”・・・・と思いきや

    

             ” 恋 ”


のこと^^


おいらが中学生のときの男の先輩、師匠と呼びたくなるほど
芯の通ったすごい人。その先輩が中学生の時に言った事がある。


「 ” 恋 ” は一方通行で ” 愛 ”は双方向なんだと思う」


って。

中学生の時にこの言葉・・・すごくない!??
そのとき先輩はこうも言った。


「これはオレが考えてたどり着いた答えだから、おまえは自分で
考えて自分の答えを見つけろ」

って。

もう、師匠!!です^^☆



おいらはそれ以来、機会があるごとに考えてきたけど
なかなかすっきりする答えには行き着かなかった。


結局は先輩が言った言葉が一番筋が通る気がする。
おいらが考えた結果は先輩と似たような答えになった^^


 ” 恋 ” は 恋しい= 寂しい と言う気持ちから来る相手への思い。

相手に何かを求めているだけで、好き、好きって一方的に

相手に押し付けること。そこに相手の気持ちのことはあまりない。



そんでもって次は



  ” 愛 ”


について。


先輩は 双方向 = お互いがお互いを思いやることだ

って言っていた。


いろいろ考えたけど、結局おいらも似たような答え


 ” 愛 ”  = ” 思いやり ”


相手の幸せを祈り願うこと。


この” 愛 ”は男女間の恋愛だけじゃなくて、いろんな種類の
愛において共通して言えることだと思う^^

 ” 愛 ” とはすなわち 相手の幸せを願うこと。




そして、” 恋愛 ” について

それは ” 恋 ” を経て ” 愛 ” になるまでの恋人の 

      

   ” 道のり ”  


のこと^^


” 恋 ” から始まって、やがて ” 愛 ” にたどり着く^^

ステキやね☆



でも、世の中そんなにうまい話ばかりじゃない。

恋のまま、愛への道が途中で終わってしまうこともよくある。

中には一生、恋のまま、愛にたどり着くことなく
2人で一緒に暮らし続けることもある。


おいらが思うに愛にたどり着ける人は今の世の中では
そんなに多くないんだと思う。

悲しいね。。。。


それは人が精神的に自立することがなかなかできない
世の中だからだとおいらは思う。。


おいらは恋愛をしていて、恋のまま終わるってことは
自分の好き、好きだけを相手に伝え、相手に何かの見返りを求め続けるから。

相手に依存しているうちは、相手の幸せを
考える余裕なんかあるわけない。


そして、一口に幸せっていうけど、これも難しい。。。

あくまで相手にとっての幸せ、そして、相手が望むことで
あっても間違った道を進もうとしているのであれば
それを正してあげようとすることも、相手の幸せにつながる。


どちらにしても、自分本位に相手の幸せを決めちゃいけない
ってところが、難しい。相手を思いやっているつもりで
実は自分の考えを相手に押し付けてしまっているってことも
よくある話。。。


よく、「無償の愛」と称して、無条件で相手に対して
お金を貢いだり、何でも面倒を見てあげたり、いいよいいよと
なんでも許してあげたりする人がいるけれど。

それは相手のためにならないし、きっと相手に好かれたい
嫌われたくないっていう、見返りを求める気持ちから来るもの。


そして、逆に相手のためにって、いろいろと口出ししたり
厳しくしたりする場合。イメージしやすいのは子どもへの過剰なしつけ
とかかな?子どものためと称して八つ当たり。

しつけるにしても、子どものその時々の気持ちを考えて言うタイミング
と言い方に気をつけなきゃいけない。


どっちの場合もそうだけど、どちらかが上になって、どちらかが下になってる。

一方的な関係って言うのはなかなかうまく行かないものだと思う。


そして、一方通行な思いは” 恋 ” であって ” 愛 ” ではない。


おいらは自分に彼女がいるとしたら対等でありたいと思う。

お互いを認めて、信頼して、時として甘えることはあっても
決して依存したりしない。




Love & Peace



そういえば、英語に ” 恋 ”って言葉は存在しないね^^
言い方はあるのかもしれないけど、単語としてはない。

English Speaker にとって” 恋 ”っていうのは
” 愛 ”にくらべると、大したものではないのかもしれない。


Native English な人々の愛に始まって、愛にたどり着く
この道もなかなかステキやね☆


みんなは” 恋 ” と  ” 愛 ”ってなんだと思う?


Love my Cats^^☆




Cheers!  


Posted by Dice at 22:01Comments(4)

2010年08月21日

聖なる予言

オーストラリアに来るような人ならば・・・・・・

旅人ならば・・・・・・・

きっと、聞いたり読んだりしたことがあるはず!


         ” 聖なる予言 ”


いわゆる、精神世界を題材にしたようなフィクションストーリー。
でも、内容はとても理にかなっているし、実際にありそうなこと。


この本はおいらが今までの人生で、感じたこと考えてきたことが
キレイに一冊のストーリーに・・・一つの理論にまとまっている本なのです!



初めて読んだときは、もう感動なんてもんじゃないです!!

あまりにも自分が今まで疑問に思ってきたこと
そうなんじゃないかと思ってきたことを、キレイにまとめてあって
ぱっと道が開けたかのようでした!!!



あまりの嬉しさにしばらくの間、いろんな人に
この本を薦めたりしてたほど(笑)


今日、バイト先のおねーさんと帰りに途中まで一緒に
帰ったのですが、おねーさんは精神世界に興味があり
アルケミスト、聖なる予言と主要な本は読んだことがあるそうで
そのときに、聖なる予言の話も出てきました^^


久々にこの本を読んだことがある人に出会えた気がする!

昔、バックパッカーの間では流行ったらしい^^

アルケミスト、聖なる予言の2つの本は旅人の間では
有名だけれど、日本の普通の人は結構知らない本。


一時期、みんなに薦めたりしていたこの本だけど
きっと、本来は薦めたりするようなものではないんだろうな~と思う^^

読みたくなったら読む。


気の向くままに・・・・・・。


人間は必要なときに 必要な人やモノ(本や情報などなど)
に出会うことができる^^

それにはいくつか条件はあるけれど・・・・・。



今回、久々に、この本のことが話題になったので

本の紹介をしておきます^^


”聖なる予言”  James Redfield 著 (角川文庫・・・だったはず)



*インドで見た皆既日食!友達が撮ってくれた写真


いつか、気になって読みたくなったときのために・・・・

いつか、道に迷って、分からなくなってしまったときのために・・・・


そして、この本と出合ったときのために・・・・・・


Cheers
  


Posted by Dice at 02:47Comments(2)

2010年08月20日

嫌な真実 VS 楽しい嘘 どっちが好き??^^


              ”  哲学  ”


みんな、この学問をやたらと小難しいことを考える
よくわからないものだと思ってませんか??


その通りです(笑)


しかし、哲学ってのは元々は学問全部のことを指す言葉だったんですよ^^

知ってました?^^この話は古代ギリシャが有名かな??


学問の始まりは  ”なぜ???”  だったんだな^^


どうして、食べ物はおいしいんだろう??

どうして、鳥は飛べるのに人間は飛べないんだろう??


なぜ?なぜ???なぜ????



とまるで、3歳頃の子どものように疑問が次から次へと^^

物事の本質、真実を知るために、なぜ?の疑問を解決
するために始まったのが学問=哲学。


なんで?っていろいろと考えているうちに
数学が生まれ、科学が生まれ、経済学が生まれ
歴史学が生まれ・・・生物学がうまれ・・・・・・


はい、とにもかくにも難しいことなんです^^


でもさ、何かにつけて 


   ”  知る  ” 

ってのはとっても大事なことなんです!

それがいいことであれ、悪いことであれ^^



さて、みなさん

  ” 人生、楽しければなんでもいい ”


と思いますか??





それとも、

  ” 多少辛くても、真実を知るほうが良い ”


と思いますか?





例えば、食べ物^^

みんなポテトチップスやハッピータンなどの
スナック菓子、おいしいし、癖になるよね~~~^^

それも当然、そうなるように化学調味料を合成して作ったんだから。


商品を売るために、人間がおいしいと感じる味を
研究して ”中毒” になるような味の商品を作る。


最近、流行の健康食品。体にいいよ~^^って宣伝して売る。

みんな買うよね~^^でも、取りすぎたらよくない場合もあるし
それだけで、健康になれるわけじゃない。


知らなければ、ただのおいしいもの。
だけど、体には悪い。そして、結果的に”買わされてる”


知らなければただの健康食品。健康になった気分になれる。
でも、健康にはなるとは限らない。


はい。食べ物に限らず、多かれ少なかれ
みなさん、いろんな人やモノに操られ、洗脳されています。


知っているのと知らないの、みんなはどっちがいい??


みんなが普段あまり考えない、日常の中の真実。

そして、みなさん、日常の中の小さな真実が
世界に影響を与える大きな真実だったりすることもあるんです!


以前にもBlogで書いた
「100gの肉を作るのに1.8kgの穀物が必要」


という、真実。

ウマイ、ウマイと言ってみんなが食べる分、餓死をする人が増える。


森林が伐採されて動植物が死ぬ。砂漠が増える。

地球が温暖化して、いずれ日本は海の中に沈む。



そんな真実を・・・・直接、飢えている人を目の前にして

その人が

「あんたらの肉を作るために、うちらの食料を牛に与えているんだ」

と言われたりしたら???



       ” 真実を知って有意義に過ごすか? ”


       ” 偽りの世界の中で楽しく過ごすか? ”



おいらはどんなことであれ、学び、知るべきだと思います!!


みなさんはどちらを選びますか?^^




 ”  幸せ  ” ってなんだろうね^^?




Cheers

  


Posted by Dice at 02:41Comments(0)

2010年08月18日

中国4000年の伝統医療


                ”   中医学    ”



日本では一般的にそう呼ばれている医療スタイルが中国の伝統医療。


実際には日本風にアレンジがなされているものを
中医学と呼ぶようだけれど^^


中医学は主に・・・・


”マッサージ”

”漢方”

”気功”

”鍼灸”


の4つで構成されてます^^

さて、今回は少し自分のことを☆


おいらが中医学に興味を持ったきっかけは
自分が肩こりもちであるということと、気功に興味があったこと☆


肩こりで同じように困っている人を助けたい。

気功と言う人間の持つエネルギーは本当に存在するのか?
そして、どんなことができるのか??すごく興味がありました^^


おいらは基本的に不自然な感じのものに抵抗があります。。

といっても、あくまでおいらの中での基準なので
なにが不自然かなんてはっきりいえないけど・・・(笑)



例えば、”薬” ☆

薬は基本的には毒です。

「毒をもって毒を征す」の発想が薬なのです^^
ハイリスク、ハイリターン!

あまり自然とは言いがたいものです。


現代人は病気となればなんでもかんでも
薬、薬とやたらと飲んだりしますが、あまり好ましい傾向とはいえないです。


その傾向につられて、病院の先生もとりあえずは
薬を出せば、患者は満足する的な対応をする先生も出てくるほど。



きっと、薬をもらえない=ちゃんと診察してくれてない
って考えの人がたくさんいるんでしょうね。


おいらが出会ったよくない医者の例として
軽く診察をして、症状にあわせて、それぞれの症状を
抑える薬を全部処方してくれてました。。。


病気的には風邪だったわけですが・・・。


さてみなさん、「風邪」はくすりで治ると思ってる人
多いんじゃないでしょうか??


風邪はインフルエンザのようなウィルス性のものでない限り
基本的には薬では治りません。そして、薬で治すべきものではないんです。


人間には病気を治すための免疫機構というものがあります。
その免疫の能力は一度病気になって治ると強くなります。


でも、抗生物質のような直接病原菌を攻撃する薬を飲んで
しまうと、免疫が働く必要がなく、弱くなってしまいます。
つまり、病気にかかりやすくなるし、治りにくくなるんです。


そして、せき、鼻水、熱、などは体が病気に対して
とっている防衛行動で、体の外にどうにかして病原菌を
追い出そう、死滅させようとしてるんです。


風邪を治す一番の方法は水分と栄養を取ること。


熱があがると、それだけで病原菌は減ります。

全部なくなるわけではないし、一度熱があがるだけで
治るわけではないけど、熱が上がり、尿をだし
栄養を取って体力、免疫力を高めることで風邪は治るんです。


のどの痛みや間接痛、そして、そもそも風邪自体が
その人へのなんらかの危険信号なんです。


体がものすごく疲れている、ストレスがすごく溜まっている
生活習慣が乱れているなどなど、その人の非健康的な
なにかに対して警報を鳴らしているんです。


それを無視するかのようにせき止め、熱さまし
鎮痛剤を使って症状を抑えて働きまくるのが、日本のサラリーマン^^;



ある意味致し方ないこととは思うけれど・・・
正直、もう少し、人間の体を、命を大切にして欲しいと思います。

そんなにまでして働くなんてロボットと一緒です。


はい、不自然なんです・・・・薬もそうだけど、日本の社会のいろんなところが。
人として生きるという面で不自然なんです。


不自然な医療の中で、より自然に近いものとして
見つけたのが中医学☆

中医学の考え方は体のバランスを整えることで病気を治す。

基本的には人間の体の持つ”治す力を強くする”
ことで病気を治すって言うスタイル^^


医食同源、自然の流れに沿って治す
体のバランスを整えることで結果的に治る


この考え方が好き^^


即効性はないため、急性の病気なんかには
なかなか対応できないこともあるけれど、副作用も
少なく、より体に負担をかけずに治すことができるのです^^


でも、普通の病院のような治療法がダメなわけではないです☆

肺炎やら、ガンやら、症状が大幅に悪化してしまった場合には
手術や薬に頼らざる終えないのは事実です。

そして、それがおいらも最良だとは思います。


でも、そもそも病気が悪化する前に・・・病気になる前に
ならない体をつくると言うほうが、よほど建設的です。


鍼灸やマッサージはどちらかというと治療の部類。

漢方も治療の部類に入るかもしれないけれど、日常の食事の
中に漢方を取り入れると言うスタイルがきっと本来の姿だと
考えれば、健康維持の方面で活躍するもの!

そして、中医学において健康維持に貢献するモノの一つが


              ”  気功  ” 
 

です^^



治療に使われる場合もありますが
気功とは健康維持に役立てるべきものなんです。

治療と保健をあわせて行っていくのが中国の伝統医療☆


おいらは将来、マッサージをベースに、気功や漢方
その他、医食同源に基づいて食事など、健康面でのアドバイス
を人にあわせてしていけたらと思ってます^^

これもおいらの一つの夢です☆


みんなは何か自分の好きなこと、やりたいこと
見つけられてるかな??


まだな人は、これからです^^

いろんなものを見て学んで体験して
いろいろ考えて見つけていけばいいんです☆


世界は広い!やろうと思ったらいろんなやり方がある^^

やりたいと思ったら、若かろうと歳だろうと関係ないです!

やってみましょう^^


人に希望と夢を 世界に平和を



Cheers

*気功と中医学に興味がある人はこの下にもう少し
詳しく書きましたので読んでみて下さい^^







気功とは ” 気 ” と呼ばれる人間の生命エネルギーをコントロール
する方法です。実は方法は違うけれど、ヨガも同じものです。


そもそも ” 気 ” のエネルギーとは?

一般的に人間の持つ生命エネルギーと言われますが
治療に使われる気に関しては科学的には電磁波の一種ではないか・・と言われています。

まだ、はっきりとは解明できてないそうですが
気功士が ” 気 ” を発している手の周りをいろいろ観測すると
電磁波のいくつかが発せられていたそうです!

また、” 気 ” を発している状態の手の体温はサーモグラフィーで観測すると
通常よりも温度が高くなっているそうです!


気功によって気を送られている部分は体の芯からじんわり
温かくなっていく感じがします。

西洋医療で言うところの赤外線治療のようなものです^^
要は血液の循環をよくするんです!


気は血液にそって流れているそうです。
気の流れをよくすることは血液の循環をよくすることにつながる。

血液の流れの良し悪しはそれだけで、病気になったり
健康になったりするくらい重要なものです。

老化の進行にも大きく関わっています。


気功治療はすごい人になると即効性のある・・・
というか、奇跡的な治癒能力が生まれたりすると言う話もちらほら^^

真偽のほどはさだかではないけれど
そういう体験談もネットに載っていたりします^^


一度、大幅に崩れてしまった体のバランスは
ちょっとやそっとでは戻らなくなります。

そんなときに針の治療や気功などが有効なのです^^


ただし、それはあくまで一時的なものです。
中医学の考え方の中心には ” 健康を保つ ”というところにあります^^


治療で病気は治りますが原因となる生活習慣や仕事など・・・
それを何とかしないと、また、同じ病気になって、治療しての繰り返しで
きりがないし、体に負担ばかり。


針治療を受けたことのある友達が
「あれは効くけど、癖になる」とこぼしていたことが
あります。治るけれど、またすぐに元に戻るって事です。


大事なのは治療後の健康維持なのです^^
それをサポートするのが漢方と気功です☆

漢方はみなさんもご存知、自然の薬草やハーブから
作った薬の一種です。お茶だったり、苦いはっぱだったり
いろいろですが、健康食品的なものです。


気功は誰にでもできると言われています。
そして、無意識にみんなが使っているものでもあるんです。


お腹が痛くなったとき、お腹に手を当てたりしますよね?
時として気分が少し楽になったりします。

手は気のエネルギーの出口。人間は無意識に良くない部分を
治療しようとして手を当てるのだそうです。



気功というと、気功を使った治療や武術気功をイメージしますが
本来、人間がみな持っているエネルギーでそれが滞りなく
体を循環していれば健康足りえるのです^^


それを意識的に体にめぐらせる方法をマスターすることで
健康の維持、増進に役立てることが、気功による健康維持の方法です。

それができれば、わざわざ、手を体の局部に当てて治す
なんてことをしなくてもいいんです。


おいらは気功が我流ながらに少しはできます。

多少は手からエネルギーを発することができて
その気のエネルギーを顔に当てると、お肌のスキンケアができる
と言う話もあります。



お肌のスキンケア。女性なら誰しもやって欲しいと思うことでしょう。
ですが、気功ができる人はきっとあまりやったりしないと思います。


確かにお肌のスキンケアにはなると思います。
でも、結局、その人の気のめぐりが悪ければ、気功を
つかってスキンケアしても、またすぐに元に戻るからです。
それでは意味がない。


自分で気功をコントロールして体を循環させれば
それだけで、お肌はきれいになるし、維持もされる。

実際、気を体にめぐらすことで老化防止にもなるそうです。



みなさん、少しは気功と中医学のことが分かってもらえたでしょうか?

おいらも聞き知った知識をならべているに過ぎず
経験も浅いのでどこまで正確に情報を伝えられたかは怪しいですが
なんとなくわかってもらえたんではないでしょうか^^

興味のある人がいれば、是非、情報の交換を☆
  


Posted by Dice at 02:12Comments(2)

2010年08月11日

究極の料理??

食とはこれすなわち ”幸せ”  ^^;


うまいもの食べたら幸せだよね~^^☆
きっとみんなそうだと思う!


「究極の料理」  


「美味しんぼ」 を思い出すね~^^
若い世代の人にはもしかしたらわからんかな?w



昔、料理漫画で「美味しんぼ」なるものがあったのです!
たしか、一回ドラマにもなった!


内容はある新聞社の特集記事として美味しい料理を
テーマにした「究極の料理 対 至高の料理」
って企画をたちあげた。


社内の料理に詳しいお気楽グーたら社員、「やまおかしろう」
女性社員と二人で究極の料理を追及し、対抗新聞社が
雇った料理の巨匠、海原雄山が至高の料理を。

実は親子のこの2人が対決していろんな料理を紹介していく・・・

って言う漫画☆


なんか燃えたよな~^^あの漫画は。
そして、いろいろと勉強になった^^


でもさ、うまいまずいってどうやって決めるの???

うまいまずいに基準なんかなくて食べた人が美味しいと思うか
どうかじゃないのかな???



はい、人間の五感は視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚ですね。

この中で人間がモノを判断するのに一番影響力があるのが


           ” 視覚 ”




一番影響力がないのが・・・・


           ” 味覚 ” 

なんです。

モノを認識するのに味覚は五感のなかで数パーセントしか
影響力がないと言われています。(どのくらいだったかは忘れた)


つまり、人間の舌なんてあてにはならないよってこと。

そして、うまい・まずいってのは曖昧ですよってこと。



おいらは日本で結婚式場やホテルのパーティ会場なんかで
ウェイターを長いことやっていて、職業柄、料理や
料理の説明、食べもの全般のことについてちょこちょこ勉強したり
したのですが・・・・ある有名なウェイターさんがいいました。



「私が料理をお客様に提供すれば、2流の料理も1流の料理になる」

 ・・・・・・っと。


つまりは、美味しそうに見えるようにお客様に料理を提供し
料理の説明をおいしそうにすれば、料理もおいしくなる。

っと、そういうことなわけです。


もちろん、料理の味の良さってのはある程度上下があるでしょう。
しかし、ある一定上の細かい違いが分かる人なんか、そうそういないものです。

そこまで行くと、料理人の技術自慢の世界。


そして、人それぞれ違う好み☆

世界で最高にうまい高級海老を世界最高の料理人が
調理した海老であっても、海老の味自体が嫌いな人が
食べれば、もはやそれはまずい料理以外の何者でもないのです。

好みは育った環境、文化、食生活、などなどによって
かなり変わります。


オーストラリアに滞在中の大半の人が知っているであろう
かの有名な  「ベジマイト」 !!!

でた~~~~~~!!!!中にはあれが美味しいと言う日本人
もいますが、大半の日本人は嫌いだと言います。

そして、オージーはみんな美味しい美味しいと言って食べます。


こいつを想像してもらえれば、おいらの話していることが
少しはわかってもらえるかと・・・(笑)


ついでに言うと、オージーが大好きな極甘スイーツ!
これもオージーの文化のなせる業ですね;;


これは料理に限らず、ジュース、お酒なんかでも同じ。

食べ物、飲み物がうまいかまずいかは個人の好み
その場の雰囲気、料理の見た目、匂いジュージュー焼ける音などなど。

いろんなことが合わさって
うまい料理になり、まずい料理になるんです!^^


料理がおいしくなるか、まずくなるかは最終的には食べる人次第!

飲食をしているみなさん、”おいしそう” な料理を提供しましょう。


シェフのみなさん、ごめんなさい。
(できれば、このことも考慮にいれて料理を作っていただければ・・)

そして、食べるみなさん^^


究極の料理とは  



      ”  楽しい雰囲気で、美味しいと思って食べる料理  ”


なのです^^



友達とおしゃべりして、語って、わきあいあいの鍋料理とビール☆


おしゃれにテラスで夜景を見ながらのディナー、そしてワイン☆ 


BARのカウンター席で飲む一杯のウィスキー☆


焼き鳥屋で目の前で板さんが焼いてだしてくれた焼き鳥☆


仕事終わりの最初の一杯のビール☆


などなど^^


             ”  食に感謝を☆  ”


             ”  食卓に幸せを☆  ”




Cheers!!


*おいらの元職場の結婚式場☆ステキなところですよん!
  


Posted by Dice at 02:03Comments(3)

2010年08月08日

ダイエットは世界を救う??大極図が示す”バランス”


大極図

これはよく中国のカンフーや大極拳なんかで
よく使われるシンボルマークだったりします^^
ちなみに、どこぞの服のブランドのロゴにもなってる(笑)


案外、一般的でみんな見たことくらいはあるんじゃないかな?


さて、今回のテーマはバランス☆

前回の自然と人が作りしモノの中で
人と自然の共存ができたら最高だよね!
そのためにはバランスが大事だね、って話の流れ^^



この大極図の意味のひとつはそのバランス!

この世の中には光と闇、良いものと悪いもの、プラスとマイナス
何かにつけて相反するものがあるのです!

そして、相反するものがなければ、この世のものは成り立たない。



とまあ、難しい話は分かる人だけ突っ込んでもらえればよいとして
図が示すとおり白と黒がバランスよく描かれていて
バランスが大事だよってことがいいたいわけで^^


中国人が昔から伝えてきた考え方のひとつがこのバランス☆

例の一つとして中国伝統医療。
普通の病院では病気が何かを見て、それにあわせて
その病気だけを治す薬をくれる。


中国伝統医療の場合は体全てを見て病気の箇所だけでなく
全体として健康な状態から外れている部分全部を同時に治療していく。


なんでそういうふうに治療するかというと・・・・

人間の体はとっても複雑で神経も筋肉も血管も臓器も
いろんなところがいろんな形でつながっている。


だから、一箇所だけを治療してもその周りに不健康な部分が
あれば、病気はまたすぐに再発してしまう
可能性が高いからなのですね^^


体全体がバランスよく健康で初めて病気が治るという考え方。


バランスが大事だって事は少しはこれでわかってもらえたかな?^^


そいじゃ、自然と共存するのに、幸せになるのに
具体的にどういうふうにバランスをとるかって話だけど・・・・・

正直、これはたくさんありすぎて全部は語れないっす;;;



例えば、みんな大好き?大嫌い?ダイエット^^

人それぞれ体質、好み、個性なんかがあって
やり方も方法も本当に人それぞれだけど、現代人の生活習慣を
前提に語るなら、まずは早寝早起き^^


みなさん、ご存知の通り夜遅く、寝る前にご飯を食べると太る!

というのはもちろん、睡眠不足は満腹中枢を狂わせて
食欲を増したり、減退したりする上に判断力、思考能力の低下
運動能力の低下、引いてはお肌の荒れを引き起こします。

細かいことを言えば、きっときりがないくらい!!



睡眠不足だけでもこれだけいろいろと影響があって
なおかつ、食事の栄養バランスの偏り、さらにカロリーの取りすぎ。


栄養素の不足がさらにお肌をあれさせて、体の不調をまねく。
体の不調はストレスの元になり、さらに体調は悪化。

今まで出てきたマイナス要素すべてが、さらなるマイナス要素を産み
悪循環が続く結果、肌もあれてお腹もでると・・・・・。



崩れたバランスの影響は自分の体だけにとどまりません。
ストレスたまれば、みなさんその分なにかで発散しますよね?
カラオケ、お酒、やけ食いあたりが一般的かな??


知っての通り、電気を含む多くのエネルギーは
消費することで公害を振りまくことになります。



そして、食べ物!

みなさん、100gの肉あたり約1.8kgの穀物が食肉の飼育用に必要なのです。

その穀物を生産するのに森林伐採し
さらに、放牧地確保のために森林伐採する。



お酒も当然、フルーツや穀物なんかから作られるわけで
土地も生産用の機械、エネルギーも必要になるわけです。


つまり、不健康な生活をして、太ってお肌があれるってことは
間接的に環境破壊をまねいているわけですね~^^;

問題は環境破壊だけではないんだけど・・・・




食べ物に関して言うなら100gの肉を作らずに
1.8kgの穀物を食べることにすれば、かなり食料に余裕ができるよね?

それでどれだけの餓死者が救えるかな??



人間の体と一緒で、このバランスの崩れが
飢餓→貧困→犯罪増→社会問題→政情不安定→内戦
森林伐採→地球温暖化→洪水、津波、異常気象→災害による死者

などなど、これまたきりがないくらい影響が派生していくわけです。



さて、ここでもう一度思い出してください^^

大切なのは ” バランス ”


肉を食べるな、お酒を飲むな、遊ぶな!
と言うのではないのです^^

もちろん、菜食主義で娯楽もスポーツやら散歩やら
そういったものであるに越したことはないけれど
人間全部にそれを求めるのはムチャと言うものです;;


みんなそれぞれ好みや個性があります!
そして、人間が作り出した文明も文化もすばらしいものです!!



ただ、何事も ”過ぎたるは及ばざるが如し” なのです。


生活も食事ももう少し考えて、自分の体を健康に保てば
女性はキレイに、男性はよりエネルギッシュになれます!!

世界の餓死者も減るかもしれない、森林伐採も減るかもしれない。
そしたら、動物も植物も繁栄し、私たちにさらなる糧を与えてくれる。


そんなに単純にはいかないだろうけど
需要が減れば供給も減るのが通り。

なにはともあれ、いいことづくめ!!!





今回はダイエットを例にいろいろと話を進めてきたけど
 

   ”バランス ”


はお金の使い方、人との付き合い方、考え方、スポーツの練習、勉強・・・・
ありとあらゆることにおいて言える事です。

バランスの崩れは負の連鎖を生みます。



さあ、ではバランスを取りましょう!!
と言われて、完璧にバランスを取ることもまた不可能と思っていいです。



最初に紹介した大極図。バランスは取れているけれど
均一じゃないよね??太いところと細いところが絡み合って
白の中に黒があって、黒の中に白がある。


すなわち、いつも一定には保てないこともこの図は表している。
というか、完璧になるということがそもそもバランスを正の方向に
崩すと言うことに他ならない。


大切なのはバランスを取ろうと絶えず努力すること
トライすること、考えること、実行すること。



健康な体は自分を輝かせ、周りを助け、世界を救う☆
みんなができる幸せへの第一歩!

Love & Peace


Cheers!!   


Posted by Dice at 20:52Comments(6)

2010年08月07日

自然と人の作りしモノ

さてさて、今回のテーマ


” 自然と人の作りしモノ Natural and Artificial ”


の趣旨は、自然の中で生きる、自然のままに生きるって
本当にいいことなの???っていう、疑問です^^



おいらは自然大好きです☆

オーストラリアに来た理由の一つもやっぱり
ただっぴろい大地と多くの岩、ジャングル、砂漠などなどの自然!!


さまざまな地形や気候、いろんな形の自然を見ることが
できて、その空気を感じ取ることができる。


本当に心地いい^^☆


でも、みんな何かの拍子に「大自然の力は恐ろしい・・」とか

「自然は厳しい・・」みたいな言葉をつかったり聞いたり

したことがあるんじゃないかな??☆



これ、その通りなのです^^

最近でも洪水や津波、地震なんかでたくさんの人が
死んだなんてニュースは頻繁にある;;;

そんな大掛かりなものでなくても、動物や毒植物
虫に殺されたなんて話もよくある;;;




実際にオーストラリアのファームでも毒蛇にかまれて
死んでしまうファーマーさんも割りといるらしく、そして残念なことに
時としてワーホリの人が犠牲になることもあるらしい。。。


が、しかし、自然に良いも悪いもないのです☆



動物も植物も自分の身を守るため、もしくは糧を得るために
取っている行動の結果が人間も含めた他の動植物に害をなすことになるわけです。


これは人間も一緒・・・・

というか、見方によっては人間が一番ひどいかもしれない;;;



高度に科学と経済が発展した日本では


「時々、自然のままに生きるのがよい!」


と自然回帰を呼びかける声があったりするけれど・・・・

自然が必ずしも良いなんて事はないんですよ^^;




例えば、無農薬野菜!無農薬だから体に良い!
確かにそうなのかもしれない。。

が、しかし、無農薬な分植物自体が防衛反応として毒素を出すこともあったりします。



危険もたくさん、恵みもたくさん☆ 
そんな中で人間も他の動植物も生きてるんです^^


かつてナラボー平原を車で横断したことがあります☆

ナラボー平原とはオーストラリアの南の端、アデレードと
パースの間に広がる文字通り何もないただっぴろい平原です。


本当に360度、真っ平ら!!山も丘もちょっとした傾斜も
なにもなく、ちょっとブッシュがあるだけ。360度地平線!!



地図はこちら


車に食料と水、テント、寝袋、ガスコンロ、鍋、その他もろもろ
いつでもどこでも生活できるだけの最低限のモノをそろえて
3日間まるまるテント生活!^^

それはそれはすばらしい体験でした!




ぼくらが訪れたのは秋の初め☆

昼間はからっと暑く、夜は肌寒いといった気候で
基本的に温かいところにいたため防寒着の類をもってない
おいらと友達は日が暮れると寒くてしんどかった。。。


初日は我慢してそのまま寝ました。


そして、次の日・・・・枯れ木を集めてのリアルなCamp fire!


なんで、初日我慢したかというと、Bush fireが怖かったからです;;

オーストラリアは乾燥しているため、簡単に火が燃え移り、大きな山火事、森火事なんかに
よくなるため、Camp fireは規制されてたりするんですが・・・・・


2日目に新しい焚き火の跡を発見したのと
夏は焚き火禁止と書いた看板を発見したので

「今は秋だ!よし、これはやるしかない!!!」


と、決意!!^^


そして、薪を集めって山の形に木を組んで火を点火!!

これがなんかワクワク、ドキドキなんか楽しい^^☆


いつ以来の焚き火か・・・ガスコンロの火はよく使うけれど
焚き火の火は本当にひさしぶり!



予想以上の火の熱さにまずびっくり!

熱くてあまり近くにいられない;;火ってこんなに熱かったんだ!

火の輝きと明るさに見入られ
そして、何より、火の温かさに安らぎを感じる☆



ディジュリジュを吹く友達の横で焚き火を見つめながら

「あ~、人間って火がなかったら生きていけないんだな~」

と、身にしみて感じた瞬間でした。






火は自然にあるものだけれど、それを自分たちの知恵と
道具でつかえるようにしたのは人間!

火も人間が発明したモノのひとつといってもいいくらい^^



人間は生きるために道具を発明して、知恵をしぼり・・・・

農業、工業とあらゆる方法で自然に対してあまりにも
無防備な体をまもりながら生きてきたんです。



自然は必ずしも人間に対して優しくない。

だから、人は自分たちでモノを作り出した。


でも、今、それが過剰になって自然を蝕んでいる。

だから、誰かが言う 「自然のままに生きよう」 と。





でも、本当に自然の中で自然のままに生きようとしたら
人は人としての生きたかたができなくなってしまう。


寒さの中で火を焚かなければ、服を着なければ
凍えて死んでしまう。


だから、自然と共に生きる^^
必要な分の食料、必要な衣料、住居、必要な娯楽。


過度に自然に害をなさないように自然を敬って生きる☆



そうなれたら、きっと人間はこれからも幸せに
子々孫々といきていけるんじゃないかな?^^


大切なのは ”バランス”

おいらはそう思う☆


これ、すなわち、オーストラリアの自然から学んだことの一つ^^


次回は、この ”バランス” について




Cheers^^


*オーストラリアで一番長い直線道路です^^
ここに行くの夢でした☆  


Posted by Dice at 03:14Comments(0)

2010年08月05日

旅をするって??

旅人・・・・・・響きが渋い!!^^


おいらは一人旅大好き!

ま、おいらの旅行を旅と呼べるのかどうかは別として
1人であっちへふらふら、こっちへふらふら。


ふらふらといろんなところに行くことを、人は・・・・


”旅”


”旅行”


”観光”


”ツアー”


”周遊”



などなど、いろんな呼び方をするけれど・・・・・・

どんな違いがあるのやら^^;;



まあ、ツアーはよしとしよう!
ガイドつきの観光旅行なわけで。


そう、観光と旅行は組み合わさったりしてるし!!(笑)


観光じゃない旅行ってなんだろう???;;;

温泉旅行、スキー旅行・・・・などなど
どれも観光的要素ありだと思うけれど・・・・・^^;



ま、そんな中で  ”旅”   って言葉は何か特別な
響きがあるよね^^☆なんか、ちょっと過酷でロマンチックなイメージ!



個人的なイメージで言うなら

安宿や現地の人の家に滞在して、ローカルな地域のローカルな文化や風習に触れ

いろんな出会いと別れを繰り返して、いろんなところをめぐり歩くのが・・・・・



              ”  旅  ”



ホテルに泊まるなどもってのほか!!みたいなw


おいらのイメージはそんなだけど

みんなのイメージはどんなだろう?



自分は旅をしてると思う?  観光旅行してると思う??



ある日ケアンズで、日本から来たばかりの若い男の子に出会った!

その子はバッパーに泊まりちょこちょこツアーに参加して
ケアンズからシドニーまで完全にスケジュールをたて、ツアーを
予約する感じだった☆


その子は    「一人旅だ」   と言っていた^^


おいらのイメージからすると 「旅?」なのか??
日本から旅行会社でツアーに参加してオーストラリアに来るのと
どれほどの違いがあるのか・・・・。
ちなみにUGGブーツなどお土産もたっぷり買っておりました、はい^^;


という感じではあったけれど、本人にしてみたら旅なわけです^^

これがきっと現代っ子の「旅」なんだろうな~とか思いつつ
「そうなんだ^^」と軽くスルーしたけれど(笑)



でも、おいらは思う^^

それもやっぱり ”  旅  ” だったんじゃないかと☆




おいらはオーストラリアをケアンズから始まってバンダバーグ
ブリスベン、ゴールドコースト、シドニー、メルボルン、アデレード
タスマニア、パースとその他もろもろ、中小、有名無名な街を車で周ってきた☆



オーストラリアだけじゃなく、インドやバングラディッシュにも行った!

日本もいろいろ周った!



まだ、経験は浅いながらに思うのは


    ”   旅  ” 


って、人との出会いなんじゃないかな?っと^^


現地の人、同じ目的を持つ人、違う目的でそこに滞在する人
日本人、外国人、その他もろもろ、いろんな人との出会い☆

これ、すなわち ”  旅  ” なんじゃないかな~って^^




壁を作らず心を開いていろんな人と触れ合えて
いろんなことを話せて学べたら、それがきっと ”  旅  ” なんだと思う☆



だから、友達と一緒に旅行に行って、ずっと友達と観光して
誰ともまともに話さなかったら、これはもう観光旅行でしょう^^



でも、友達と二人で旅行に行って、現地の人、他の旅行客や
旅人的な人などなどとたくさん触れ合えたら、これはきっと ”旅” です!




 ”  旅  ” とは・・・これすなわち ” 出会い ” と ”  学び  ”




思えば、旅人って何かを探し求めているような気がするな・・・・^^



Cheers^^ 



PS:旅をイメージして今回はあえてインドのガンジス川です☆
  


Posted by Dice at 01:39Comments(5)

2010年08月03日

ワーキングホリデーって・・・??

ワーキングホリデーってなんだろう??


名前の由来はその国に滞在するためのビザの一つ☆

通常、観光ビザでは外国で働くことはできない。
でも、長期間滞在するにはお金がかかり過ぎる!!



そこでできたのがワーキングホリデービザ!

外国の文化に触れ、理解を深め、国際交流を
もっと活発にしようと他国での長期滞在と労働を許可する制度!



働くことで外国の生活に直に接することができるのもまた魅力の一つ!




そういった目的で始まった制度ではあるけれど・・・・
ワーキングホリデーのビザで来る人の目的は実にさまざま^^


語学を勉強したい!!


外国のレストラン、ホテル、カフェで働いてみたい!!


日本の忙しい環境から離れたい!!


オーストラリア全土を回ってみたい!!


オーストラリアの自然と文化を学びたい!!


オーストラリアのファームで働いてみたい!!


こっちでボランティアがしたい!!


出稼ぎに行きたい!!!??



などなど・・・・・



はい!最後の「出稼ぎ」はちょっとポイントです^^

日本人では出稼ぎなんて人はまずいませんが、物価や給料の
安い国の人にとっては、こちらの方がはるかに給料が良いのです!!


仕事して稼いでそのお金をもち帰って
自分の夢をかなえるための資金にしたり☆

ちょっと贅沢な生活、将来のたくわえなどなどに当てたりするのです^^


特にその傾向が強いのは韓国^^;

そして、特別英語がしゃべれなくても働ける場所!!
そして、給料がいい場所としてファームが大人気だったりします!



どれもこれもみんな目的を持って外国でしかできないことを
やりに来ているという意味でとてもすばらしいことです^^

目的は違えどきっといろんなことが学べるでしょう!




みんな、ここに日本にないものを求めてきます。


が、しかし・・・・

中には特に目的もなく、ただブラブラして
お金がなくなって日本に帰る人;;


日本人どうしでかたまって外国人と接しようとしない人・・・・

特に英語を勉強しに来てるというのに、日本人としか話さない人などは
せっかく外国に来ているのにもったいないな~と言いたくなるような
人も割りと多かったりします。




オーストラリアに一年いてスムーズに英語が話せるようになる人
人って言うのは、おいらの感覚で言うと日本人ではおそらく来た人の2割くらいです。


英語を話すって言うのはそんなに簡単にいくものではないし
1年の滞在で話せるようになるにはかなりの努力が必要です。



でも、英語を話すにはどうしても話す訓練が必要です!!

英語とは・・文化なんです。英語を話すにはこっちの人の習慣を
ある程度理解する必要があるんです!



人それぞれ、良いも悪いもないし、その人の人生だし。
それはそうなんだけど、それなら観光で来ても良いんじゃないのかな?
何もワーキングホリデービザで来なくても・・・っと思ってしまう。
(観光ビザでも最長1年の滞在が可能です。)


なにはともあれ、これがワーキングホリデーです^^


とか言っている、おいらもなんとなくオーストラリアが好きだから
っていう理由でワーホリに来たわけだけど(笑)


最初の理由や目的は大したことでなくてもいいんです!!
ただ、ワーホリに来たからには「オーストラリア」をめいっぱい
楽しんで、新しいものを見つけて欲しいと思います^^


おいらもオーストラリアにいる間にずいぶん考え方が
変わったし、目的もだいぶ変わった!

生き方もさらに大きく変わったかも!^^



人間、いつどこで死ぬことになるかわからない!

この一瞬を大切に^^


Cheers☆  


Posted by Dice at 23:31Comments(4)

2010年08月03日

スローライフ

スローライフってさ、どんな生活なんだろ??


のんびり、まったりってイメージはあるけど・・・・

具体的にどんな?って、なかなか出てこない^^;

というか、たくさんありすぎてわからないというか・・・・・


初めてオーストラリアの大地を踏んでから3年
おいらはケアンズに降り立った!

もちろん、ワーキングホリデーメーカーとして!



この時のおいらは特にやらなければならないこともなく
自由でのんびりとオーストラリア生活を始めていた。

そのせいなのか、南国だからなのか・・・・空気がゆるい(笑)



ホームステイをして語学学校に通い、友達もたくさんできて
しょっちゅうBBQして、クラブ行って、観光して☆

友達の家でご飯作って食べて、しゃべってバスケして
ビーチバレーして、本当に自由に楽しんだケアンズライフ^^☆


だからなのか・・・・空気がゆるい(笑)


これで仕事をしていたら少しは違うのかもしれないけれど
それでもやっぱり思う・・・・ゆるい(笑)っと。


バスが遅れるのはあたりまえ、しかも30分~1時間平気で遅れる。

バスドライバーが途中で昼飯を買いに行く、気分がのらないと
止まるはずのバス停で止まらない。

5時にはきっちり店が閉まる。

閉店間際に店に行くととーってもいやな顔をされる。
(閉まる時間はお店によるけど;;;観光地だし)


街が徒歩でどこにでもいけるくらい狭いから
歩いているだけで、たくさん友達と出会う、すれ違う。



あいさつをする、立ち話をする当たり前!
いつでも会えるし、どこにでもすぐに行けてしまうから
みんな時間にはとてもルーズな感じ^^☆

待ってる間も通りかかった友達と立ち話(笑)


もう、ゆるゆる!みんな気にしない☆
みんながゆるい!南国は暑いせいかゆるくなりがちらしい^^

聞いた話だと沖縄もこんな感じ~!



ゆるゆるな街、ケアンズ☆
おいらはこんなゆるさが大好きさ~^^

きっと一般的な日本人が見たら、怒るか非難しそうな
街だけど、でも、この街はこれで成り立ってる^^


日本人のいいところは、きっちりしてて、真面目で
いろいろと気がきくところだったりする☆

思いやりの心!

それはとてもすばらしいことだ^^
その傾向が今の日本は若干過剰なところが玉に瑕だけど;;



でも、みんなが気にしないならルーズな街もありなんでは?

日本人はいろいろ気にするから、自分も気をつかわなきゃならない。
でも、ここでは必要ない。



それでも仕事は真面目にやらなきゃではあるけど
日本ほど堅苦しく、厳しくはないし^^


おいらはこのケアンズに4ヶ月いた^^

だから、オーストラリアって、どこもきっとこんなもんなんだって思った☆

実際、日本に比べたらどこもゆるいんだけど
ゆるさ度合いは田舎に行くほど強くなるらしい^^;



スローライフって
こんなゆるい世界のことなのかな^^

おいらはここで ただ、ただ、毎日友達と一緒にご飯を作って
食べておしゃべりができることの幸せってやつを学んだ☆

こんな幸せなことはきっと他にないと^^なにげない日常が幸せだと。



ケアンズならきっと家庭菜園して
友達とホームパーティして、週末は海沿いでBBQ☆

ピクニック、バレーボールにバスケットボール、ランニング
海辺での読書、などなど。のんびりまったりとした



       ” スローライフ ”



が送れるかもしれないな^^

(夏の雨季を除けば・・・・笑)



Cheers  


Posted by Dice at 01:37Comments(0)

2010年08月02日

オーストラリアの大地を初めて踏んだ日

初めてオーストラリアに来たのは今から6年前の2月の終わり。


当時、大学卒業を期に卒業旅行的に
オーストラリアへの一人旅行!!



一人旅って言いたいところだけど
今思うとあれは旅行に近かったな;;


ただ、ただ、広い大地に憧れて


海外の・・・・・

日本の外の世界を・・・・・・


ただ、見てみたくてやってきたオーストラリア☆



本当に何も知らなかった。何も考えていなかった。
そして、弱かったあの頃。

それでも好奇心に負けて日本を飛び出した


初めて訪れた町、それがパース!!


なんでパースかって、人と同じところに行きたくなかったから☆

東海岸がポピュラーでよく知られている地域だったから、あえて西へ!


パースの空港に着いたおいらはもう楽しくて嬉しくてドキドキ、ワクワク状態!!!

初めての海外だった。

飛行機に乗るのだって2度目くらい。


空港からなにからなにまでが新鮮!!!




英語も話せず、飛行機で一緒だった日本人がその友達(パース在住)
にシャトルバスのチケットを取ってもらって予約してあるホテルへ!


乗り込んでイスに座っているとイスラム系の若い女の子が乗ってきて
バスドライバーのおっちゃんに「Thank you sir」と優雅に言った!!

あのセリフは今でも忘れられない!カッコよかった~☆


それ以来、いつかあの言葉をつかってやろう!と心に誓った!!

って、これも今になって思うとオージーはそんなおしとやかな
ノリじゃないわけで、おいおいなんだけど(笑)


それがおいらのオーストラリアの大地の第一歩だった☆


それからパースでは街をひたすら徒歩で歩き回り

道の広さ、公園の広さ、今でもある超ハイテク全自動トイレに驚き

夕飯食べようと思ったら5時に完全にシャットアウトなお店に驚き

カップラーメンをすすった夜。


次の日は閉店間際のパン屋
(今はもうない。Barrak StとMurray stの角にあった、今で言うと
                    クロワッサンエクスプレスの場所)

で、おまけのパンを2個タダでもらったり。


インフォメーションセンターで自分でツアーを予約して
ピナクルスと国立公園のツアーに参加して、どこぞの国の子ども
とノリで仲良くなってバスの中でひたすら無駄に騒いでみたり(笑)


スビアコとフリーマントルのマーケットにも行ったな~^^

夏で街の中を水着で歩く女の子やノーブラTシャツ上等な女の子が
たくさんいるのにもうれしハズカシ、ビックリだった^^kkk



数日間だけバッパーに泊まって
そこに居た日本人にオーストラリアのいろんな話を聞かせてもらい。


そして、なんといってもロットネス島!!
ここがおいらのBest Place。

チャリで島を周ったんだけど、景色が本当にすばらしいとしか
いいようがなかった!クオッカも最高にかわいかったし^^


そして、この時

「またいつかオーストラリアに戻ってこよう!!!」

と心に誓った。

                          


Posted by Dice at 23:54Comments(0)